武市半平太

2012年05月04日

高知の旅 3つの銅像と3つの石碑

高知の旅

高知の駅前にたつ3体の銅像!!
朝早い時間帯、あまり人がいない

         koutieki1

青い空がいい感じです。
実話まだ室戸岬に建つ中岡慎太郎の銅像だけ見た事がないんですよね~
高知駅からかなり遠いのでなかなか室戸岬行けないでいる
         koutieki2


         koutieki3

         koutieki4

         koutieki5


高知市立第4小学校に向かいました。そこには婦人参政権発祥地・獄洋社・河野敏鎌生誕地という3つの石碑があります。

         koutifujin1

         koutifujin2

婦人参政権発祥地の石碑。
1945年10月に婦人参政権が認められ閣議決定されました。
高知市上町町議会では、それよりも60年以上前に「民権ばあさん」と呼ばれる楠瀬喜多(くすのせきた)という女性の運動で日本ではじめて女性の選挙権・被選挙権が認められました。

         koutifujin5

河野敏鎌生誕地の石碑。
河野敏鎌(こうの とがま)は幕末の志士、政治家。通称は万寿弥。土佐勤王党に参加。
龍馬さんが脱藩した際に、朝倉村まで見送ったといわれています。
         koutifujin3

獄洋社の石碑。
板垣退助らの起こした自由民権運動の立志社の傘下組織の一つとして、明治11年に南獄社と南洋社が合併して、この獄洋社ができた。

高松太郎(坂本直)の弟で、坂本龍馬の兄・坂本権平さんの養嗣子となって坂本家を継いだ、坂本南海男(直寛)も、獄洋社にいたそうです。
         koutifujin4

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
              人気ブログランキングへ


ryomanatabi at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月27日

中江兆民と武市半平太の石碑

高知の旅

このようなかんじの所にあったのでちょっと迷って辿り着きました。
左に見えてきた石碑は、、「東洋のルソー」と呼ばれた人物・中江兆民の誕生地です。
中江兆民の父、元助は足軽でしたが兆民が14歳の時亡くなりました。母に育てられながら藩校文武館に入り、
藩から留学を許された長崎ではフランス語を平井義十郎について学ぶとともに龍馬さんや後藤象二郎、岩崎弥太郎たちとも知り合ったそうです。
         tyoumin1

         tyoumin2

近くの道には、兆民通りと付けられていました。
         tyoumin3

こちらの石碑は、武市半平太の道場跡地です。
高知城下で剣術の技術を高めた武市半平太は、安政2年(1855年)の春に自ら道場を立ち上げました。午前には武市の妻の叔父が槍術を、午後からは半平太が剣術を教え、一時期は120名もの門下生がいたそうです。その中に中岡慎太郎、岡田以蔵らがいました。親戚で旧知の仲と言われる龍馬さんもこの道場をよく訪れたとの事です。
         hanpeie1

実際にあった場所は、このちょっと先に行った所だったそうです。
近所のおばさんが話し掛けてきてくれていろいろと教えてくださいました。
         hanpeie2

         hanpeie3


ryomanatabi at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月01日

武市瑞山殉節之地

次の目的地へ、
おっと、ここも気をつけないと通り過ぎてしまう。
結構、分かりづらい場所多いんだよね~   

右側にある石碑が目的地です。
武市瑞山先生殉節之地の石碑です。
この辺りには、武士の牢屋である揚屋(あがりや)がありました。
武市瑞山(半平太)は、三文字割腹というお腹を三回横に切った切腹をした。

         zuizan1

         zuizan2

         zuizan3


龍マッキーの育児日記
京都編
ここは、京都中心部三条から四条あたりにかけての高瀬川。
周辺は京都の歓楽街の一つで、また春には桜の名所ともなっています。
高瀬川の近くには、土佐藩邸もあり龍馬さんもここを通ったんだろうな~
        takase

5ヶ月に入ったので、離乳食を開始。
なかなか、上手にゴックン出来てます。
        rinyu1



ryomanatabi at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月24日

瑞山神社

昨日の武市半平太の旧宅の続きです。

階段を上がれば 
小さな、建物がありました。
         zuizan1



中は、ちょっとした武市半平太の資料などがありました。
         zuizan2


         zuizan3


この大きな刀ですが、横浪スカイライン脇に立つ銅像の初代の銅像が持っていた物だそうです。
でかい~!!
         zuizan4



建物の奥には、瑞山神社がありました。
         zuizan5



建物を出て、また階段がありそれを上がると武市半平太と富ご夫婦のお墓がありました。
        zuizan6


ryomanatabi at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月22日

武市半平太 旧宅

次に目的地は、

このお家です。
           taketi1


こちらは、武市半平太の旧宅です。
          taketi2



近くに行ってみました。石碑が建っていました。
   
         taketi3


ちょっと、上から失礼して
         taketi4



旧宅と反対側には、神社につながる階段があります。
         taketi5


もちろん、上がりましたよ。
続きは、次で・・・・・


ryomanatabi at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)