維新の門

2010年11月27日

維新の門の横のお城

維新の門の横に建っているのはお城?!


                      wadajo1



梼原町川西路地区構造改善センターとなっていて
2階は、お食事処「維新の茶屋」になっています。
龍マッキーは入ったことないのですが。

         wadajo2


維新の門に行く時、この天守閣を目指して行かれる方も多いとか・・・


このお城の名前は、和田城。
         wadajo3


時間がないと次に急がされ
旧 掛橋和泉邸へGO~
         kake1


ryomanatabi at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月27日

天誅組

                    isinnnomon

右から、吉村虎太郎、中平龍之介、前田繁馬、那須信吾

吉村虎太郎
天保八年(1837)四月十八日、芳生野村に生まれる。
安政六年(1859)梼原村番人大庄屋として赴任。武市瑞山らと勤王党を結成、文久二年(1862)脱藩して京に上った。
翌三年(1863)二月上京し、中山忠光卿を擁し天誅組を組織し、大和に兵を挙げた。しかし八・一八の政変で孤立無援となり、鷲家谷(奈良県)にて幕軍に阻まれ天誅組は壊滅、虎太郎も九月二十七日壮烈な戦死を遂げた。 二十七歳

中平龍之介
天保十三年(1842)四月三日、梼原村に生まれる。
那須俊平に剣を学び、同志と気脈を通じ、勤王の志を篤くする。
文久三年(1863)十一月六日、田所壮輔、尾崎幸之進、安藤(東)真之助らと脱藩、長州忠勇隊に入り禁門の変に参戦した。激闘の末重傷を負い元治元年(1864)七月十九日鷹司邸内で自決した。 二十三歳

前田繁馬
天保六年(1835)五月、松原村に生まれる。那須俊平に剣を学び、文久三年(1863)一族の前田要蔵に従って上京。
吉村虎太郎、那須信吾らと交わって勤王の志を固めた。
吉村虎太郎の挙兵に加わり、天誅組に入って大和に進撃したが、政変によって隊は壊滅、初瀬(奈良県桜井市)で同年九月二十六日戦死した。 二十九歳

那須信吾
文化四年(1807)一月二日、梼原村に生まれ、同村郷士那須忠篤の養子となった。武芸を好み、那須道場を開き指導した。特に槍術に長じ、「土佐一槍の達人」と称された。
元治元年(1864)六月六日、玉川壮吉と脱藩、忠勇隊に入った同年七月、禁門の変に参加し、。奮戦の末同月十九日、鷹司邸後門で戦死した。 五十八歳

         isinno

「いけ~~~~~」



ryomanatabi at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月26日

和泉

                
                         maki1
維新の門の真ん中に立っているのは、掛橋和泉

         maki2
土佐国高岡郡梼原村に生まれ。
同村掛橋家の養子となり、和泉と改名。那須俊平のもとで学問と武芸を学び勤王の志をもつ。脱藩する多くの同志に旅費を援助していた。
その事が養母に知られ、同志の秘密がもれるのを恐れて祖先の墓前で自殺した。

         maki3

龍マッキーも一緒に拝みます。

ryomanatabi at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月24日

維新の門

高知県高岡郡梼原町   
にある、維新の門です。               
高知駅からバスに乗り、約3時かかりました。
かなり、疲れました。

                    isinn1

平成7年11月11日建立。
ここには、7人の銅像があります。
どの像もすごくリアルで今にも動き出しそうです。

この梼原から何人かの土佐藩の志士が脱藩をしました。
もちろん龍馬さんもその一人です。

そして、龍マッキーが龍馬さん像の中で一番好きな像です

         isinn2


この日は、めちゃくちゃお天気が良くて。。。。。。。
お天気がいいのは、いいんですが
逆光になってしまいました。


         isinn3

何とか顔がわかる画像が

         isinn4

後ろ姿は、こんなにも綺麗に撮れるのに。。。。。。。
でも、後ろ姿も凛々しいぜよ!

ryomanatabi at 02:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)