西郷隆盛

2012年05月11日

開成館跡

龍マッキーファミリーの高知の旅

ホテル日航高知旭ロイヤルの近くにある東九反田に向かいました。
         kaiseikan1


ここのは、開成館があった場所です。
         kaiseikan2
開成館とは、殖産興業・西洋科学教育・富国強兵を目的に開設された土佐藩の施設。
後藤象二郎によって設立されました。
         kaiseikan3

公園内には開成館に関する説明や石碑が建っています。
手前の石碑は、「開成館址」「西郷木戸板垣三傑会合の地」と刻まれています。
         kaiseikan4

         kaiseikan5

憲政之祖国のとっても大きな石碑です。
         kaiseikan6

三傑会見には,明治4年1月19日、薩摩の西郷隆盛、大久保利通、長州の木戸孝允、杉孫七郎と、板垣退助、福岡孝弟らが出席。三藩協力して政府を強化、維新の大業完成を目指す親兵献上の案を決定した会談。
維新前後の歴史の大きな舞台であった場所です。

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
              人気ブログランキングへ

ryomanatabi at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月09日

薩長同盟

京都市上京区烏丸通今出川上る東側
現在は、同志社大学の西門前 には、

         satumaha1

薩摩藩邸跡の石碑があります。

龍馬さん、西郷隆盛、桂小五郎による
あの薩長同盟が・・・・・・

龍馬伝でもちょうど薩長同盟の場面でしたね。

説明版には、
此付近薩摩藩邸跡
現同志社構内の敷地一帯は、幕末に薩摩(鹿児島)藩邸があった所である。
京都薩摩藩邸がはじめに置かれたのは中京区錦東洞院であるが、そこが手狭なため、文久二年(1862)にここに大きな藩邸を設けたのである。
敷地の広さ、5,805坪(約19,000㎡)、九棟の建物と多くの土蔵が立ち並んでいた。
薩摩藩は、鎌倉時代以来の名家島津氏を藩主とする外様の雄藩で、石高は約77万石。
幕末に藩政改革に成功してから中央政局に発言力を強め、公武合体運動を展開、ついで長州藩と同盟して武力討幕に転じ、幕末、維新の政局の主導権を握った。
藩邸はこうした活躍の根拠地であった。
京都市

         satumaha2



ryomanatabi at 01:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)