高杉晋作

2010年09月12日

グラバー邸の隠し部屋

                 

                       kakusi2

ここは、長崎にあるグラバー邸の中にある隠し部屋があった所です。
今日の龍馬伝で高杉晋作がこの隠し部屋にいてましたね。

高杉晋作だけでなくグラバーは、この天井裏の隠し部屋に幕末の志士たちをかくまっていたり、また志士たちが密談をしていたようです。

         kakusi1

はやり西洋の家は、天井が高いですね。

         kakusi3

現在は、中に入ることはできません。
下から上を見上げて見ます。
鏡があるのでそこに写る中を覗く格好ですね。
中は暗いのでちょっと見難いですがフラッシュをたけばこんな感じで写りなんとなく様子がわかります。


         kakusi4

近くに案内板があり、そこに写真がこの様にありました。

ryomanatabi at 22:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年08月31日

霊山護国神社 龍馬さんのお墓

前回の霊山歴史館
その向かい側には、霊山護国神社があります。

入り口に龍馬さんのインフォメーション看板が

        kryo1

中に入って行くと

龍馬さんの似顔絵がありました。
ちょっと、ほっぺがプクッとした龍馬さんです。

         kryo2

そしてここ霊山護国神社には、
龍馬さんのお墓があります。

         kryo3

右が龍馬さん 左が中岡慎太郎です。
毎年、龍マッキーはお墓参りに行っています。

お墓の横には、二人の銅像が建っています。

         kryo4

長州藩の高杉晋作、久坂玄瑞などのお墓もあり
明治維新の誕生につくした志士たち1356名の御霊を祀られています。


         kryo5



ryomanatabi at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月14日

松下村塾

               shin1

以前、東京都世田谷区にある松陰神社の吉田松陰先生の銅像を紹介しましたが、
今回は、お墓と松下村塾を紹介いたします。
この鳥居は、木戸孝允(桂小五郎)によって寄進されたものです。

          shin2

吉田松陰先生は安政6年10月27日、安政の大獄に連座し江戸伝馬町の獄中にて30歳の若さで刑死されてしまいました。
文久3年、吉田松陰先生の門下生であった高杉晋作や伊藤博文などによりこの世田谷区若林の地に改葬されました。

          shoin3

松下村塾です。
本物は、山口県の萩にあります。
この松下村塾からは、高杉晋作、伊藤博文、久坂玄瑞、山縣有朋など多くの逸材を輩出させました。

          shin5

ちょっと失礼して、のぞかせて頂きました。
龍マッキーもこの塾で勉強したかったぜよ!がはは

ryomanatabi at 02:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)