高瀬川

2012年09月11日

高瀬川

龍マッキーファミリー 京都の旅

幕末の事変を示す石碑が多くあるこの高瀬川
よく通るのですが、
高瀬川について、
         takasegawa2

高瀬川は、江戸時代初期(1611年)に角倉了以・素庵父子によって、京都の中心部と伏見を結ぶために物流用に私財を投じて開削された運河です。
元 立誠小の玄関脇に 高瀬川開削375年記念があります。
         takasegawa1

一之船入手前の高瀬川には高瀬舟が再現されて浮かんでいます。

二之船入・三之船入等の船入が設けられていましたが、現存するのはこの一之船入だけです。
         takasegawa3

角倉了以邸跡 邸宅跡の碑がありました。
         takasegawa4

さすが、別宅もありました!!
         takasegawa5

高瀬川の工事中に角倉了以が偶然荒廃した塚を発見した。豊臣秀吉の後継者とされた関白秀次は、淀の方に秀頼が生まれた為、邪魔な存在になり文禄4年に高野山で自害させられた。そして妻妾子供39人も三条大橋西南の河原で白昼に無残にも次々と斬殺された。死骸はその場に埋めて塚とし、その上に秀次の首を石櫃(いしびつ)に納めて置いたそうです。
高瀬川の開削責任者だった京都の豪商、角倉了以の実弟・吉田宗恂は、秀次に仕えていた事もあり哀れみ寺を建立し手厚く弔った。これが今の浄土宗西山禅林寺派瑞泉寺です。境内には秀次公御一族の墓所もあります。
         hidetugu1

三条大橋西側には、弥次さんと喜多さんの像が建っています。
十返舎一九の「東海道中膝栗毛(ひざくりげ)」の主人公です。
         yajikita1


         yajikita3

龍マッキーは道中安全祈願して石をなでました。
         yajikita2

         ikedaya1

これが、刀傷か~
わかりづらいので近寄ってみますね
         ikedaya2

はい、これです。
         ikedaya3

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
              人気ブログランキングへ



ryomanatabi at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)