こんにちは。涼児です。

昨日は、自転車初心者の方々と一緒に自転車屋さん巡りをして、
その人その人にあう、自転車を説明してきました。
自分の自転車を見てるわけでもないのに、
自転車屋さん巡りをしてるだけでも十分に楽しいんだから、
私は、本当に自転車が好きなんだなと再認識しました。

resize1


さて、今回は、参加者から質問された内容で、皆にシェアしたいことをいくつか
ピックアップしていきます。
神経学、心理学、運動学をやっていると結構当然なことなんですが、
まとめてみると自転車ってこんなに凄かったのかと、自分でも驚かされました・・・

Q.自転車を始めたいが、足が太くなるのが嫌なのですが・・・
A.逆です。足は細くなります
自転車選手と聞いて聞いて一般の人が思い浮かべるのは、競輪選手だと思います。
この競輪選手の方々は、短距離を最速で走る必要性があるため、
やることは無酸素運動であり、ももの筋肉が発達し、足が太くなります
短距離走の選手、例えばウサイン・ボルト選手を思い浮かべてもらえば、
筋肉ムキムキなのが分かると思います。

では、サイクリングでは、どうかというと、
あまり知られていない自転車を使ったダイエットについてでも伝えているように、
有酸素運動メインです。
無駄なぜい肉が落ちて、インナーマッスルが鍛えられ、足はスリムになっていきます。
マラソン選手を思い浮かべてもらえば、筋肉が付いている人がいないことが分かります。

よく筋肉は付けなくないと言う女性がいますが、
あゆ(浜崎あゆみ)や、くーたん(倖田來未)を見てもらえば、
かなり腹筋があるのが分かります。
彼女たちは、いわゆるアスリートが鍛える筋肉を鍛えてるのではなく、
インナーマッスルを鍛えているのです。

さあ、自転車を始めて、インナーマッスルを鍛え、
あゆ(浜崎あゆみ)や、くーたん(倖田來未)のような理想のボディを手に入れましょう!
(言い過ぎ?w)

Q.ママチャリと違って、前かがみになって走るので怖いのではないか・・・
A.乗ってみると気になりません。
それよりも、下記3つの点で、優れた効果があります。

1)手、お尻、足の3点で体を支えるようになるため、疲れにくい
ママチャリのように上体が起きていると、お尻に上半身全ての重みがかかるようになり、
お尻がすぐに痛くなって走れなくなります。

2)風の抵抗が抑えられる。
ロードレーサーは、平地で、ちょっとこぐだけで時速20kmは簡単に超えます。
そして、これくらいのスピードになってくると空気抵抗がかなり効いてきます。
上体が起きていると、空気抵抗を直接受けるようになってしまうため、
スピードは上がらないうえ、こいでもこいでも進まなくなります。
前かがみになることで、空気抵抗を減らすことで、快適に進めるようになります。

3)体幹が鍛えられ、お腹がへっこむ
1)で説明した正しいフォームで自転車に乗るようになると、
自然に腹筋に力が入るようになり、体幹のインナーマッスルが鍛えれ、
お腹が凹っこみます^^
ただし、正しくないフォームで乗ると、腕かお尻は痛いは、
お腹はたるんだままだわの状態になるので、手、お尻、足の3点で体を支えることを
意識してください。

Q.前かがみになって前を見ようとすると、首が痛くなりそうだが・・・
基本的には、頭を上にあげるのではなく、目線だけ上を見るようにします。
そうすることで3つの良い効果が得られます。

1)首を上に向けて固定すると筋肉が収縮して痛みを発するようになるが、
目は、結構左右上下動くので、痛みを発しにくい。
自分は首を上げるのをやめて、目線を上げるようにしてからは、
首も目も痛くなったことはありません。

2)気分が良くなる
これは、神経学の面からです。人の目の動きと思考は密接に関係しています。
人は、目線を上に上げて悩むことは出来ません。
悩もうとすると、目線を下げるない限り悩むことは出来ません。
結果として、目線を上にして自転車に乗っていると気分が良くなってきます。

3)脳の活動が活発化する。
これも、神経学の面からです。
人は経験したことを考えると、目線が左に動き、
想像したことを考えると、目線が右に動きます。

浮気を問い詰めている時に、相手の目線が右の方をむいてしゃっべていたら、
嘘を言っていると捉えるのは、このためです。

記憶力が落ちてきている人などは、目が左に動きにくくなってます。
マイナスの考えばかりしがちな人は、目が上に動きにくくなってます。
逆に、目を意識的に動かすようにして、動く範囲が広く、速く動くようになってくると、
それまで出来なかった思考が出来るようになってきます。

そのため自転車でも、顔を動かさずに目線を動かすようにすると、
今までよりも柔軟な思考回路を手に入れることが出来るようになります。

Q.お尻が痛くなるのではないか?
A.クッション付きのパンツをはくことで痛みは抑えられます。
それでも、慣れていない1回目のサイクリングでは、お尻は痛くなります。
しかしながら、3箇月以内に2回目のサイクリングに行くと、
体がなるべく痛みを感じないようにと勝手に姿勢を補正してくれて、
お尻が痛くなることがなくなります。

Q.最低限買う必要があるものは何か分からないのですが・・・?
A.自転車、空気入れ、鍵。夜走るならライト。その他は、距離によって異なります。

1)走行距離0〜20kmの場合
とくに要りません。

2)走行距離20〜50kmの場合
クッション付き手袋、クッション付きパンツ、
ある程度スピードを出すならヘルメットは必須です。

3)走行距離50km以上
ヘルメット、パンク修理キットが要ります。

Q.自転車に乗っていると生殖機能が衰えると聞きますが・・・?
A.週300km以上乗る場合、精子の数が減っていくというのは事実のようです。
原因は、サドルの生殖器への圧迫と摩擦が原因です。

普通にサイクリングしてるだけなら気にする必要はありません。
どうしても気になる場合は、穴が空いているサドルや、
先端が無く生殖器をに負担がかからないサドルも発売しています。

最後に、シェフィールド大学のアラン・ペーシー博士で閉めたいと思います。
「自転車に乗る男性が、乗らない男性よりも生殖能力が低いとする根拠はない。
通常のサイクリングでは影響はない。
イギリスでは、現在よりもサイクリングが一般的だった40年前に
ベビーブームが起きている。
なにより、ストレス解消にサイクリングは重要だ。」