2005年08月23日

人生バックドロップ 後藤達俊

ごとうさん
名前後藤達俊
身長/体重180cm/110kg
生年月日1956年5月25日生
出身地愛知県常滑市
血液型AB型
デビュー1982年12月2日 豊田市体育館 山崎一夫戦
得意技地獄バックドロップ、ラリアット
Mr.BD、黒髪の番人、後藤達俊選手を独断と偏見で紹介する。
<経歴>
名城大学では重量挙げで活躍しインターハイ3位の成績を残し、卒業後、日産自動車へ。
就職中にアントニオ猪木&東海の殺人鎖ガマ達人・水谷征夫が興した
至高の空手流派、新空手道・寛水流を学び、
'82年8月に新日本プロレスに入団。
酒を飲むと包丁を振り回し、投げ飛ばすという
微笑ましい伝説を道場で残し、山崎一夫戦でデビュー。

その後、酒を飲み暴れ、旅館を一件潰す。飲み屋で気付いたら女性をバックドロップ。病院送りに。
など、酒乱といえば後藤。後藤といえば酒乱という数々の伝説を残し、
'89年10月からは頭を金色に染め上げ、ヒロ斎藤、保永昇男両選手と
ブロンド・アウトローズ(のちにレイジング・スタッフ)を結成。
'93年には反選手会同盟(のちに平成維震軍)の一員となり、
金髪に飽きたからとバリカンで坊主頭にするも、インパクトがイマイチと眉毛をそり落とし、
“眉無しスキンヘッドに口ヒゲ”という、一躍ファッショナブルなルックスに変貌。
朝、顔を洗う際、鏡を見て自ら恐怖におののき、
田舎の両親から「しばらく帰ってくるな。
帰ってくるならカツラかぶって眉書いて来い」
と電話されたばかりか
結婚の了承をもらいに、当時付き合っていた
小百合夫人(現スポーツコラムニスト)の実家を訪れた際には、
部屋の温度を氷点下以下に落とし、義理の両親を凍らせたという。

'99年2月に維震軍解散後は犬軍団、T2000、クレイジードッグスなど
一貫して悪の道を歩み続けるも、2004年に突如本隊入り。
現在は現役選手ながら、道場で選手たちに厳しい目を光らせる
スポークスマン兼現場責任者の肩書きも持つ。

2005年10月に就任した長州新監督により、現場責任者を途中解任され
2006年に新日本を退団した。その後名古屋の独立団体DEPで、選手強化アドバイザーに就任。
2007年8月25日の三重・松阪大会で約1年3ヶ月ぶりに新日本マット帰還。
山本尚史選手と師弟タッグを結成した。

<キャラクター>
ヒール(悪役)としての仕事をキッチリこなし、
ラフ殺法を駆使ししながらもプロレスの魅力と凄みを
最大限に表現する試合運びはまさに職人。

また、Mr.バックドロップとも称されるほど、
切れ味の鋭いバックドロップを使いこなし、
若手相手には緩いけど“勝つ角度”、
エースクラスには全力で、と落とす角度を微妙に調節。
1990年6月の福岡大会では対戦した馳浩・現衆議院議員を
まさに全力の垂直気味に投げ、心臓を停止させ、
高校の柔道の授業中から使用していたという40年モノの威力を爆発させた。
以来ファンの間では後藤選手のバックドロップは
「地獄バックドロップ」、「三途バックドロップ」と呼ばれるように。
その後、恐怖から3ヶ月ほどバックドロップを封印するも
封印を解いた相手も馳選手相手だった。
後日談として残した「あれは馳が悪い、俺は殺すつもりでやった。
あの時殺しておけばよかったね」
というコメントはちょっとした名言。

2004年末に金髪だった髪の毛を、突然黒に染め上げマジメ人間に変貌。
多くのファンがこの行為に疑問を感じたが、後日明かされたその真意とは・・・
それはなんと、息子を都内の私立小学校に入学させるため
面接の際、悪い印象を与えさすまいとした努力の痕跡であったのだ!
このエピソードを知った際、全米が大粒の涙を流した。

ちなみにヒロ選手とは5月25日と奇遇にも同じ誕生日ということで
毎年誕生日が祝われており、2002年、2004年に、
2人でタッグを組んで試合をし勝利するなど
プロレス界のW(ダブルユー)の名を2人占めしている。
そんな後藤選手はロマンチックの宝庫である。

【公式ブログ】<Mr.バックドロップ 後藤達俊
登場キャラ一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/22466255
この記事へのコメント
後藤さんは以外にもデビューは遅いんですよね。
始め後藤さんの渋いレスリングを見たとき「30年くらいやってるんじゃないか」って思いました(笑)

当時は『スタン・ハンセンと長州力を足して2で割ったような迫力のあるレスラーになりたい』とおっしゃていたそうですがどちらも中途半端で終ってしまった事は今になればよかったのかなと。
さらにデビュー後も1年以上も勝てなかったり、武者修行の凱旋試合で右肩脱臼、YL杯は準優勝と言う微妙さ。
しかし、それが努力により今の地味ながらも趣があるスタイルになっているのだと思います。
Posted by じい at 2005年08月24日 15:59
●じいさんへ
なんか僕より全然詳しいですねえ。タメになるなあ。
僕が後藤選手を見始めた時って
ちょうどスキンヘッド&ノー眉毛+口ヒゲだったんですよ。
その強烈すぎる外見は、どんなアニメの悪役よりも
幼い脳裏に焼き付けられましたねえ。

で、大人になってから若手時代の後藤選手の
クリクリおめめ、フサフサ頭の童顔フェイスを見て
ふたたびビビりまくりした。
Posted by JJ at 2005年08月24日 19:45
ゴタツはブログで本性晒しちゃって駄目になったな
2ちゃんで弄られるの見て哀れみしか感じなかった
Posted by たか at 2015年08月11日 18:06