2007年07月08日

井上亘、苦悩を突き抜け置手紙へ至る

いのうえわたる大声援を受けながらもスーパージュニア初優勝へ一歩及ばず、
巻き返しを図ったIWGPジュニアタッグ奪還も失敗。
そんな苦悩に浸ったまま歓喜に至れない井上亘選手が
なんと置き手紙を残し突然の失踪。
今シリーズ残り大会を欠場することとなった。
■7月8日岐阜大会の試合開始前、同大会の対戦カードに名を連ねていない井上亘選手に関し、新日本プロレスのフロントより発表があった。
フロントの社員によると、選手たちは昨日7月7日に野毛道場に集合し、そこからバスで岐阜入りする予定であった。しかし、井上選手は「バスに乗らない」と若手選手に伝え、集合時間になっても道場に姿を現さなかったという。
そんな中、井上選手が菅林直樹社長に宛てた一通の手紙を若手選手が道場で発見した。
 
=井上選手の置手紙の内容=(上写真)

 まず、はじめに私を応援するために会場に足を運ぼうと思って下さっている皆様。また全国各地で私を応援して下さっている皆様。そして、私のとった行動で御迷惑をおかけする事になる多くの皆様。
 申し訳ございません。
 
 私は残りの試合を欠場します。
 今ある壁を乗り越えて、必ず帰ってきます。
 
 2007年7月7日
 井上亘
(原文ママ)(新日本公式
字がすこぶる綺麗ですね(最初の感想)。
ジュニアのカードが開幕戦の後楽園以外先行発表なしだったのは、
これがあったからなのか、ということでなにげに試合カードへの影響はゼロ。
もちろん井上選手のファンは気の毒ですが、
この欠場を受けて井上選手がどう変化するのは楽しみです。
井上「俺が新日本のトップに立つには、あと何が足りないんですか。何が足りないんだ……。俺はこんな悔しい思いしたくないから! あと、何が足りないんだよ。(中略)俺は、ブロック1位とかを目指してんじゃねぇんだよ! 新日本のトップを……。何で最後で負けんだ、俺! 何が足んねぇんだ、分かんねぇよ! オラァ!!」(6/17 後楽園 スーパージュニア決勝での敗北を受けて 新日本公式

井上は下を向きながらコメントブースのベンチに座り、「大事なところで勝てない! 勝てない! クソー!!」と絶叫。激しく悔しさを露にし、先に控え室の奥へ消えていった。(7/ 6後楽園大会 IWGPジュニアタッグ戦を終えて新日本公式
ウーン。この心からの叫びをお話に盛り込むとはちょっと裏をかかれた。
井上選手は良くも悪くも直線的なファイトスタイル。
王者組のTAKA選手からも指摘されていましたねえ。
「井上くんよ、まっすぐだな。まっすぐだから、コロッといかれるんだよ。俺らみたいに、“こずるい”ところ、細かいテクニック、世界中ちっちゃい所から、でっかい所まで渡り歩いた“こずるい”ところがねぇと、このベルトは取れねぇぞ。(新日本公式
ブログでも真っ直ぐ故に動きを読みやすいと感想。
さらに大先輩、後藤達俊選手からも以前こんな忠告を。
井上は、礼儀正しく紳士ですが、試合に、緩急がなく、一本調子です。(>_<)度々、注意はしましたが、一向に直りません!?只、アイツは、何時も一生懸命なので、ああなってしまうと思います。(Mr.バックドロップ 後藤達俊
流れとしてはヒール転向でファイトスタイルに変化を持たせ。
金本選手からの離別ということが考えられますが
そのヒールユニットCTUは8月末での解散を表明済み。
さてさてどうなる新日本ジュニア。いい意味で流れが読めなくなってきましたね。
でも欠場がただの山ごもり寺修行だったらイヤだなあ…(不精ヒゲを撫でながら)。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51030167
この記事へのコメント
うーん、やっぱり5,000円でなくて10,000円というところが一直線というか、それが非常に非情な問題で、Y日記に書かれたことを知った井上選手が、5,000円で有望な道場生2人が去るのと、10,000円で「くだらない馬鹿」(ごめんなさーい!>Y選手)が残るのとでは、どっちがいいのかと独り押し問答の末、どっちもなぁ、なんて思ってしまうと、あぁ、「くだらない馬鹿」(ごめんなさーい!>Y選手)と所詮一緒か、なんて自虐の結論に至り、やりきれなさのあまり、やはり、失踪するのも、むりからぬこと、なぁーんて思ってしまふと、井上選手に足りないものとは、これ「考えないことぢゃ」と思うにあたり、貴方に言おう、「亘世間に鬼はなし」ぢゃ! どーんと行け! (※井上選手とY選手を足して2で割るとちょうどいいってこと?)
Posted by はろ at 2007年07月08日 21:09
嗚呼、どうなるんでしょうか!!!
 なんか、すごく心配です・・・・。
  
Posted by 蝶吉 at 2007年07月08日 21:14
新日ジュニア新章突入に向けた序曲でしょうか。
直線的なファイトを身上とする選手が行き詰まったらどうすべきか?
そりゃあ、あーた、破壊王路線で中国少林寺で特訓ですよ。
三ヶ月後、どうみても中国少林寺というよりは、日本の少林寺拳法風衣装に無精髭で亘登場ですね。
Posted by みかん at 2007年07月08日 21:14
かつては井上選手と並ぶ、気迫一辺倒真面目キャラだったはずの田口選手が、今や緩急上手に使いまくる選手になっていますからね。
井上選手も今の自分とは真逆のファイトスタイルの、それこそメキシコのルチャに身を投じてみるとか、
プロレス以外の演劇やお笑いといったエンターテイメントや表現の世界を学ぶのも良さそうですね。
対稔戦の実況で、井上には稔に無い若さ・バネがある!的な事を言われていましたが、
そんな歳の差ありましたっけ…?
まぁ、やるなら今しかない位のリミットかもしれないので、変身して帰って来て欲しいです(変なマスク以外で)。
Posted by ばるば at 2007年07月08日 21:31
山ごもりも勘弁ですが、半年間アメリカで試合もせずにただ太って帰ってくるのも勘弁してほしいものです
Posted by ハッスルランド at 2007年07月08日 22:22
先頃破局したやべっちなんて形容したのが悪かったんでしょうか、よもや失踪とは…(泳目)

一生懸命さが故に陥りやすい視野狭窄なのか、以前から具合の悪かった瞳のオーバーホールに踏み切ったのか、はたまた緩急会得の為のヒール化か…

いずれにしろ、自ら進んでみちのくへ遠征に出たりする程の
頑張り屋(死語?)な亘。閉塞感を打ち破るキッカケをモノにして欲しいですね。
Posted by トロピカリ at 2007年07月08日 22:52
●はろさんへ
山本選手の日記はちょっとした前フリだったと!

>井上選手に足りないものとは、これ「考えないことぢゃ」と思うにあたり

何も考えず一心不乱、熱血の思うがままに走ってたのが
今の井上選手のような気もしないでもないですけどね。
緩急つけるというのは
それだけペース配分を考えるということでもありますし。
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 00:00
●蝶吉さんへ
謎のマスクマンが突然乱入とか、あるかな? ないかな?
次期シリーズはG1ですが、ここでジュニアも動くのかな?
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 00:03
●みかんさんへ
(少林寺拳法側に迷惑がかかるので、マスコミの皆さんは“少林拳”と書いてください)きたか。

ただ井上選手、ヒゲ薄そうなんですよね。
ひと月伸ばしてもちょろちょろかもしれない。
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 00:49
●ばるばさんへ
メキシコは柴田選手と行ってませんでしたっけ? 短期間ですが。
でも当時とは使う技も変わってますし、今行ったら、また違いそうですね。

年齢は…稔選手が1972年11月生まれ、34歳、キャリア13年。
井上選手が1973年8月生まれ、33歳、キャリア7年。
若さはほとんど大差ないですね(笑)。
2人とも実年齢より若く見えますけど。
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 00:57
やっぱり井上は心がキレイなんだ。壁を打ち破るには悪の心に目覚めること。…最悪の選択は少しだけ悪に目覚めてGBH入り!
Posted by てり at 2007年07月09日 02:06
とりあえず、片眉剃って清澄山の篭るとイイのではなかろうか・・・
Posted by やのかつ at 2007年07月09日 02:47
やっぱり・・・
後楽園ホールで続けてピンを取られればこういう行動を起こしてもおかしくないですね(苦笑)純血として挑んだ決勝に敗北、ベルトを取り返すという命題は果せず。井上は大好きなんですけどねぇ、大量離脱騒動の時はギリギリで離脱を回避し残留してくれたし、本当に声援の多い選手だし、いい人というエピソードもありますし。
それだけに本人も悩んでるでしょうが、周りやファンもそんな心境でしょうね。
ただ、スーパーJ決勝は相手がミラノだったからあれだけの試合になったし、稔の相手が田口だったからこそあれだけの試合になったと思います、もしも井上だったらあれだけの試合になったでしょうか・・・
そう考えると井上は何かを変えないといけないのでしょうね、本人の為、周囲やファンの為。
Posted by 覆面コメンテーター at 2007年07月09日 03:24
田口との大きな違いは田口はプロレスを楽しんでいて、常に観客から見られてる意識でリングに立ってるように感じますが、その性格故か井上には余裕を感じないのと、相手選手との試合に集中しすぎて観客が見えてないかなというのを感じます。

CTUが解散しますね、これをきっかけにヒールキャラになるのも殻を破るチャンスかもしれないですし、腰を据えてゆっくり海外に行くのもいいかもしれませんね。
Posted by 覆面コメンテーター at 2007年07月09日 03:25
置き手紙で失踪ってのが井上選手らしいですね。
また正体不明のマスクマン井上亘に変身してみちのく覆面WLに乱入参戦とかいいかも?
多分ヒールターンしても生真面目にヒールを全うしようとしてしまい天山Jr.版みたいになりそうですから。
一番バケるのは結婚だと思います。
健介も田口も健想も結婚してバケましたから女性の力は大きいと思います。
Posted by TJS at 2007年07月09日 08:32
●ハッスルランドさんへ
(バルーン選手の師匠になれる場所)きたか。
しかしすでに新日本の持ち物でなくなってしまったので
もうそれは出来ない。無念!
ヒート選手がオーバークールしに行ったり、
あそこも一時批難場所としてよく利用されてましたねぇ。
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 09:48
●トロピカリさんへ
目の状態も悪いままなんですよね。
http://blog.livedoor.jp/ryosijj/archives/50857359.html
上の文を書いた時からほぼ休み無しでダッシュしてきてますし
治療で改善するようなものなら、
この欠場期間を最大限利用してほしいものです。
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 10:00
●てりさんへ
字がきれいな人は心もきれい。
GBHの首領、天山選手も筆まめそうで、きれいそう。
あ、井上選手もGBHとしては的確かもしれませんよ!
(どこか間違った発想)
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 10:19
●やのかつさんへ
自然石割りに成功し、のちに巨牛と対戦。
その逸話が少年マガジンで漫画化され空前の大ヒットですか!?

Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 10:35
●覆面コメンテーターさんへ
思い切りのよさは観てて気持ちがいいんですけれど、
ファイトスタイルに幅を持たせるのは、
これから先を見据えても必要でしょうね。

しかし本当にヒール転向となると、金本選手の正パートナーが連続してヒールに転出。
組んでいるとなにか心を動かされる物があるのだろうか。
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 11:03
●TJSさんへ
>一番バケるのは結婚だと思います。
>健介も田口も健想も結婚してバケましたから女性の力は大きいと思います。

天山選手も化けてG1制覇しましたしね!
化けて猛牛スリーパーを奥さんから教えてもらいましたしね!
Posted by 漁師JJ at 2007年07月09日 11:11
はじめして♪

色々検索しているうちに飛んできたのですが、
後藤さんのブログでお見掛けしたお名前でビックリ☆
ワタルくんの記事を読ませて頂いたら、
とっても興味深く、次々と読んでしまいました(*^-^*)
でも、まだまだ読みきれないので、
今後のお楽しみにさせて頂きますね♪

P.S.
ワタルくんには殻を破って戻ってきて欲しいけど、
変なキャラになるのも、結婚しちゃうのも、
イヤです・・・(笑)
Posted by 美優莉 at 2007年07月18日 00:51
●美優莉さんへ
どうも、こちらでは初めまして。今後とも宜しくです。
おっしゃるように後藤選手に2度ほど質問させていただきました〜。

真っ直線な性格でファンから慕われているけれど、
その性格でレスラーとして大成できないというのは損だと思うんですよね。
ファンを邪険に扱うようになるのは論外ですが、
リングの上では以前よりふてぶてしく、イヤらしく帰ってきてもらえればと思います。
Posted by 漁師JJ at 2007年07月18日 08:47