2007年11月11日

失踪から4ヶ月、井上がメキシコから帰国

いのうえわたるスーパージュニア決勝での敗北。
続くIWGPジュニアタッグ選手権でも惜敗と
いずれもあと一歩のところで星を落としつづけ、
そのショックから無断失踪を続けた井上亘選手が
4ヶ月ぶりとなる11月9日、ついに日本に帰国。
再び新日本ジュニアのトップを目指すことを表明した。
 井上は7・6後楽園大会でIWGPジュニアタッグ王座取りに失敗した直後から突然、消息を絶っていた。以来、単身メキシコに乗り込み武者修行を行なっていたという。約4ヶ月ぶりに日本の地を踏んだ井上は「改めて新日ジュニアのトップに立つために帰ってきた。手応えはつかんだ」とすがすがしい表情を浮かべ、その成果に自信を覗かせた。
 11日の両国大会では凱旋試合として金本浩二としてのタッグで田口隆祐、裕次郎組と対戦する。もちろん、井上の目には田口の持つIWGPのジュニアベルトしか映ってない。「狙うのは当然シングル(ベルト)。挑戦は早ければ早いほうがいい」と両国でのアピールを皮切りに、年内の王座挑戦に標的を定めた。
 秘策もある。メキシコ修行中に必殺技・トライアングルランサー(変形ストラングルホールド)の改良に成功。「いろいろなジャベを見て、研究してきました。絶対に丸め込ませない、エスケープできない形が完成したと思います。近いうちに出すことになるはず」
 無断で姿を消しシリーズを欠場したことで、新日プロからはこの日、半年間30%の減俸というペナルティーを科された。自信を取り戻すために、信頼を失うというなんとも皮肉な失踪劇となったわけだが、井上は「試合が出来るだけで幸せ」と巻き返しを誓った。
 道を切り開くためには、結果を残しつづけるしかない。(11月11日付け東京スポーツ)
先週の週刊プロレスで「納得するまで帰ってこない」と言っていた井上選手がここで帰国。
ここで金本選手を裏切るとかインパクトを残して欲しいけど、
第1試合だとそれも難しい…。ハツラツ! 好青年! 一本気! さわやか!
でもいつも2番手3番手! これだけで終わって欲しくない選手なんだけどなあ。

それでも自分に足りないものを捜し求めるため
生真面目な性格から、若手時代「二度と行きたくない」と思った
ルーズな国メキシコをあえて修行先に選び、試合をしたい欲求押さえルチャ行脚。
ジムの外は邦人危険情報掲載並という闘龍門にあえて身を置き、
たまったストレスを越中選手を目にして発散も、CMLLには結局上がれずストレス充満。
待ちに待った凱旋も、ここ最近巻き起こった様々な話題に完全に埋もれ、
よっしゃこりゃ、試合の出来る喜びを一点集中浴びせてやるぜ!
全身全霊ぶつけて、小細工のいらない熱血な試合見せてやる!
ハイ、ハイ、ハイ、ハイ! ハイテンソォーン!!

あ、だめだ。これじゃ何も変わってない。でも井上選手、頑張ってネ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51180272
この記事へのコメント
気づけば亘も34歳。童顔のため若く見えますけど、完全に中堅、そしてベテランの域に入る今トップ取る為には、ここが最大の転機ですよね。

今までの亘でもファンから好かれる人物であるには違いないけど、もう組んでるアニキは重鎮の域だし、ベルトは下の世代に行ってしまってるし、ほんとこの復帰と年内でインパクト残せないと来年辺り当然のように3,4番手のポジションに落ち着きそうな感じなので、良い意味ではもちろんですが、悪い意味であっても今までとの違いを見せてほしいですね。
Posted by かおす at 2007年11月11日 13:34
亘、帰ってきましたか。もう二ヶ月色々回って、半年修行・ドームで復帰と区切りのいい形にしてもよかったなとか思ったり。

今頃復帰戦でしょうか。試合面はともかく、
個人的に亘のネックに感じるのは彼の一本気過ぎるところ。
ルーズなお国柄のメキシコで緩急の付け方やいい意味での小ずるさを身に付けてればいいんですが…

「俺は金本さんとタッグベルトが獲りたいんです!」
なんて言ってないだろうな…(すごく不安)
Posted by トロピカリ at 2007年11月11日 18:28
法事も終わりました。
さぁ両国はどうですか?
Posted by TJS at 2007年11月11日 18:28
田口という成功例があるだけに、井上選手も何か変化が欲しいところではあります。
でも、悩みぬいた末に選んだ道が、変わらないということなら、それも彼の個性。
貫けばいいと思います。
Posted by KAKI at 2007年11月11日 20:57
うーん、元の鞘に戻ったら面白くもなんともないですね。
爽やかよりもあくの強さが新日では求められがちです。
いっそ、西村のもとへ移って、ろくでなし路線で色を変えるくらいしてはどうかと思ってしまいます。
Posted by みかん at 2007年11月11日 21:08
金本を盛大に裏切ることもなく、無難に終わってしまいましたね。
一応、一人で圧勝だったことがメキシコみやげ的なものになるのかなぁー。うーん。次の展開があることを期待するか。
ヒール転向しないでもいいから、独立するところから始めてほしいな。
Posted by みかん at 2007年11月11日 22:08
見終えて、帰ってきたどー!

●みかんさんへ
攻勢がハイスパになっただけでしたね…。
厳しいかもしれないけど、もう一回メキシコに行った方がいいかも。
金本選手にタッチしなかったことが、
ひとり立ちの現れだといいのですが。
Posted by 漁師JJ at 2007年11月11日 22:45
●かおすさんへ
今日の試合で田口選手に挑戦表明しましたが
試合はサムライジム勢にコントロールされてたし、
今のままでは…という感じでした。
いい意味での手の抜き方というか、のらりくらりさを
身につけるといいと思うんですけどねぇ。
Posted by 漁師JJ at 2007年11月11日 23:04
●トロピカリさんへ
前半の提言には同意ですよ。
金本選手とのタッグ関連は特に言及はなく
逆に一度もタッチせず。
されど良興行の中で一番の凡戦と相成りましたとさ…。
さて、次期シリーズはどうなる!?
Posted by 漁師JJ at 2007年11月11日 23:18
●TJSさんへ
客入りは6〜7割と厳しかったですが盛り上がりは最高潮。
Xディビジョンマッチが神試合で、こんなに敷居を上げてメイン大丈夫かな? と思わせるも
メインは勝るとも劣らない好勝負。
来日不能というハプニングでつまずいても
試合内容で挽回できるのが今の新日本の良さですかね。
MVPを上げるなら洋央紀選手。次点でデヴィット選手かなぁ。
井上選手はワクワクした分、ちょっと期待はずれ。
Posted by 漁師JJ at 2007年11月11日 23:46
私から見た井上選手…
・礼節のある人
・真面目な人
・一貫性のある人(2000年度プロレスラー名鑑では好きな有 名人、原田雅彦・伊達公子→現在の新日本公式サイトでも それは変わらず)
などといった良い印象がとても多い選手です。
まあ、よく帰ってきた!と言いたいです。試合も勝利して。でも、出来れば金本選手の事にはこだわり過ぎない方がいいかと。田口・タイガーマスク・邪道・外道といった選手もいるのですから…。後は本人の気持ち次第です。これからは。
しかし、新日本はすさまじい事をやってくれた様ですねえ。「ボノ・タイガー」何ですかこれは!横綱における後輩で、同郷出身者の武蔵丸は、ボノちゃんの事をどう考える?
Posted by こくまろダンディ at 2007年11月11日 23:47
●KAKIさんへ
ジャベっぽくなった(でも入り方がぎこちなくなった)
トライアングルランサーだけが変化だったかなぁ。
んま、ストレートな試合構成のままなら、
とことんそれを極めて欲しいですね。
なかなか天下獲りは難しいでしょうけど。
Posted by 漁師JJ at 2007年11月11日 23:57
実印を預けられないくらいにズルくなって欲しいものです。
Posted by りゅう at 2007年11月12日 00:09
●みかんさんへ
西村選手のもとへは、もともとアクのある山本選手が行ったようで。
ヤー! ヤー! ヤー!
Posted by 漁師JJ at 2007年11月12日 00:25
●こくまろダンディさんへ
ボノタイガー選手は新日本登場3回目くらいなので
驚きはしなかったのですが、もともと試合予定がないのに、
急遽代打で試合できたほうが驚き。
本間選手、石井選手はセコンド要員で来ていたんだろうけど
ボノさんは契約だのなんだの後ろがうるさそうなのに。
しかしもってボノタイガーさんは毎回当たり試合、一体正体は誰なんだ!?(ドン!)
Posted by 漁師JJ at 2007年11月12日 01:02
●りゅうさんへ
猪木さんから預かったキャッシュカードを
本気で好き放題使うようなズル賢さというか、子供心も(ry
Posted by 漁師JJ at 2007年11月12日 01:54