2009年07月28日

プロレスラー・ライセンス制度 11月に始動

はせ昨年から新日本、全日本、ノアの3団体で
話し合いが継続的に行なわれてきた
プロレスラー・ライセンス制度。
ノア・三沢光晴さんの訃報を乗りこえて、
いよいよ11月に発足、施行へ。
 新日本、ノア、全日本のメジャー3団体が、11月にもライセンス制度を導入する見込みとなった。ノア三沢光晴さん(享年46)急死後初のライセンス委員会が27日、都内で行われ、新日本の菅林直樹社長、山本小鉄相談役、ノアの仲田龍相談役、全日本の内田雅之取締役らが出席し、ライセンスの条件面などを協議した。三沢さんの事故がなければ、6月下旬に最終的な話し合いが行われ、7月にもライセンスについて発表するはずだった。予定は遅れているが、山本小鉄委員長は「三沢社長が警笛を鳴らしてくれた。プロレスの発展のためにまずは3団体ができることからやらなければいけない。11月にはライセンス制度について発表したい」と話した。 (スポニチ

 制度委員長を務める新日本の山本小鉄相談役は「ボクシングみたいにプロとしてライセンスは必要」と意義を説明。基準は各団体に委ねられ、最大1年間有効のライセンスを発行。故三沢光晴さんのリング禍を受け、医師の健康診断書が義務づけられた。ただ、定年制度や、芸能人がリングに上がる際の健康診断書の有無などの諸問題には触れられなかった。(デイリー
いよいよ11月にスタート。週刊プロレス名鑑号製作時期に合わせた?
まずは健康管理に関して整備が行き届いたとされる3団体でスタート。
3団体で上手く機能し、いいものだと認められれば
自ずと参加する選手も増えていくことでしょう。その逆もまたしかり。
kamipro今月号ではちょうどこの件について各所にインタビューを試みております。一部要約。

■アングラに逃げることは簡単なんだよ。でも自民党に呼ばれたってのは意味があるんだよ。だ
 プロレスがここまで浸透してるってのは逆に光栄に思ったから。
「プロレス」ってワードも、たぶん国民の間に浸透してると思うんだよな。
 だからそれをアングラに行かせたくねえなってのはあるよ。
(全日本プロレス社長・武藤敬司)
■リングに上がる前にストップさせる機関が大事。
 今はトレーナーがいてメンテの環境がよくなったから若いヤツはダメージの蓄積が少ないの。
 俺の頃はいなかったから、付き人が首をひっぱってたんだから。
 オジサン連中はいまさらメンテしても遅いけど。
(プロレスラー 高山善廣)
■本心から言えば成功してもらいたいよね。3団体には船頭になってもらって、
 最終的にはみんなが一つの決まりを持って、協会になれば一番いい。
 そのためにはやっぱり…… お金だよ(笑)。
(GPWA初代義務局長 中村祥之)
■リングの中に芸能人がいても無法地帯であってもいい。ただ選手を取り巻く環境だけはシッカリして欲しい。
 プロレスはハレンチで危険なもの。危険でなけりゃ意味がない。
 だからこそすぐに病院に連絡が取れるようにしておく、流血戦のエイズ問題。
 安全性の認識を見える形で確認するのが、ライセンス制度。
(元文部科学省副大臣 馳浩)
■周りがいくら言ってもダメなんだよ。レスラーひとりひとりが自覚していかないと。
 プロレスが好きであれば、そこは頭使って考え直さないと。
(プロレスリング九州活性化実行委員・実行委員長 ザ・グレート・カブキ)
■メキシコでは年に1回の精密検査は義務で、必ずリングドクターがいるんですよ。
 メキシコに関していうと、レスラーの労働組合もあります。
(プロレス学校・闘龍門メキシコ校長 ウルティモ・ドラゴン)

総じて技術的な問題よりも、健康管理の面に触れられている。
3団体はどれだけフォローアップができるのか。
事故をゼロにすることはできないけれど、ゼロに近づけることは絶対にできるはず。
って、山本小鉄さんが「制度委員長」に就任してたことに今気付いた。だ、大丈夫かな。

【関連するかもしれない項目】
多重ロマンチック:黒のカリスマが思うプロレス協会とライセンス制
多重ロマンチック:できるか健康管理の一元化 JCBも協力へ
多重ロマンチック:ハヤブサ、ライセンス制度よりリングドクターをと訴える
多重ロマンチック:メジャー3団体がプロレスラーライセンス発行
多重ロマンチック:馳 日本プロレスリング協会の設立を訴える
多重ロマンチック:蝶野正洋「統括プロレスコミッションを創る」
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51593459
この記事へのコメント
ハッスルみたいなガチガチにストーリーを固めている団体だと、いくらコンディションが悪くても欠場は難しそうだなというのを感じました。
今のところライセンス発行の基準は各団体に委ねられるとのことですが、ライセンス制度に否定的な人は基準が緩いとか言い出すんだろうなぁ。
Posted by りゅう at 2009年07月28日 12:00
校長のメキシコ話が出てますが、メキシコでは古くからプロレスが文化として根付き、日本のプロレスと違って(悪い意味での)カオス的な部分が無いように感じます。日本でいう相撲のように、文化としてプロレスを大事にする土壌があったから、選手の意識も高いものがあるし、リング周りの体制もしっかりしているところがあると思います。
一方で、なんとなく影の部分には目を瞑って今日まで来てしまった日本のプロレス、そしてその時代の名声が今の若手にとってはさながら亡霊のように取り付き、三沢さんや武藤さんなど身体的に限界に来ている選手たちが身体に鞭打って最前線で戦い続けなければならない現状・・・・
カブキさんも言っていますが、最終的にはレスラーひとりひとりの意識改革の問題になってくるのかもしれません。いくら制度が素晴らしいものでも、試合をするのは制度ではなくレスラーなのですから・・・
新日本の氷河期にプロレスに出会い、苦しい中からようやくここまで盛り返してきたレスラーの方々の頑張りを見てきているだけに、選手たちの苦労や努力が何とか報われるような環境ができてほしいです。
Posted by かわいいブタ at 2009年07月28日 12:16
記事を見て思ったのは、急ごしらえだからなのかあまり強力な波及力を感じないところ。
とはいえ、新たな第一歩。これはあくまで下地としても、これから良い方向に少しでも向かってくれれば、ねえ・・・

しかし、三沢さんが亡くなったとはいえ、GPWAはどうするんでしょう。
瓦解なら瓦解ではっきりアナウンスすべき。失敗・失策をナァナァで誤魔化していては
いつまでたってもプロレス界は変わりません。
Posted by トロピカリ at 2009年07月28日 13:55
自分の知る限り、立っては消え立っては消えだったプロレスライセンス制度が今回は陽の目を見そうですね。
骨の髄までプロレスに染まり、プロレスの裏も表も知り尽くした先達方々の言葉は自分らバンプをとらない人間にはとても説得力があります。
でも対世間を考えれば将来的には相撲のように外部有識者という人達も必要となってくるのでしょうね。
まずは第一歩、そこからまた一歩。
少しずつでも必ずや良い方向に進んでほしいです。
馳さんが国会議員でいてくれて良かった。
大仁田が国会議員でなくなっていて良かった。
それにしても坂口征二さんの名前が見えないのが少し不思議。
数ステップ後の統一コミッショナーまで話が進めたら名前が上がるかなー?
Posted by TJS at 2009年07月28日 15:36
流血試合でのエイズ問題はたしかに以前から思ってましたが、そういう問題も含めてどうなりますかね。
エイズだけでなく、流血による大量出血になった場合に試合をストップするかしないかなども結構関係してくるような気がします。
Posted by JK at 2009年07月28日 16:51
●りゅうさんへ
緩いのは個人よりも発行団体に責任をもたせる意味合いがあるのではないでしょうか。
事故が起こるのは仕方ない場合もあるにせよ、
発行するからには、最低限の責任は果たしなさいよと。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月28日 20:07
●かわいいブタさんへ
メキシコはデビューするにも段階的にジムで動きを学んで、
先生の許可がないと、ライセンスのテストも受けられないんでしたっけ。
(海外選手は実績を加味して簡単な健康診断で発行してもらえるとか)。
ルチャのいい加減な部分としっかりした部分の共存はちょっと見習いたいと思ったり。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月28日 20:19
●トロピカリさんへ
時間かかると思ってただけに、逆にこのスピードで決まるのは評価したいです。
ここから統一した協会作りへ繋がるのかどうなのか。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月28日 20:26
今回のライセンス制は技を受ける側にばかり焦点が当てられている気がします。医師の判断も何を基準にするのかわかりません。
頭から落とす行き過ぎたプロレスを基準にしたら、蝶野なんかは多分アウトですよね。
でも通常のタッグマッチになら出場出来る。例えば西村や棚橋のように頭から落とす技を使わない選手とならシングルマッチも出来ると思います。
難しいですね。
Posted by かず at 2009年07月28日 21:28
●TJSさんへ
>でも対世間を考えれば将来的には相撲のように外部有識者という人達も
そこでIWGP実行委員長の古賀(ry
造詣深い第三者って、探すのもなかなか難しいですね。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月28日 21:32
●JKさんへ
流血は傷が深いと林ドクターがチェックしにいったり、
場合によっては真壁選手に投げ飛ばされてますよね、ってダメそれ!
Posted by 漁師JJ at 2009年07月28日 21:48
●かずさんへ
>頭から落とす行き過ぎたプロレスを基準にしたら、蝶野なんかは多分アウトですよね。

そこも医師によって違うでしょうね。蝶野選手をずっと見ている主治医なら
悪化が見られなければ試合できるのでOKとなるでしょうし。
例えば試合にテーマを持たせて、最初から盛り上がる状況を作ってしまえば
危険な大技も使うこともないわけで、そのさじ加減も雇う側の団体次第。難しい。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月28日 22:05
健康診断というからキン肉マンの悪魔騎士編冒頭の場面みたいに
みんな一同に会して体重計乗ったりしてる場面をつい思い浮かべてしまいましたが
団体なり各々が検査受けてそれを提出する形なんですね。

ライセンス制が導入されたらいろんな部分できっちり出来る反面
今まで通用してきた暗黙の了解的な部分まで損なわれてしまいかねないのが個人的にはなんとも…。
今は健康診断だけとはいえたとえばヘビー・ジュニアに関わってくる体重のこととか、身長のこととか
遠い親戚や化身なんかはどういう扱いにするのかとか。

あとどのレベルから提出なんでしょうか
プロデビューしたプロレスラーだけなのか
それとも内弟子練習生もなのか、そして何日目何年目とか考慮するべきなのか。

なんだかプロレスの定義を問い直されてる気がします。
Posted by SANATO at 2009年07月28日 23:39
●SANATOさんへ
プロレスラーとしてのライセンスなのでデビュー前の練習生は対象外でしょう。
なお週刊プロレスの報によれば、関係者以外に見せる目的の物ではないので、
覆面選手も本名、素顔での登録になるとかなんとか。
ここの幻想はちょっと保って欲しいですけど、
リングネームの扱いとかはどうなるんだろう。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月29日 00:01
どこまで団体が興行とライセンスを優先するのか、何を持ってライセンスなのか・・・とか、考えれば考えるほど課題は出てきますが、何もやらなかった頃に較べれば、メジャー団体がライセンス制度を公言したのだから、一歩前進ですね。健康管理が少しでも整備されて、三沢選手のような出来事が繰り返されないようになることが大切だと思いました。
Posted by みかん at 2009年07月29日 00:41
実際に基準を設けたとして、
「現役選手で基準に満たない選手が居ればライセンスを与えない」って
方策が取れない限り、
「ひとまずリングに上がってる選手には与えます」って方式を取らざるを得ないわけで、
今後新人に関しては厳密な審査を行うにしても、十年単位で選手の代謝を待たねばならないわけで、
なかなか気の長い話なんでしょうね。

とはいえ、どんなジャンルでも一朝一夕に基準が出来るなんて事はあり得ないわけで、まずは踏み出したと。
あとは続けること、ですね。これが一番難しい業界のように思いますが(笑)、頑張って欲しい。
Posted by KK at 2009年07月29日 01:55
いつか天山選手も網膜剥離になった際、これがボクシングならライセンス剥奪もあったかもしれないという事を言っていた様ですね。上記の高山選手も常識破りのチャンピオンなわけですから。(出来れば)体の自己申告や専門医の確保などは徹底して欲しいですね。あとは馳さんの言葉通りなので。
Posted by アニマル仲代 at 2009年07月29日 23:43
●みかんさんへ
専門のスタッフや機関を準備する時間も金銭的も余裕もない、
まとまるものもまとまらなかった過去がある、という中では
スタート地点につけたことも大きな一歩ですね。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月30日 09:40
●KKさんへ
高山選手がUインターや全日本にいた頃なんて、そんな昔の話でもないのに、
体のケアを行なうスタッフが団体にいなかったというのは驚きでしたよ。
3団体での環境の改善は日々図られている…。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月30日 09:50
●アニマル仲代さんへ
これですね。

>プロボクサーならライセンスを剥奪されてしまうような病気ですから。「プロレスラーでよかったな」って……と思ってたら「プロレス界もライセンス制度導入」とか言ってるからドキーッとして(笑)。
http://blog.livedoor.jp/ryosijj/archives/51547591.html

てんざぁーん(号泣)。
Posted by 漁師JJ at 2009年07月30日 09:58