2009年11月13日

TAJIRI、「主観的試合レポート」執筆開始

かずちか2新日本にやってきた挙動不審のサイコロジー・TAJIRI選手が
約3年ぶりにサイトを開設。同時にブログ形式の日記もスタート。
中では「主観的試合レポート」と題するコーナーを開始させ、
11月8日、両国大会で行なわれた岡田かずちか戦を
自らの筆で憎たらしくもリポートした。
自分の試合を自分の筆で、観戦記調で振り返る。週刊プロレス誌上では
現・衆院議員の馳浩さんがかつて行なっていましたが、ブログメディアでは初?
GENTARO選手が近いことをやってるかな。エントリーはこちら。

『主観的試合レポート』vol.1 - JapaneseBuzzsaw.com プロレスラーTAJIRI 公式サイト
組み立てるプロレスは好きですし、興味深くはあるけれど、
プロスポーツ選手でありつつも表現者であるのがプロレスラー。
それって試合を通して伝えるべきなのではないかなあ。
サイコロサイコロ言ってても、噛み砕いて改めて補足しないと分かってもらえないのでは
お客の心理をぜんぜん掴み取れていないということで…

と講釈を垂れたい所ですが、端々に現れる余裕綽々っぷりが鼻につくんでしょうね。
そして読む人の嫌悪っぷりを増幅させる。なんてヒールとしての仕事をちゃんとする人だ。
僕も気付かぬうちにサイコロジーの罠にハマっていたって! ちくしょー!
しかし、あれもこれも片付けられるから、つくづくサイコロジーって便利な言葉だよなあ。

かつてkamipro誌上で「ハッスルこそが理に適ったプロレスの進化系」
(芸能人相手に頭から落とす大技は出来ない故、組み立てのプロレスが必須技術)
「新日本ジュニアは奇形プロレス(大技に頼った試合)のルーツ」と腐していたTAJIRI選手。
そのルーツへの連続参戦が決まりましたが、
各地で行なわれる試合をどう表してくれるかは非常に楽しみではありますね。
文中、岡田かずちか選手のことをけして貶めず、
基本褒めちぎってるのも、また上手いっつうか、憎々しいっつうかなあ。
ああ、掻いても掻いても、かゆみが治まるどころかブリ返す、虫刺されくらいに嫌な相手だ。
ツメで十字に跡つけたり、「文」の紋様刻んじゃうぞって!
ああ、眠る間際に聞こえる羽音がうっとおしい!(なぜかここだけ夏)

心理戦が通用しないどころか、セオリーすらも屁のカッパ。
ジャイアントバーナード選手にいたっては試合後戦意を喪失し落ち込んでしまった、
中西学選手を相手にした試合リポートなんかも読んでみたいなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51642767
この記事へのコメント
サイコロ、サイコロって表現は面白いですね。
新日より無我な元韓国ヘビー王者のいる全日のほうが似合いそうですが。
食べていくって大変だなー
Posted by TJS at 2009年11月13日 11:27
ハッスルが潰れるので新日本で雇ってくださいと素直に言えばいいのに…
あと個人的にはミラノとの対戦を見てみたいです
Posted by りゅう at 2009年11月13日 12:41
女の子なら「顔はやめな、ボディボディ」と同じ理屈ですね。
つまり左腕でラリアットを出すハンセンへの腕殺しは右腕にしろと。力道山の空手チョップは右手だから左手を攻めろと。
それは数ある手法のうちの一つとしてはありだけど、主流にはなんないだろうなあ。
Posted by いちふじ at 2009年11月13日 12:53
理詰め対野性はおもしろいかもしれないですね。といっても、武藤や棚橋がすでに証明してますが。

しかし、あの二人も相当苦しめられた超野性、野人中西学にタジリのサイコロプロレスがそう簡単に通用するとも思えません。いったれ中西ぃいいいえいい(なんかやけくそになりながら)
Posted by JK at 2009年11月13日 13:31
元ECW戦士・WWE戦士の肩書きの旬が切れる前にうまいこと自分の売り込み方をシフトできましたよね。このへんのセルフプロデュース力は見事かなと。
そしてリング上だけでなく更にその嫌味ったらしさを自ら発信するとは。
ヒールだろうとベビーだろうと客に印象付けられたらしめたもの。こういった自分の光らせ方は学ぶべき要素なんじゃないでしょうか。

タイプ的に近しいものを感じる邪外と合体しただけに、新日マットでは似たタイプとの対戦はなくなってしまったでしょうか。
究極の対極に位置するであろう中西とのシングルは是非見たいような、やってしまってはもったいないような・・・(苦笑)
Posted by トロピカリ at 2009年11月13日 14:50
TAJIRI選手の上手さには定評がありますが、仕掛けや自己
プロデュースの達者さも含め、やはり一流のレスラーなの
だなあと思います。

ハッスルの浸透に全力を注いできた方だけに、今回のこと
でかなりのショックを受けていると思うのですが、それを
おくびにも出さずに憎たらしいスタイルを崩さないのも
さすが。新日でのストーリーにどのように関わっていく
のか、注目したいですね。

色々批判も多かったものの、「面白いものを作ろう、魅せ
よう」という意欲は非常に素晴らしかったハッスル。それ
だけにこのまま潰れてしまうのだとしたら、プロレス界
にとっても残念なことだと個人的には思いますね・・・。
Posted by 行きずりのファン at 2009年11月13日 21:53
●TJSさんへ
この辺の言葉を使い始めたのって誰が最初なんでしょうね。
斉藤文彦さんか、選手では邪道外道選手あたりかなあ。
Posted by 漁師JJ at 2009年11月13日 22:06
●りゅうさんへ
新日本的にはハッスル所属のままでの参戦ですが…

>TAJIRI「(今後も新日本のリングに上がる?)そうですね。そして、ハッスルにも! ……あ、もうないか?(笑)」
http://www.njpw.co.jp/result/index.php?COM=result_disp&SRNO=144&TKNO=1&MTCH_NUM=2&CRS_NO=0
思いっきりな関係者であるTAJIRI選手が言うと
ハッスルマニアの開催実現すらアレな感じですね。

Posted by 漁師JJ at 2009年11月13日 22:50
TAJIRI選手はセールス営業やらせたらすごいと思います(ドラゴンゲートの岡村社長とのやり取りに密かに期待して)。
Posted by アニマル仲代 at 2009年11月14日 00:53
個人的に棚橋さんとの絡みは早々に、早く新日本が世界に誇るスーパーベビーのタイガーマスクさんとの戦いに赴いて頂きたい。
最近ベルト取り戻したのに大して話題に上がらないですが、コメントは絶好調なのでぜひ上から下界を望むかの如く
たかだかアメリカで活躍した程度の選手との力差を我々に示してほしい物です。

個人的には棚橋さんよりよっぽど夢が広がります(笑)
Posted by かおす at 2009年11月14日 02:39
>「新日本ジュニアは奇形プロレス(大技に頼った試合)のルーツ」と腐していたTAJIRI選手

コレ、ちょっと違いますね。
「今のプロレスは、90年代の新日本プロレス・ジュニアの奇形が多い」というような発言でした。
新日本やジュニアを否定しているわけではありません。
それどころか90年代ジュニアは高く評価していたはずです。
また「奇形プロレス=大技に頼った試合」でもないかと。
どちらかと言えば「理にかなっていない試合」の意味になると思います。
Posted by at 2009年11月14日 02:50
●杉さんへ
コメントどうもです。原文(でもないか)はこれですよね。
http://beye2.com/item_16157.html

ここでは省かれてますが(…いや、別のコラムだったかも)このあと
「エディ・ゲレロやベノワはもともと基本を持っていたから、
新日本ジュニアを通過しても染まらずにWWEに来れた」云々とあったと思いますので
「素晴らしかった」が、「正常ではない」との考えはあったのではないかなと。

奇形プロレスの解釈についてはこの場で訂正いたします。
まあ、理に適わない展開の代表例が、大技プロレスなんですけれども。
Posted by 漁師JJ at 2009年11月14日 17:57
芸能人相手に頭から落とす大技は出来ない>
それをやってればこんなみっともない消滅の仕方はしなかったかも。

あんなに超満員だったのに、ファンとお金はドコ行ったんだろう。(招待券の存在は知っていたけど)
昔はマネー○○○○○○にも使われた興行システムの中で悲しいニュースも流れたけど、そうならないだけ良かったかな。
Posted by いしかな at 2009年11月14日 22:30
●いちふじさんへ
言葉にしないだけで多くの選手は実践していそうですけれどね。

●JKさんへ
武藤選手をして「想定外の動きをしてくるので苦手」と言わせましたからね。
これが悪い意味でなく、「だからなぜ無冠なのかわからねぇ」と
プラス評価なのがまた武藤選手らしい評。
Posted by 漁師JJ at 2009年11月15日 22:17
●トロピカリさんへ
自分のキャラクターイメージが分かってるからこそ出来る手法ですよね。
ブログで評価を下げる人も多いけれど、TAJIRI選手は活用が上手いなあと。

●行きずりのファンさんへ
ハッスルはどこから崩れてきちゃったんでしょうね。
後楽園ドタキャンとか、仮にも名の知れた団体がやることではないよなぁ。
Posted by 漁師JJ at 2009年11月16日 08:41
●アニマル仲代さんへ
滲み出るうさんくささ(褒め言葉)もあるので、
そこらがセールストークでどう出るか。

●かおすさんへ
みんなのヒーロー、タイガーマスク選手なら、悪いTAJIRI選手を
ぎったぎたのめっためたにしてくれるよ!(まず言葉で)
Posted by 漁師JJ at 2009年11月16日 22:44
●いしかなさんへ
初期は新日本を知らないと楽しめないネタもあったので新日本へ…
は、ないか。でも少しは流れてきていそう。
Posted by 漁師JJ at 2009年11月16日 23:11