2010年03月16日

引退・和田城功、帰ってきます!

わだくによし2今年1月17日の新宿フェイス大会で現役生活にピリオドを打った
元リキプロの和田城功さんがなんとプロレス界に復帰!?
師匠長州さんのようにプロレスラーとして!?
NO、NO、NO。これからは怪我を未然に防ぎ、治療に当たる
柔道整復師(候補)として生きていきます。
レスリング生活で負った古傷からデビュー前より膝や腰に爆弾を抱え、
「悔いは有ります」と惜しまれつつ、そして自らも悔し涙でリングを去った和田選手。
第二の人生にと志した職業。それは体を治す骨接ぎ仕事。柔道整復の道だった。
新日本プロレスのトレーナーでもある三澤威さんのブログより。

和田くんの10年前。途中はぶいて10年後。白衣来て勉強始めました。
プロレスラーから治療家へ。(中略)
和田くんは僕がこの道を志した時よりトレーニングについての知識はある。
国家試験までは3年間もあるし3年間しかない。(三澤トレーナーのボディヒート日記:これからの3年間
見慣れた顔の下に白衣。見た瞬間におおっと驚き、似合ってないよと笑い、
次に別の意味で笑顔になれた。ほころんだ。
そっちの道へ進まれましたか和田選手! いや和田さん!

三澤トレーナーが書くように、もともと身体について造詣心が強く、
コンディション系インストラクターの免状を所持。公立高校で運動を指導した経験もあります。
引退後はそれらを活かしたジムなどへ行くかと思い込んでいたのですが施術の道へ。

そういえば三澤トレーナーがリキプロ道場で開いていた
「プロレス式トレーニングインストラクター養成講座」の卒業生でしたな、和田さんは。
そして三澤トレーナーが直々に、白衣姿を写メできるということは、
オーナーを勤めるミサワ整骨院で現在研修中ということか。
3年間みっちり専門学校へ通い学び実践し、そして国家試験へと挑み、
合格してやっと第一歩が踏めるわけで、まだまだ夢は遠いし、今はタマゴのタマゴ。
それでも身近なところに相談できて、目指すべき師匠がいるというのは心強い。

そして… 整骨院なんて山ほど合って、地元でも勉強できるだろうに、
わざわざ数々のプロレストレーナーを輩出してきた世田谷・ミサワ整骨院を
実習の地に選んだということは… 3年後、いや4年後、5年後。その先ずっと。
プロレスラーになる夢を諦めなかった男は、整復の道も必ずや。
期待してますよ、未来の和田トレーナー!
その頭と同じように(額でも可)、プロレスの明日を照らしてやってくださいな!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51693926
この記事へのコメント
元ミラノがハヤブサを動かそうとしているように
昔付いていたリキプロの人を治療する日が近いんですね
Posted by いちふじ at 2010年03月16日 23:24
●いちふじさんへ
長州さんはWJなので、純粋なリキプロの人は選手会長・石井選手しかいない現実よ。
ウン。でもそんな日が来るといいなあ。
Posted by 漁師JJ at 2010年03月17日 00:32
きっぱりその道と別れを付ける潔さもいいですが、
夢破れてもその道を諦めず関わりを持ち続けるというのも良いですなぁ。

リキプロは一人だけでしたね。そういえば大橋宏紀君は今なにやってんですかね?
Posted by かおす at 2010年03月17日 09:23
●かおすさんへ
>大橋選手
その後の話も聞かないので、退団したあとは地元に帰ってるんですかねえ。

>リキプロ
現住所(渋谷区松涛)検索したらこちらの事務所と部屋番号も一致しますね。
あ、チョシュさんしかいない…。
http://510.ne.jp/top.html
Posted by 漁師JJ at 2010年03月17日 09:41
よかった((T_T))よかったぁ(T0T) 第二の人生では、大成してほしいです。
Posted by やまさん at 2010年03月17日 12:29
和田さんには、腕を磨いてもらい、チョシュさんの活舌を治してもらうのがよろし。
Posted by なかま at 2010年03月17日 21:56
●やまさんさんへ
レスラー時代から笑顔と対応力は定評あるので、
技術が身につけば評判の接骨師になれるかもしれませんよね。

●なかまさんへ
最新西洋医学でもむずかしいそんなことを手技で!!
Posted by 漁師JJ at 2010年03月18日 21:37