2010年11月29日

新日本入団テスト、ブラックキャットJr.も受験していた

くろねこさる11月14日、新日本プロレス秋の入門テストが実施された。
今回は身長の高い受験希望者が多かったため、
書類選考の時点で身長の低い受験者は振り落とされるレベルの高さ。
その中にはなんとあの、ブラックキャットさんのご子息がいた。
春と秋、2回にわたり実施される入門テスト。今回の様子は審査委員であるお2人のブログでチェックできます。
今日は入門テストでした|小林邦昭
入門テスト|日変わり日記・七人のボルサリーノ

書類審査を通ったのは、近年まれにみる「全員180センチ以上」という選ばれし5名。
体力テストや自己アピールの結果、入門できるのは果たして誰か。
審査委員の一員である平田淳嗣エージェントの日記によると、今年はこんな逸材もいた。

 ようやく休みかと思いきや、新日本プロレスは甘くありません。恒例の『入門テスト』が午後12時より道場で敢行されました。(中略)
 今回のテストには、平成18年1月に亡くなられた『故ブラック・キャット』の1人息子○○君も参加!
 総勢5名と、少々寂しかったのですが、全員が身長180cm以上あり、並ぶとやはり圧巻ですね!(新日本携帯サイト「お前、平田だろ?!」2010年11月29日更新分、天山復活)
言われてみれば邦昭さんのブログにそれっぽい人物が!
グレーテストレスラーズ表彰式などで何度となくお見かけしてるのですが、
髪型がまるで違うので気づけませんでした。身長も高く、いまどきの大学生っぽい外見。
日本テレビ系「ひらめ筋ゴールド」でジャニーズ事務所選抜チームとして出演したこともあり、
学生時代には体力をつけるためと、アメリカンフットボールに親しんでいたはず。

レフェリー転向を薦められ、さらに巡業ドライバーへの転向を薦められても、
引退宣言はせず天に召すまで現役であり続けたブラックキャットさん。
その理由は自分がかつてそうであったように、息子さんと一緒にリングに立ちたいから。
それがメキシコ、ルチャ一家に生まれた勤めと夢を描いていたのでした。
果たせなかった親父さんの夢に近づくために、跡を継ぐ意志を見せる。
合否のほどはわかりませんが、胸が熱くなると共に、Jr.に大きなエールを送りたい!

平田エージュントは2名の原石を推薦したとのことですが、
「捨ててしまうか確保するかは私の決定しうる範囲外なのでご了承ください」とのこと。

多重ロマンチック:主人の愛した…NJPWを失くすような事はしないでください

プロレスを守るために、厳しい条件を飲み、そしてリングの外でも懸命に戦ったキャットさん。
かつてブラックキャット夫人は新日本プロレスに対してこう綴っておられました。
「主人の愛した会社、そして愛したプロレス。絶対にこのNJPWを失くすような事はしないでください」。
父が愛した新日本、なぜそんなにも愛したのか。
Jr.はその理由を感じ取って、ぜひとも体全体で伝えてほしい!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51792289
この記事へのコメント
熱いものが込み上げてきますね。
2世レスラーはプレッシャーがきついと思いますがそれに負けず頑張ってもらいたいものです。
Posted by りゅう at 2010年11月29日 11:03
知りませんでした。
もう頭の中では橋本大地vsブラック・キャットJr.のゴングが鳴りましたよ。
合格しててほしいなー
Posted by TJS at 2010年11月29日 11:15
なにがすごいって、元ジャニーズジュニアという経歴! お名前で検索してWikipedia見るとKAT-TUNの亀梨くんとも組んでたみたいですね!
Posted by マウンテン at 2010年11月29日 11:30
このご時世に長身の若者がこれだけ集まるなんてすごいことですよ。一人でも多く残ってくれることを願います。しかしジャニーズからプロレスというのはすごいですね。二世は業界には入りやすいかもしれないけど続けることに関しては周りやファンが父上を知ってるだけに困難も多いかもわかりません。
Posted by 兎畑 at 2010年11月29日 15:42
●りゅうさんへ
合否わからないので、なんともいえませんが、この気持ちを忘れないでほしいですね。

●TJSさんへ
これでダメなら、も一度鍛えて春にチャレンジ!
Posted by 漁師JJ at 2010年11月29日 19:53
●マウンテンさんへ
スーパードッジボールで組んでたようですね。

●兎畑さんへ
父親は超えたくとも絶対に超えられない存在。
そこにあえて挑むのだから、こちらも大きな声援を送りたいってもんです。
Posted by 漁師JJ at 2010年11月29日 20:27
新日本は一芸入試とかないから、ダメだったらキッチリ落としそうだが、それで他団体からデビューしたら一大損失だよなあ。
Posted by いちふじ at 2010年11月29日 21:01