2011年02月20日

漁師と二階堂がプロレス音楽について語りました【報告】

にかいどうあれ? 知らない間にプロレスって世間的にも人気なの?
2月12日より渋谷区を中心に配布されたフリーペーパー「SPRING」に
わたくし多重ロマンチック・漁師JJと、
ファンタジスタタレント・二階堂綾乃さんとの対談が掲載されました。
もともと小部数だけあって、はやくも現在入手困難。
紹介し損ねたお詫びもかねて、内容をちょろっとご紹介。
製作・編集はバンタン・デザイン研究所マガジンエディター専攻科の皆さんで、表紙はこちら。あら春めいてる。

すぷりんぐ春といえば、心躍るプロレス音楽と目をつけたセンスも評価しますが、
「爆勝宣言」鈴木修さんをおさえ、我々に2ページ割く度胸は、
絶対のちの人生でビッグになれる気がします。

僕もそんなにプロレス音楽に強くなく、バンド活動経験ありだが
プロレス観始めたのがはここ最近という二階堂さんなので、
テーマにそぐわずプロレスとの出会い、
面白かった試合セレクションなどで話が埋まる。
もうホント、編集後記で困らせちゃってゴメンナサイ編集Aさん!
これは僕の完全な想定ミスで、僕に話をくれる方だから、
ブログの読者=プヲタの編集担当だと思っていたら、
詳しいのは音楽で、プロレスはチンプンカンプンだったということを
話してるうちに気づいたからなんですよ!(プロレスに詳しいのはカメラマンOさんでした)
気づいたらジルバにはジルバで。ルンバをルンバでと合わせればいいものを、
瞬時に踊れない自分が憎い!(だからそれがわかりにくい)

すぷりんぐすぷりんぐ
さらに対談で見開き2ページのはずが、
覆い尽くすぜ二階堂ファンタジスタ・マジック。
編集元に配慮して字の読めない大きさに縮小してみましたが、
それでも伝わるイマジネーション!
(この大胆不敵さも春らしいよね)
実は新日本パンフ連載スタート前の作品なので、
ブログ未発表かつプレ・イラスト部なレア作品も。

まあ、プロレスは試合の中に春夏秋冬があり、
ゴングが鳴って相手の様子を伺うのは芽吹く春のようなもの。
さわりをさらっと紹介するのもまた「SPRING」なんだよね。

中にも掲載されていますが、対談してわかったのは、プロレス入場曲は選手と共に生きてるんだということ。
もちろんブロディ選手の「移民の歌」やマスカラス選手の「スカイハイ」など
亡くなったり一線を退いたりしても、別の形で生き残る曲はありますが。

 二階堂 曲だけで興奮させるってのはすごいですよね。(中略)それと三沢選手がいるじゃないですか。リアルタイムで見たことはないんですけど、映像で見てこんな偉大な選手がいたんだなって思いましたよ。彼が亡くなられた後に、『スパルタンX』を流して彼のトレードマークの緑色のテープを投げ続けるって映像があったんですよ。実際に試合を見たことないんですけど、今でもこの曲を聴くと涙が滲んじゃいますね。(バンタン・デザイン研究所刊「SPRING」)
僕がフライングボディ・プレスで入場する星野勘太郎さんを知らないように、
二階堂さんはスパルタンXで入場する三沢光晴も、爆勝宣言で入場する橋本真也も知らない「懐メロ」なのだ。
プロレスを長く見ることでの喜びも多いが、同時に知ってしまう悲しみも多いということ。
入場曲はスタートを告げる「SPRING」であり、別れの季節の「SPRING」でもあるわけだ。

すぷりんぐそんな爆勝宣言の作曲家、鈴木修さんも次のページには登場します。
歌謡曲の懐メロは時折オリジナルが懐かし番組で流れ、モノマネ番組で歌われ、
名うての歌手によりカバーアルバムに収録され、
若手歌手によりラップが追加され歌われますが、
橋本真也選手の息子、橋本大地選手は「爆勝宣言」をどう歌い継ぎ、蘇らせるのか。
考えれば考えるほど、プロレスと音楽の関係は深すぎる。

と、もっともらしいことを書きつつ、紙面のお勧め入場曲に
「キング・オブ・コロシアム」(スパイク)より
ビクトリー武蔵「武蔵ガンバレ」を選曲する自分ってなんなんだろう。
頭が春だよ、「SPRING」。

改めてバンタン・デザイン研究所の皆さん、二階堂さん、協力してくださった皆さんありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51826880
この記事へのコメント
きょ、巨乳女子高生じゃない!だまされたー!(大社長のノリ)
Posted by トロピカリ at 2011年02月20日 21:44
●トロピカリさんへ
ヒント・覆面は仮の姿。というか僕はその説主張したことないですから!
Posted by 漁師JJ at 2011年02月20日 22:30
さいしょのほう、爆勝宣言が爆笑宣言になってます。不覚にも笑ってしまいました。
Posted by なか at 2011年02月20日 23:56
八重歯のかわいいマシンマスクじゃないッ
Posted by X at 2011年02月21日 04:05
スカイウォークは自分も1位です。あれは良い。
Posted by X at 2011年02月21日 04:52
レジェンドなんて入場曲だけでお腹いっぱいにさせる選手多いですもんね。
でも今なにがSpringって、漁師さんが一番Springですよね。
継続は力なり、新日暗黒時代の縁の下の力持ちが報われてホント嬉しいですよ。
二階堂さんて以前漁師さんが語られてた理想の女性像にドンピシャですもんね。
Posted by TJS at 2011年02月21日 05:24
入場曲って聞いてるだけで気分が高揚してきますよね。
私としては静かな前奏から盛り上がっていく形の曲が好きです。

いやそれにしても羨ましいですね、羨ましいですようん。
(腕をグルングルンしつつ)
Posted by マロン at 2011年02月21日 13:52
昔、PS2の「キング・オブ・コロシアム」を買った目的のひとつが“入場テーマがオリジナルで入ってる(一部)のが聴ける!”ということがありました(爆)。
でもオリジナルの一歩手前(大人の事情なやつ)も好きでした(「武蔵ガンバレ」とかも(笑))☆

自分にとってはもはや、残業したりするときのお供として、入場曲は必須アイテムですねー♪
Posted by flushline at 2011年02月21日 19:03
あたしもJJさんは巨乳女子高生のボクっこだと思ってました、さんな刷り込みが・・・。
(プロレスの造詣の深さは不自然過ぎますが)

記事を読むうちに、脳内に流れるエンドレスのセパラドス(サスケ版)

入場テーマってロマンですね。
Posted by アオ at 2011年02月21日 23:27
●なかさんへ
こっそり直しました! ご指摘ありがとうございます!

●Xさんへ
人の顔を借りるわけには行かないので。
って、これが誰のマスクかわかったら、プロレス検定2階級特進並ですが。
Posted by 漁師JJ at 2011年02月22日 20:24
●Xさんへ
ワクワクする曲ナンバーワン!

●TJSさんへ
>二階堂さんて以前漁師さんが語られてた理想の女性像にドンピシャですもんね。
そんなこと語りましたっけ?(笑)
いやまあ、お綺麗な方であると共に、競える好敵手に出会えた感じです。
Posted by 漁師JJ at 2011年02月22日 21:09
●マロンさんへ
前奏つきというと、ミッションブロウのビッグマッチバージョン!(多分違う)
皆さんの入場曲ベスト10なども聞いてみたいところです。

●flushlineさんへ
おお、よかった、同調者がいてくれて!!
訴えられかねないギリギリのパロディセンスが好きなのです。
マッチョドラゴンならぬマッスルドラゴンとかもあったなぁ。
Posted by 漁師JJ at 2011年02月22日 21:18
●アオさんへ
ルイス・ミゲルバージョンに早く上書きしてくださいw
まあ、二階堂さんのようにプロレス生観戦暦1年にして
ぺペ・カサスが出てくる奇特な方もおられますので、
プロレスに詳しい女子高生がいたって不思議じゃないですよ。ウン(不思議な希望を手に持って)。
Posted by 漁師JJ at 2011年02月22日 21:45