2011年08月13日

オールトゥゲザーには戦いがある。秋山、敵を討伐宣言

あきやま8・27オールトゥゲザーはお祭りだから、戦いがない?
いやいや、こちらには、どんな異種格闘技戦よりも
戦慄走り、火花散り、胸騒ぎのする対抗戦があるんです。
ノア・秋山準選手が、対角線に並んだ大森隆男選手討伐を誓った。
そこにいる以上は感傷もなく、敵! 敵! 敵!
“箱舟を勝手に降りた男”へ熱い純白の鉄槌を。8月27日、日本武道館「オールトゥゲザー」では佐々木健介選手と組み、
大森隆男&高山善廣組と戦うこととなったプロレスリング・ノア、秋山準選手。
震災復興チャリティーとして、お祭り的側面が強いカードが並ぶ中で、
このカードだけはお祭りじゃないと秋山選手が大きく自負。
大会主催者である東京スポーツ紙面でみどころを語った。この試合には「戦い」があるんです。

「俺の試合が一番『勝負』をテーマにできる。唯一戦いができるカードに入れてもらって感謝している。ほかの試合はごった煮で、詰め込んだみたいだし」
(中略)
 もちろん「勝負」の相手は一人しかいない。2002年6月以来の再開となる大森だ。(8月13日付け東京スポーツ)
大森さんにげてぇぇぇーーーー!!!! いわずとしれた元ノアな大森さん。
海外遠征中にノアを飛び出し、WJへと電撃移籍。以降、ノアとは断絶状態。
これまで接触の機会もなく、非常にアンタッチャブルでデリケートな問題とされてきました。
三沢光晴社長(当時)いわく「(大森さんは)二度とノアのリングに上がることはない」。
同期といえる秋山選手いわく「(遠征を推した)小橋(建太)さんが泥被って息もできない」との証言もあり、
もしも対面などしたのなら、天は落ち、大地は裂け、血の雨が降るのではないだろうかと推論されてきた。
プロレス業界全体がタブー視してから9年目。あえて組んだノアvs大森さんなこのカード。
当然、秋山選手の士気も上がり、これがただの試合でないと通告だ。

「俺は祭りに行くんじゃない。大森と勝負に行くんだ。人に『元気がない』と言う前に、おまえが元気ないだろ! 何でお前が全日本にいるのに、3冠王者はおまえじゃなく、俺の名前をあげるんだ?」
(中略)
「そもそもノーフィアーは機能するのか? 2人揃って『ノーフィアー!』って言うのか楽しみだ」と空中分解のまま終わってる2人には、挑発的な言葉で締めくくった。(同上)
なにげに大森さんチェックをずっとしていたという秋山選手。休業期間を経て若干小さくなったボディも指摘。
諏訪魔選手から三冠挑戦者の指名を受けたついでに、糾弾のつっこみも怠らない。
3団体主力選手がそれぞれ均等に参加するほかのカードと見比べても、
このカードは大森さん以外、全員ノアが主戦場という、あきらかに趣違う色合いだ。
冷徹な炎が、一人の「敵」へ向かうとき、一振りの斧は溶けてしまうのか、打ち込まれより激しいものへ変わるのか。
大森さん、やっぱり逃げちゃダメだ。箱舟よりWJを選んだ決意。そして旅館よりプロレスを選んだ決意、僕はここで見たいのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51885963
この記事へのコメント
ああそうか、秋山がTKG48に入らなかったのは、やはりアックスボンバーズとの再会時期の問題だったのか。
Posted by いちふじ at 2011年08月13日 08:02
大森選手にして見れば、「前門の虎、後門の狼」な感じで。 チャンカンで場合によっては闘っていたけどね。果たして帝王さんと嘗ての連携プレーを出せるか?。隠れインテリの大森選手はどう動くか。

後、LEOちゃんの情報有難うございます。サイトでCMを見ました。
Posted by 通り菅井 at 2011年08月13日 08:26
お約束ばかりの退屈なカードだらけだからね
レスラーの側からしても、目の肥えた客の側からしても

さすがにファンにも見透かされちゃってるから、こういうコメントでも出して、闘いがある雰囲気を作らないとね

かっこわり
Posted by 義男 at 2011年08月13日 08:52
●通り菅井さんへ
同じ大会に出ているニアミスはこれまでもあるんですよね。
さて、どうなる大森さん。
Posted by 漁師JJ at 2011年08月13日 08:56
●義男さんへ
まあ、戦いばかりがプロレスでもないってことですよ。
チャリティーだからこそ、華やかに楽しくという発想もアリだと思います。
Posted by 漁師JJ at 2011年08月13日 08:58
この問題はかなりデリケートな問題で、大森さんが悪いともいえない所があるからにゃぁ。
色々な理由(自身が悪くない)でノアで冷遇された大森さん自身、かなり色々ノアの選手たちに思うことはあるだろう。

時を経て、最終的に握手ができる間柄になってればいいなぁ。
Posted by マサ at 2011年08月13日 08:59
発表時点では様々な反応があったATのカードもそれぞれがそれぞれの売りを押し出してきましたね。しかしこのカードはあらゆる意味で大森さんに試練。
四面楚歌な上に、コンディションがよくないパートナーの分も加えて、試合構築は大森さん主体になってもおかしくありません。い、いったいどんな試合になるのか…
Posted by トロピカリ at 2011年08月13日 11:22
『3王者揃い踏み!』とかの無難な仲良しこよしより、やっぱり戦いを見て元気をもらいたいですよねー。

とはいえ、もし大森さんがいつかのように7秒で試合を終わらせて「戦いを見せた」とか言ったら大ブーイング必至だろうな…
Posted by Khacha at 2011年08月13日 12:41
過去のしがらみにまみれた大森さん。

試合後には、ユニオンのリングでおなじみの「よし!これで一つになったな!」が聞ける大逆転な展開に期待!

Posted by ngk at 2011年08月13日 13:15
一番グッドシェイプな体なのも大森さんなんだよなぁ・・・
秋山も高山も体がブサイクになりすぎ
健介は若干マシか
Posted by しかし at 2011年08月13日 15:40
まあ、秋山選手のイラストに感動したという事はJJさんに伝えたいです。素晴らしい描写力だ!
Posted by アニマル仲代 at 2011年08月15日 02:51