2012年10月28日

棚橋弘至「短所も含めて俺。短所も個性です」

TANA-A恥ずべきことはなにもない。自分で決断してきた道なのだから。
11月11日に対戦を控える次期挑戦者・高橋裕二郎選手に過去を掘り下げられて
挑発された第58代IWGPヘビー級王者・棚橋弘至選手。
人間だから過ちはある。失敗もある。でもそれも含めて王者なのです。
2012年10月8日、新日本プロレス・両国国技館大会。9000人もの観客を前に高橋裕二郎選手はマイクで挑発。

高橋「オイ、チャラ男! 今シリーズ、俺がオマエに勝ったという過去は消えない。オマエにはよ、もう一つ、消せない過去があったよな! まあよ、恥じることはねぇよ。あの“10年前の事件”はよ、まさに“男の勲章”だよ! 俺もよ、刺されるほど、女に愛されてみてぇなー、オイ!!(※場内騒然) なあ? この、死にぞこないが! 11月の大阪で! 俺がこのベルトに挑戦する(※大拍手)。…………これマジ!(※大拍手)」(新日本公式
タブーとまでは言わないまでも、表立っては触れてこなかった10年前の11月28日、棚橋選手に起きた、とある事件。
刃渡り約13.2センチメートルのナイフを背中に突き刺され、ろっ骨を貫き、肺まで達する命に係わる重傷を負う。
当時は新聞の1面で報道され、ワイドショーでも連日伝えられました。
消せない過去をほじり王者を揺さぶる挑戦者。10年経てば、ひと昔。忘れていたファンは思い出し、
知らなかったファンも裕二郎選手の一言により知ることになります。
先日の後楽園では小学生低学年の男の子が「タナ、つきあってた女のコにさされたの?」と隣のお父さんに聞いていて、
お父さん気まずそうに「ウン…」と、事件のあらましを説明していましたっけ。

しかし動揺を見せず対処するチャンピオン。両国でも「ぜんぶ背負って、生きてくんだ」と
堂々たる返答をしていますが、今から1年前にもこんな発言をしていました。恥ずべきことはなにもない。

 棚橋 俺はふつうのレスラーとは打たれ強さが違うんです。リング内外、プライベート、普通の選手の比じゃないんで。(中略)
 ――過去にはブーイングを浴びたり、いろいろ言われたりした時代があったからこそ、現在がある?
 棚橋 前にも(サムライTVの番組で)言いましたけど、「批評家になるな。批判される側でいろ」って言葉を聞いたことあるんですけど、その通りですよ。
 ――なんにせよ批判されるのは注目されてる証ですからね。
 棚橋 そうなんですよ。全部俺の手のひらなんで。そもそも俺は短所を短所ととらえてないですから。短所も俺の一部だと思ってますから。短所も含めて俺。短所も個性です。(ベースボールマガジン社「週刊プロレス」NO.1584 2011年7月13日号)
週刊プレイボーイ誌ではもう一歩踏み込んで、この発言。

 棚橋 あれがあるからチャラ男キャラに神通力があるというか…(苦笑)。相手があることなんであまり多くを語りたくはありませんが、過去を否定せずに受け入れてます。(中略)
 力道山先生、ブルーザー・ブロディ、棚橋弘至…この世界3大レスラーの中で刺されても生きているのは僕だけじゃないかって。
 ――そう比べますか!(集英社刊「週刊プレイボーイ」No.6 2月8日号
過去があるから今がある。隠したいものも含めて自分自身。
頭ではわかっていても、「短所も含めて俺」のコトバ、なかなか言えたもんじゃありません。
くじけそうになったこと。落ち込んだこと。どうにもならなかったこともあるでしょう。
イヤなことでも、かわすでなく前から受け止め、受け身を取って。それでも前を向いて立ち上がる。
だからプロレスラーは強いんです。棚橋選手を見ると、ホントにプロレスが好きになる。

さて、精神的揺さぶりをかけたつもりが、微動だにしなかったチャンピオン。
挑戦者・裕二郎選手だってプロレスラー。これにくじけず、コメントをもって攻めていきます。

「オイ、チャンピオン。あの女を大阪に連れてきてナイフ持たせてやる。せいぜい脅えて待ってるんだな」(東スポWEB
……。まさか、ウソだろ!? 11月11日、あの女とはどの女なのか。
動揺を与えるためのハッタリなのか。それでも王者の心は揺るがない。打たれ強さが違うんだ。

【関連】
多重ロマンチック:棚橋、プロレス大賞授賞式翌日は、ビッグスポーツ賞授賞式に出席
11/11(日) 17:00 大阪・大阪府立体育会館〜BODY MAKER コロシアム〜
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/51985603
この記事へのコメント
「あの女にナイフ」このワードの吸引力はスゴい!これマジ。
ゲームメークできる言葉を装備したプロレスラーは化けますね。
あと世界三大ナイフで刺されてたプロレスラーから大仁田を除外した棚橋もなかなかです。
大仁田も生きてるんだよなー
大阪という場所といい11月という時期といい日本人対決といいこのタイトルマッチは今後の展開を面白くする火種になりそうです。
Posted by TJS at 2012年10月28日 11:29
「これマジ!」だったら大変なんだが…
Posted by とら at 2012年10月28日 13:09
●とらさんへ
どうなっちゃうんでしょ…。マジならさすがに動揺が…。
Posted by 漁師JJ at 2012年10月28日 18:09
●TJSさんへ
気付いたらライブドアのブログニュースとしてピックアップされてました。あわわ。
ホントに吸引力、スゴい! 大阪決戦、多くの人に関心持ってほしいですね。
Posted by 漁師JJ at 2012年10月28日 18:18
「あの女を大阪に連れてきてナイフを持たせてやる」って、物騒かつ2時間のサスペンスドラマの犯人の犯行の手口の一つみたい。

でも、その女性を連れてきて、「俺、この女性と結婚する。これマジ!」と言ったら、違った意味での精神攻撃で会場ひっくり返るだろうな・・・まあそんな非現実な展開は起きないけど。
Posted by 通り菅井 at 2012年10月28日 22:19
●通り菅井さんへ
そんな展開、キャーーー!!!
Posted by 漁師JJ at 2012年11月05日 06:39