2013年10月09日

ウルティモな遺伝子たち【追記】

ウルティモ校長東京スポーツ「東スポお宝写真館」にて1986年3月27日の新日本プロレス・道場の写真が掲載。
そこには若き日のウルティモ・ドラゴン選手が写っていた。
のちにプロレス学校「闘龍門」を設立し、休校している今でも
校長の愛称で親しまれるウルティモ選手。
各団体への生徒輩出具合を今一度しらべてみる。
※情報をいただいた皆さん、ありがとうございます!
東スポWEB、10月6日更新分で紙面連載コラム、東スポお宝写真館がアップ。
「新日の「赤いジャージー」手にできなかった究極龍」と題されたその写真に写るのは、
覆面を被る前のウルティモ・ドラゴン校長。浅井嘉浩さんの姿でした。

 で、中央の見慣れぬ青年が誰かというと、新日本プロレスの練習生だった時期のウルティモ・ドラゴン(浅井嘉浩)だ。練習生として合宿所、道場とヤングライオン勢と寝食や練習を共にしながらも、浅井は「体が小さい」との理由で入門テスト不合格。試合出場どころか正式メンバーとして認められていなかったため、新日プロ伝統の赤いジャージーも支給されるに至らず、自前の練習着で練習に参加していたのだった。
(中略)
 小柄ゆえに新日プロで入門が認められず、辛酸をなめた浅井だったが、そのころに学んだノウハウを生かし、体の大小に関係なくプロレスラーへの門戸を効率的に開くシステムを構築。現在、日本マット界は新日プロの看板選手であるオカダ・カズチカをはじめ、ほぼ全団体に弟子&孫弟子を含めた「浅井チルドレン」が在籍し一大勢力を占めており、その影響力は計り知れない。名古屋出身、浅井のプロレス人生は現代版の太閤記だ。(東スポ
では、各団体に散らばる龍の遺伝子をまとめてみます。
ドラゴンゲートにおいては(ほぼ)全選手が弟子、孫弟子にあたるので割愛。主戦場別、順不同で並べます。

■プロレスリング・ノア
石森太二、SUWA(フリー)、
大原はじめ(フリー)、梶原慧(ダイヤモンドリング)

■WRESTLE-1
近藤修司

■新日本プロレス
オカダ・カズチカ
中西学(※大技・ヘラクレスカッターに関してのみ)

■天龍プロジェクト
"brother"YASSHI、TARU(ともにフリー)

■みちのくプロレス
大柳錦也、  卍丸、
野橋太郎、南野タケシ、
Ken45°、ラッセ、
ダイナマイト東北
カツオ

■大阪プロレス
松山勘十郎、タダスケ

■九州プロレス
めんたい☆キッド

■沖縄プロレス
めんそ〜れ親父

■ZERO1
菅原拓也

■DDT
大鷲透(大鷲プロレス)
大家健、マサ高梨(ともに闘龍門中退)

■SECRET BASE
清水基嗣、ベアー福田、
スパーク青木、小川内潤、
アミーゴ鈴木、CHANGO

■大日本プロレス
稲葉雅人、ヤマダマンポンド、
ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀(以上、フリー)

ちょっと前までは新日本にミラノ先生(ミラノコレクションA.T.)が所属していたりとメジャー3団体も均等に散ってたのですが、
世代交代が進み、メジャーでは多少減りましたが、それでもこの人数、活躍度は素晴らしい。
大日本プロレス・デスマッチ戦線にも顔を出す稲葉雅人、ヤマダマンポンド選手は
後継団体エルドラド・デビューのいわば孫弟子となります(ヤマダ選手は闘龍門14期生)。
団体カラーを考えると、大日本にこれだけ多いというのも意外なもの。

また、ザ・グレート・サスケ、スペル・デルフィン、邪道&外道選手をはじめとするユニバーサルプロレス
(身の丈が低い選手に門戸を開いた国内初のルチャ・リブレ団体。初期のエースが浅井嘉浩選手)出身者のみなさんも、
究極龍なくしてはプロレスラーになれなかったという意味では、大いに影響を受けた選手でありましょうし、
そう考えると現在、新日本プロレスを席巻するオカダ・カズチカ選手と外道選手のコンビというのは、
運命の必然のようなものさえ感じられる、この不思議。


ばらもん

ぎゃー
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/52041670
この記事へのコメント
バーラーモン!バーラーモン!
Posted by いちふじ at 2013年10月09日 08:03
鷲関も…
Posted by KOW(つ∀`) at 2013年10月09日 08:39
ほんと日本のプロレスを下支えしてるのはウルティモの血統とアニ浜さんの血統ですね。
Posted by TJS at 2013年10月09日 09:56
漁師さんにはバラモンの裁きを〜!(笑)
Posted by ななし at 2013年10月09日 12:52
フィリップJ福政、ガジャルド、シャドーフェニックス(ムルシエラゴ)、花岡大介、ラスカル松崎、ジェット省吾は何してるんだろう? 引退した杉卓也と三島来夢とスパーク青木はどうしてるだろうか?タダスケとHAYATAは闘龍門出身だったしなあ。
Posted by 独裁者トリプルH at 2013年10月10日 07:06
杉は引退は確かしてないけど多分もう二度とは…
Posted by 75 at 2013年10月10日 16:19
マッケンローって校長+中西さんが生み出したんじゃなかったでしたっけ。
あ、勘違いかも。
育て上手?プロデュース上手は稀有な才能ですね。
Posted by アオ at 2013年10月10日 21:10
とりあえず今回の漫画は、ちびっとだけ藤子A先生風味。バラモンがくる!!
Posted by 粒 at 2013年10月10日 21:48
●粒さんへ
意識はしてませんが、僕もレジェンドにどこかで影響を受けてるのかも…。
次回よりオチの枠線は太い感じにいたします(怒られます。
Posted by 漁師JJ at 2013年10月11日 00:15
●いちふじさん、 KOW(つ∀`)さん、ななしさんへ
さばかれてみました。
Posted by 漁師JJ at 2013年10月11日 00:16
めんたい☆選手が、闘龍〜みちのくと聞いて調べたら、あの人だったのかぁ。このサイトにきて良かった。
Posted by ROCK at 2013年10月12日 08:37
●ROCKさんへ
こういう発見や腹オチ具合もプロレスの醍醐味でありますよね。
Posted by 漁師JJ at 2013年10月13日 23:29