2014年04月25日

プロレスは、2ちゃんねるまとめサイトに適合できるか

きらーらびっと日本のインターネット人口が9000万人を超える中、多大なるアクセスを稼ぎ、
いまや一大メディアと化しているという「2ちゃんまとめサイト」。
ゼロ年代中盤に大きくなったこのメディアを、
視点をリニューアルする情報誌「サイゾー」2014年5月号で大特集。
「2ちゃんまとめサイト」と「オタクカルチャー」。それでも侵攻できないプロレスジャンル。
株式会社サイゾー「サイゾー」5月号「人気サイト100億PVのカラクリ」内にて、
「2ちゃんまとめサイトとオタクカルチャー」と題され、2ちゃんまとめサイトが取り上げられています。
特集ではオタクジャンル別に男性アイドル、女性アイドル、アニメ、ゲーム、スポーツ(野球、サッカー)、プロレスと
まとめブログ模様を追っているのですが、プロレスジャンルだけは「まとめブログ」が流行らず廃れ、
「ディープな世界なわりにまとめ少なく残念」という評価。
その中からサイゾー紙がピックアップしたプロレスまとめブログは以下の3サイト。

イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト> 2013年8月開始。2014年3月をもって更新停止中。
コンニャク速報 プロレス格闘技芸能まとめ> 2013年8月開始。ブログ名を改めるなどし、現在も更新中。

そして……。
wj総合スレッド前スレのまとめ跡地> 2006年6月開始。2007年4月更新停止
(唯一の2ちゃんまとめブーム以前からのエントリ−)きたか。

ぶっちゃけ活況があるとは言い難い。紙面分析によると、団体ごとにファン層が違い、細分化されていることを挙げています。
そして「新規ファンに新たな潮流を産み出すパワーはない」と書かれていますが、これはちょっと違うと思うんですよね。
もともとプロレスは活字プロレスと呼ばれる潮流の影響なのか、独自の意見を発する個人ブログの力が強く、
意見の収束場所が2ちゃんねるにとどまらない傾向がありました。

もっとも「まとめ」自体が求められてないわけではなく、近年では全日本プロレス新オーナーの
フェイスブックでの発言をまとめた「白石伸生Facebook発言史」さん。
NEVERまとめの実績をブログに変換した「さぶこんシャス」さん、
一日のプロレス情報を冒頭でまとまる「カクトウログ」さんなども広義のまとめサイトの性格を持つし、
ブラックアイ2」さんもコラムより情報の並列が好評を得ていました。

そもそもそこはプロレスがすでに通ってきた道。黎明期にはレジェンドがおりました。
プロレスと総合格闘技がまだないまぜ。そんなゼロ年代のトップを取っていたブログ。

自分がブログを始めたころ。2004年には更新スピードが弱まって、2005頃に完全休止。
されども人気ブログランキング・格闘技部門では長らくトップに君臨していた
こーせーさん執筆の「兎のニールキック」(http://usanee.2log.net/ 跡地)。超辛口な論評は賛否ありましたが、
今はなき「2ch-blog(ちゃぶろ)」で運営していたことも含め2ちゃんまとめブログの元祖かもれません
(いやまあ、ほかのジャンルは知らないけれども)。
うさニーさんにしてもスレッドを取り上げつつ、合間合間に自分の意見をレスポンスしていたので、
2014年現在のまとめサイトと比べると、きわめて顔の見えるブログでした。


野球、サッカーと違って一般メディアからの発信が少ないからトピックが立ちにくい。
ゆえに「現地からの実況中継」というのがユーザーが求めるポイントとなるのだけれど、
2ちゃんねるでは負荷の問題から外部推奨されるのに対し、ツイッターでは可能だったり……。
まあ、考えられる要因はいろいろある。
そしてプロレスはアンダーグラウンドかもしれないけれど、だからこそまとめが2ちゃんねるという枠に収まり切らず、
よりわかりやすく解きほぐす必要性から個人ブログが発展していったんじゃないのかなあと思うのですよね。

プロレスは、2ちゃんねるまとめサイトに適合できるか。いやいや、そんな小さな枠には収まり切らんぜ、と僕はこう思うのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/52067906
この記事へのコメント
wjスレの全盛期がまとめスレよりずっと先だった。
それだけの事と言えばそれだけだな、ウン。
Posted by 嘆きの唐変木 at 2014年04月25日 08:15
逆説的に読めばなぜ多重ロマンチックが永らく続いているのかも読み取れますね。
結局どんな媒体であれジャンルであれ最後は主宰者の覚悟なんだと思います。
Posted by TJS at 2014年04月25日 08:53
そもそも需要があるんですかね…?
Posted by りゅう at 2014年04月25日 08:58
今のまとめはビジネスだから、プロレスまとめにビジネス価値(PV数による広告)が取れないので収入がなく一定期間してやめちゃう。広告収入が稼げるなら個人から企業にシフトしてでも継続。

プロレス関係の管理人はファンというのもあるが、ライターという気概もあるからまとめサイトみたいな集合知で入り乱れるサイト運営なんかビジネスライクで稼ぎがなければ無理でしょう。プオタだとどうしても団体の好き嫌いがサイトに出るのでそれで見る人間も分断されてPVが下がる。

ブラックアイ → インディー好き
カクトウログ → 前田信者

どうしても色は出る。

Posted by ペテルマン at 2014年04月25日 10:34
プロレスは常に時代の先をいってんだって!
Posted by ノーネーム at 2014年04月25日 13:04
別冊宝島が2ちゃんねるまとめだろうとかそんなこと言っちゃダメだぞ。そうじゃない記事の方が多いんだから
Posted by いちふじ at 2014年04月25日 18:18
●嘆きの唐変木さんへ
ネットの世界でもwjは先駆者だったんや!
Posted by 漁師JJ at 2014年04月26日 01:07
●りゅうさんへ
現状ないでしょうねえ。文中にも書きましたが、同じネタでも
整理整頓して書き下してらっしゃるブログが多々あるわけですし。
Posted by 漁師JJ at 2014年04月26日 01:13
こう見ると、プロレスのまとめサイトは少ないですね。
アニメだと深夜アニメ中心にアニメや声優ネタが有るし、アイドルだとあのアイドル、このアイドルと。
プロレスは細分化されすぎて回らない部分は有るのか?。

まとめサイトも管理人のしかた次第で炎上も免れないし。
最初はゲームやだけが、何時の間にかアニメも取り上げ、仕舞いには芸能や政治まで取り上げてしまい方向性が見えなくなった大手まとめサイトも有るし。

2ちゃんとプロレスだと、去年の中頃からハンドルネームをプロレス技にしている所が有るが誰が始めたのか?。
Posted by 通り菅井 at 2014年04月26日 09:29
僕はいろいろな人の意見が聞きたいからまとめブログの方が好きだな
しかし、サイトが少なすぎる残念
Posted by at 2014年05月10日 10:23