2014年05月22日

AJスタイルズは「スーパージュニアスタイルズ」

AJ2014年5月3日、福岡国際センター大会でオカダ・カズチカ選手を下し、
第60代IWGPヘビー級王座に輝いたAJスタイルズ選手。
名前のAJは本名(Allen Jones)に由来すると思われますが、
そのファイトスタイルのルーツは、「スーパージュニアスタイルズ」。

2002年6月19日、米国TNAで新設されたXディビジョン選手権をダブルイリミネーションマッチで制し、
初代王者として一躍名を挙げたAJスタイルズ選手。
当時からその試合スタイルはジャパニーズジュニアのスタイルを無差別級にしたもの、と言われていましたが、
第60代IWGPヘビー級王者となった今、本人の口から改めて明言されました。
週刊プロレス誌上でのインタビューより。

(ファイトスタイルは)「俺たちが“スーパージュニアスタイル”と呼んでいる90年代のニュージャパンのジュニアヘビー級のスタイルを積極的に取り入れた。だからXディビジョンではみんな自由に戦えたしそれによっていろんな新しいスタイルが生まれていった」(ベースボールマガジン社「週刊プロレス」No.1740 6月4日号)
アメリカだけでないメキシコでもない。ヨーロピアンでもない。
すべてが入ったジャパニーズジュニアスタイル。それがスーパージュニアスタイルズ。
90年代新日本で活躍した獣神サンダー・ライガー選手やエル・サムライ選手、金本浩二選手。
そしてワイルドペガサス(クリス・ベノイ)、ブラックタイガー(エディ・ゲレロ)らが切磋琢磨して構築したスタイルです。

その試合を見て以来、AJ選手は自分の理想の試合スタイルとし、同時に日本にあこがれを抱き、
2003年1月5日、ZERO―ONE USA後楽園大会でに初来日(対ロウ・キー)、
2005年8月4日には、上井文彦駅長の推薦を受けWRESTLE-1両国大会参戦(対カズ・ハヤシ)
2008年1月4日、新日本プロレスに初参戦。クリスチャン・ケイジ&ピーティー・ウィリアムズ選手と組み、
稔&ミラノコレクションA.T. &プリンス・デヴィット組という「ゼロ年代型新日本ジュニア」と対戦と、
徐々にステップを踏んでいくのでした。

「スーパージュニアスタイルズ」はヘビー級でもない、ジュニア級でもない、
さりとてスーパーヘビー級相手でも関係なく戦えるスタイルだといいます。
AJ選手自身、現在の身長体重は公称でも「180cm 98kg」

ビッグバン・ベイダー(第4代、第7代、第10代=米国)身長190cm 体重170kg
サルマン・ハシミコフ(第5代=旧ソ連) 身長180cm 体重120kg
グレート・ムタ(第13代=魔界) 身長188cm 体重110kg
スコット・ノートン(第23代、第28代=米国) 身長190cm 体重160kg
ボブ・サップ(第37代=米国) 身長200cm 体重145kg
ブロック・レスナー(第44代=米国) 身長190cm 体重120kg

歴代外国人IWGPヘビー級王者と比べても小さく軽いばかりか、
日本人を含めてもおそらく棚橋弘至選手の103kgが最軽量。
初挑戦初戴冠ばかりが強調されているようですが、
AJ選手の体格での王座奪取はよくよく考えたらものスゴい快挙なのではないかしら。

G1を見てプロレスラーになったという噂はあまり聞かないけれど、
スーパージュニア、新日本ジュニアがきっかけという選手は国内、国外幾数多。
オカダ・カズチカ選手もプロレスの入り口は、ゲーム「闘魂炎導」(NINTENDO64)経由でテレビ録画して観た
金本浩二&田中稔組vsドクトル・ワグナーJr.&シルバーキング組戦(2001年2月、IWGPジュニアタッグ王座戦)!
体重によるくくりがあるだけであって、そのスタイルの発信力はG1にも劣らない最高峰。
影響下にあるAJスタイルズ選手が、図らずもそれを証明しているのかもしれないですね。

ということで、2014年のベスト・オブ・スーパージュニアは
ジュニア王者もAJスタイルズ選手も出ませんが、5月30日、東京・後楽園ホールで開幕戦!
スーパージュニアとは階級の名前であるだけでなく、素晴らしいファイトスタイルの名称でもあります。

【関連】
多重ロマンチック:G1クライマックスに挑戦したジュニアヘビー級戦士
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/52071485
この記事へのコメント
たしか、AJはWJの旗揚げ戦にも参戦してスタイルズ・クラッシュを披露していたと思います(勘違いだったら申し訳ない)。というわけで、AJ率いる新生バレクラは現・新日内におけるWJ軍……なわけないか。
Posted by ほにょ at 2014年05月22日 23:21
AJスタイルズが出たのはWJじゃなくてNKPWA=新韓国プロレスかと…ということは
AJ率いる新生バレクラは現・新日内における新韓国プロレス軍…もっとひどいわ
Posted by いちふじ at 2014年05月22日 23:50
ありゃほんとだ。じゃあ何とWJを間違えたんだろう?BMLの最初のDVDかな?旗揚げ戦と第2戦。もしそうだとすれば、新生バレクラは現・新日内の上井軍ということで…お粗末。







Posted by ほにょ at 2014年05月23日 00:39
twitter前夜は書き文字でも話言葉でも「スーパーJr.」でしたが最近の書き文字はすっかり「BOSJ」に移り変わりましたね。
表記は変われど初夏のワクワクは歳を重ねても変わりません。
BOSJシリーズだけ特別に保永レフェリー同行とかサプライズないかなー
Posted by TJS at 2014年05月23日 07:47