2015年06月24日

高岩竜一「俺はお前に恋をした」/6・20花鳥風月

たかいわ6月20日、夜は「花鳥風月流ハインリッヒの法則」と銘打たれた
シアタープロレス東京花鳥風月大会が東京・王子神谷で行われました。
三尾選手にジョシュ選手と東京メンバーが月闘に乗り込んだこの日、
月闘メンバーもクロスするように、プロレスルールに参戦です。

▼第1試合 東京花鳥風月・川島真織デビュー戦 シングルマッチ30分1本勝負
×川島真織(東京花鳥風月) (7分10秒 逆エビ固め)塚本拓海○

川島選手の入場曲は横浜銀蝿で「ぶっちぎりRock'n Roll」。
人数も多くなってきた花鳥風月ですが、はやくトップ陣へぶっちぎりの食い込みを見せてほしいもの。
……と思ってたら次回大会は道頓堀プロレス・政宗選手のパートナーに大抜擢!?


▼第2試合タッグマッチ30分1本勝負
瓦井寿也(東京花鳥風月)&松本崇寿(鎌倉花鳥風月) vsリッキー・フジ(K-DOJO)&マッチョ・マイケルズ
○リッキー(11分58秒 変形DDT→体固め)瓦井×

それにしてもアメリカンタッグ、雰囲気作りが上手いし、強い!


▼第3試合シングルマッチ30分1本勝負
×江利川祐(東京花鳥風月) (8分13秒 変形パイルドライバー→体固め)吹本賢児(FREEDOMS)○


▼第4試合 タッグマッチ30分1本勝負
ジョシュ・オブライエン(東京花鳥風月)&たけむら光一(王子キツネ空手軍)vs塚本拓海&HAMATANI
○ジョシュ(10分16秒 片エビ固め)HAMATANI×


▼セミファイナル タッグマッチ30分1本勝負
「ハットトリック」服部健太(東京花鳥風月)&三尾祥久(東京花鳥風月)vs「オウンゴール」スペース・レッド&神楽(666)
○服部 (15分44秒 ジャーマンスープレックスホールド)レッド×

光GENJI「スターライト」で舞い踊り入場するハットトリックに対し、KinKi Kids「硝子の少年」で対抗するオウンゴール。
ダンスはキング・オブ・ポップ、マイケルさんの「スリラー」ぽかったけれど気にしない。
汚い手で勝ちやがって! 俺たちはダンスの練習で忙しかったんだ! と連敗も気にせずのオウンゴール。
次のタッグリーグ、見ておれ! と予告するも「所属選手限定だからお前ら出られないんだよ!」と服部選手にツッコまれる。


▼メインイベントタッグマッチ30分1本勝負
勝村周一朗(鎌倉花鳥風月)&山本裕次郎(鎌倉花鳥風月)vs高岩竜一&ウルフ・スター☆
○高岩(19分25秒 デスバレーボム→片エビ固め)山本×

昼興行の6・17誕生日コンビが、実はともに7月5日誕生日。高岩&ウルフ組と対戦。
一度はシングルマッチで激突した勝村選手と高岩選手が火花バチバチ。試合が終わるとまさかの告白。
「勝村。俺はお前に恋をした。勘違いするなよ、下半身的な意味じゃないぞ。
フリーになって十数年。追いかける人物はいなかった。お前は俺にとって久々に追いかけられる存在なんだよ」
こちらもタッグリーグ出場を直訴すると、セミと同様のツッコミを受けますが……。
高岩選手いわく、この団体は高岩選手率いる「高岩風月」だったという。いつの間にか乗っ取られてた!
事態は7月20日まで、トゥー・ビー・コンテニュー。

【お昼の様子はこちら】
強さからの遊び心/6・20「月闘」第4章
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryosijj/52123070
この記事へのコメント
キャリアの長さを考えれば高岩風月でもいっこうに構わない気もするのですが、それはそれとして。

なんかワープロでのオーマイ&ガーファンクルの如く、オリビア・ニュートンジョンの"I Honestly Love You"をBGMに流したくなる光景ですわね。この曲の邦題は"愛の告白"……。
Posted by ほにょ at 2015年06月24日 19:57