「シン・ゴジラ」を鑑賞した。今すぐレビューをまとめたいほどの衝撃を受けたが、あいにく私用のためその時間がない。そこで箇条書きの形式で感想を整理し、備忘録としたい。なおネタバレに関しては配慮しないが、作品に対する全体的なレビューを企図するため、具体的な展開にまでは踏み込まない。鑑賞を迷われているのならば、読んで検討して頂けると幸いである。


絶賛
■凄まじく面白いエンターテイメントである
・前半部のリアリティーに富んだ政治劇、公務に携わる人々の生き様、そして戦闘シーン、全てに躍動感があり味わい深い
・映像効果が素晴らしく、自衛隊の苦闘、そして街の破壊が迫ってくるかのように描かれている(CG等が優れているというわけではないが、見せ方が良い)
・演出が卓越しており、あっと思わせる展開の連続で、しかし緩急にも優れており飽きることがない

■紛うことなくゴジラ映画であった
・初代や'84を思わせるハード路線で、特に政府・自衛隊の描写への拘りは唸るほかない出来栄え
・一方で諸設定は平成VSシリーズの興味深いところを集めたかのようであり、実にゴジラ的
・特撮を愛す一方でゴジラの人間ではない、“外様”の庵野監督だからこそできた斬新にして王道(良い意味でベタ)な、突き詰めたゴジラ映画だったと言える


批判
■極めて強い既視感
・監督名が隠されていても分かるのではと思うほど、庵野監督の既存作品と演出・展開が似通っている
(・あのテーマ曲と作戦の推移を前にして、ヤシマ作戦を思い浮かべないことは不可能と思われる)
・上段のゴジラ映画として突き詰められていることとの兼ね合いで、ブレイクスルーと言えるほどの新奇性については乏しかった
・ゴジラの造形が前衛的な一方で、内容自体は良くも悪くも手堅い

■やや残るちぐはぐな印象
・再びゴジラ映画として突き詰められていることと関連して、食い合わせの悪い要素も少数ある
・巨災対のやや戯画的な描写や、米国特使の強烈なパーソナリティは、骨太の政治ドラマと相性が悪いと感じた
(・しかし上述がなければ映画は極めて重苦しくなり、エンターテイメントしては失策となる可能性はある)

■テーマの(個人的には)リアリティの乏しさ
・この映画の主題は未曾有の危機に際して立ち上がる人々の描写、すなわち日本はまだまだ戦えるという命題の描写であると考える
・しかし現実に矢口はいない。また少子化、貧困化、衆愚化等々の巨大な災厄を前にしても、なお戦いは起こりそうにない
・映画に政治的リアリティを求めないというスタンスも可能だが、政治性をテーマとしている以上、そのリアリティは批判の対象足りえると考える
・まさしく劇中で矢口が述べるように、“根拠の無い楽観論”(=日本はまだまだ戦える)ほど事態の悪化を招くものはないのではないだろうか


総評
・近年のジリ貧とも言われる邦画界の環境で、ここまでの秀作を練り上げた功績は余りある
・このブームを皮切りに、再び日本のゴジラシリーズが始まるとすれば庵野監督に足を向けては眠れない
・一方で全ての要素で85点という印象で、エンタメならスペゴジやギャレゴジ、人間ドラマならビオランテ、政治色なら初代・ヘドラなどなど、より特化した作品は思い当たる
・テーマについては議論の余地がある(あるいはこれこそがこの映画の虚構なのか)
(・ラストカットはほんとQの印象しかなくて不安しかないから別路線をどうか……)

結論
・USゴジも日本ゴジも続編が楽しみ!