sms日記

Short Message Serviceじゃないよ!

nginxでLet's Encryptを使う場合はfullchain.pemを指定する

そのまんま。
05

続きを読む

JetBrains ToolBox Appが便利

マジ便利。

少なくとも複数IDE使ってる人は使うべき
https://www.jetbrains.com/toolbox/app/

今年Amazonで買ったもの

1年ぶりのエントリです。例によってギフトのみです。前回の記事はこちら
なお、日付はAmazonの配達完了日(or 注文日です)


続きを読む

CloudGarage上にJIRA(とConfluence)を構築した話(その4 罠編)

この記事は#CloudGarage Advent Calendarの14日目です
前回まででCloudGarage上にJIRA(とConfluence)を構築できました。(その1その2その3

今回は、構築時につまづいたところ、「つまづきそうだな」と思ったところなどを紹介してシリーズを完結しようと思います。
(CloudGarageのAdvent Calendarと言いつつ、CloudGarage関係ない話もあるけど気にしない)

※ 本編には「罠」という単語が登場しますが、「本人の理解不足によるつまづきポイント」くらいの意味で使用しています。



続きを読む

AWS Elastic BeanstalkでRDSをEB内に立ててはいけない

EB使ってますかEB?細かい特徴は公式見て下さい。
AWS Elastic Beanstalk

お気軽にEC2とロードバランサー(とRDS)がセットで起動できて、うまく使えば便利なんですが、細かい調整しようと思うとハマりポイントもあるヤツです。
ということで、今回はEB環境内にRDSを立てた時に困った件です。


続きを読む

SpringのRestTemplateを使ってMackerelにサービスメトリックを投稿する

@ryosmsです
この記事はMackerel Advent Calendarの8日目です。

つい最近、JavaなプロジェクトからMackerelにサービスメトリックを投稿した時に、Spring FrameworkのRestTemplateを使ったらめっちょ簡単だったので紹介します。

今回はサービスメトリックの投稿をやっていきますが、MackerelのAPIドキュメントを眺めてると大体のことはできそうですね。
(オーガニゼーションごとに発行するAPIキーで認証を行うので「アカウントが参加しているオーガニゼーションの一覧」みたいのは取れなさそうですが、そこはAPI v1に期待しましょう)



続きを読む

CloudGarage上にJIRA(とConfluence)を構築した話(その3 JIRAとConfluenceの接続編)

2018/3/23 追記
証明書のインストールとかしなくてもちゃんとした設定をしてれば普通につながります
→ nginxでLet's Encryptを使う場合はfullchain.pemを指定する
2018/3/23 追記おしまい

はい、というわけでCloudGarage上にJIRAを構築した話の続編です。(その1その2

せっかくJIRAとConfluenceを立てたので、それぞれを接続して相互に行き来ができるようにしたいと思います。

JIRAとConfluenceを接続するには、どちらかの管理画面から「アプリケーションリンク」を追加すればいいだけです。簡単ですね。

以上終了。



続きを読む

CloudGarage上にJIRA(とConfluence)を構築した話(その2 JIRA編)

というわけで今日はCloudGarage上にJIRAを構築した話の続きです。
CloudGarageではインスタンスが3台(以上)立ち上げられるので、以下のような構成を作ることにします。
  1. JIRA(とConfluence)用のDB(PostgreSQL)インスタンス
  2. JIRAアプリケーションを実行するインスタンス
  3. Confluenceアプリケーションを実行するインスタンス
  4. 各インスタンスはMackerelで監視
構築に使用した設定ファイル(のテンプレート)等はGitLabに置いてあります。



続きを読む

CloudGarage上にJIRA(とConfluence)を構築した話(その1 DB編)

というわけで今日はCloudGarage上にJIRAを構築していこうと思うわけです。
CloudGarageではインスタンスが3台(以上)立ち上げられるので、以下のような構成を作ることにします。
  1. JIRA(とConfluence)用のDB(PostgreSQL)インスタンス
  2. JIRAアプリケーションを実行するインスタンス
  3. Confluenceアプリケーションを実行するインスタンス
  4. 各インスタンスはMackerelで監視
構築に使用した設定ファイル(のテンプレート)等はGitLabに置いてあります。




続きを読む

API Gateway + Lambdaな環境でアクセス元IPアドレスを取得する

お久しぶりです。ryosmsです。

というわけで本日のお題はAPI Gateway + Lambdaです。
というか、AWS SAM LocalでデプロイしたAPI Gateway + Lambdaな環境のお話です。
Lambdaの実装はPythonでやってます。他の言語で実装した場合も同じかどうかは知りません。

AWS SAM Localとはなんぞや?という人は以下のAWSのブログを見たらいいと思います。
AWS SAM Local(ベータ版) – サーバーレスアプリケーションをローカルに構築してテストする | Amazon Web Services ブログ


続きを読む
記事検索
プロフィール

ryosms

楽天市場
  • ライブドアブログ