2010年05月20日

浜岡原子力発電所へ。

 商工会議所青年部の有志にて

(中電)浜岡原子力発電所の見学に行ってきました。


PR館にて発電所の概要説明を受けます。

20100515_133140001
 

20100515_141230006


20100515_135528004


20100515_133418002


20100515_133440003



PR館展望所よりの眺め。

20100515_141439008


20100515_141522009



原子炉の模型にて説明を受けます。

20100515_142644010



研修棟も見学させていただきました。

20100515_160245012


20100515_160339013


運転員の方々が訓練するシュミレーター。

20100515_160943014



操作室後方にある管理室。↓

ここから訓練中の運転員に対し

教官が色々な情報を入力します。

20100515_161035015


ここでは、事故やトラブルのあった事例を

繰り返さない為にも現物を保管し展示しています。

20100515_161955023


20100515_162054024


20100515_162127025


20100515_162221027


20100515_162311028



 原子力発電所の怖さというものは

事故後の影響や被害によるものです。


 安全対策や訓練、防災には

ありとあらゆる対策がなされていますが

100%安全という事はありえません。


最近では世界中で「原発ルネッサンス」

とも言われる時代であり

製造メーカーも高性能な原子力施設の開発に

取り組んでいます。


国内においても原発増設が検討される中、

他人事のように思えないものです。



 翌日は 御前崎市の商工会と懇談をしました。
 
原子力発電所においての

風評被害や将来性について話し合いました。

20100516_093158002



牧の原地域においては製茶業等農業が盛んであり

御前崎市では漁業が盛んのようでした。

しかし、原子力事故等が発生した時には

時期的に影響はあるものの、

普段はそれ程影響なさそうな話しでした。

しかし、原発建設後は1次産業よりも

2次産業中心の産業構成となった為

昔に比べると1次産業は衰退傾向ですが

恩恵を受けている人達が多いのも事実でしょう。


交付金によって建設された球場、市民プール

学校施設、図書館、公共施設なども見て廻りましたが

どれも立派な施設が多く目立ち、周辺住民との協働は

地益とリスクのバランスによって保たれ

情報公開や報告、対応において信頼が築かれています。


20100516_083014001



懇談において 私達の尾鷲からみても

工業、商業においては羨ましいものもありました。

商工会議所の青年部として

今後の地域産業の将来を考える上で

代替案も含め様々な角度から勉強していかなければ

ならないと感じました。









ryosoutakemi at 12:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)最近の出来事 

2010年04月15日

念願の千尋峠へ

 以前から行ってみたかった

「千尋峠」に連れて行ってもらいました。

メンバーは友人のFさん、Uさん、

元営林署職員のYさんの4名で山歩きです。


この林道はオフロードの練習に

行ってみたかったので確認がてら

私はバイクで付いていく事にしました。


千尋峠は隣町の紀北町から

大台町の大杉村に抜ける奥深い林道です。

麓付近から見える山並みに

小さく滝が見えます。


20100414_095936001


綺麗な青空が広がり、

暖かな陽気で山歩きには丁度良い感じで、

期待感を更に膨らみませながら登り始めました。

20100414_100210002


林道を進んで行くと

さっき見えた滝に段々と近付いてくるのが判ります。

20100414_101052003


林道途中にある花咲峠の分岐点で休憩しました。
20100414_102054005

20100414_101943004


沢向こうに渡ると林道があるようです。

その先の尾根付近では林道が開け

広場となっていました。

20100414_102754006


風化寸前の自動車。


その先には千尋随道があり

トンネル出口にはゲートがあります。

20100414_103447007


20100414_104716008



ゲートを越え峠を下っていくと

大きな一本杉があり休憩しながら周囲を散策しました。

そこには営林署の事務所?宿場跡があります。

↓ 風呂場跡
20100414_105346009


川を渡ると樹齢約400年の一本杉が聳えていました。

20100414_105801013

20100414_105450010

20100414_105537011

20100414_105713012



水槽や竈跡、石垣など

昔の生活模様がうかがえます。

20100414_105859014

20100414_105927015


20100414_110333017

20100414_110028016


20100414_110621018

20100414_113007021


当時の営林署集材跡地まで辿り着きました。

20100414_113809022

20100414_113941024


20100414_114814025

20100414_115016026


ここから対岸まで約200mワンスパンの

架線を張っていたそうです。

20100414_113928023


作業の為歩いて対岸まで行くのには

2時間程掛かったそうで、

当時はこの架線で渡る事も多かったようです。

しかし、谷間を吹く風も強く

このワンスパンの架線では

中央部分は大きく振られ

相当怖かったとの事でした。



基礎跡の裏には如来像が倒れていました。

当時の険しい状況では、行き倒れや事故などで

亡くなってしまわれた方が多くみえたようです。

20100414_115251027

20100414_115328028


ここにあったであろう場所に据え直しておきました。

20100414_115407030


20100414_115759031

20100414_115958033


20100414_115903032



この先には千尋滝があり、

滝の頂に行く事が出来るという話を聞き

標高差約130mの魅力に負け行く事にしました。


林道から外れ川原に降り滝口に向います。

20100414_120153035

20100414_123154036


川原、山道を繰り返しながら歩いていきます。

20100414_123411037

20100414_130057038


千尋滝の頂部が見えてきました。

20100414_130304039

20100414_130318040


川原から集約された水流や音は迫力があり

ギリギリまで近付いて見ましたが

残念ながら下は見えませんでした。

20100414_130632041

20100414_130751042



今回は営林署にて長年勤務された職員の

Yさんが居てくれた事で各所の案内や

苦労話などしていただく事が出来

ありがたかったです。

又機会があればお願いしたいです。




ryosoutakemi at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)東紀州について 

2010年04月08日

さくら???


 桜も散り始め桜の木も青葉が目立ち始めました。


Jさんと市役所の駐車場を歩いていると

「これも桜さなぁ」と桜を見上げながら言うので

観て見るとよく見る桜に混じり

薄い黄緑色の花をつけた木がありました。

20100408_122655001



確かに幹や花びらは桜ですが不思議な感じです。

20100408_122855002


近くにいたTさんに聞いてみたら

ウコン桜」との事でした。

咲き始めは薄い黄緑色で

終盤には薄桃色に変わるそうです。

20100408_123241004


桜は薄い桃色といった

私の中の固定概念が砕かれましたが

今まで気づく事が出来なかった事への

発見に嬉しくなりました。


太い幹から細い枝が生え

その先には枝から想像出来ないような

立派な八重咲きが付いていました。

20100408_123005003



 草木の芽吹くこの時期は

人間にとっても貴重な時期かも

しれませんね。


何事にも多角から見れるよう

心掛けたいと思います。




ryosoutakemi at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫吉の散歩道 

2010年03月09日

久しぶりに母校へ


あいにくの雨でしたが

母校の尾鷲中学校の卒業式に出席しました。


私達の学んだ昔の木造の校舎は随分前に立て替えられ

当時新しかった校舎も先月解体されてしまいました。

今は管理棟と体育館が昔のまま残っています。


管理棟に入ると当時の担任の先生がおり

一気に懐かしさが込み上げてきました。


今は私達の頃の半分にも満たない生徒数なので

全校生徒が入っていても体育館が広く感じられました。

20100309_102240006



私達の頃と違う所は卒業生のPTAの殆んどの方々が

卒業式に出席されているのには驚きました。

20100309_104118008



目の前にいる卒業生達には

まだ幼さが残りますが

皆、それぞれの道を歩み始める事でしょう。


厳しさを感じる事や悩む事もあるでしょうが

乗り越える事が出来れば必ず良い結果にも恵まれます。

目先の出来事に捉われず自分の進む道に

邁進して頂きたいと思います。



63期生のみなさん誠に卒業おめでとうございました。



ryosoutakemi at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫吉の散歩道 

2010年01月24日

もう、桜が・・・?!


 久しぶりに天満浦辺りを

散策して見ました。


 水地地区に入ると

秋頃の台風の影響なのでしょうか

風倒木がそのままの状態で

沢山ありました。

20100122_154804029


20100122_154422028


 自然の力による被害を目の当たりにし

改めて自然の恐ろしさを実感する。


 みかん農家が点在する

高台の方へ移動すると

尾鷲湾が一望できます。

20100122_160522031



 山間を縫うように

馬越地区へさしかかると

桜や桃の木に花が

咲き始めていました。

20100122_163524032


20100122_163848035


20100122_163759033



 通常より随分早い時期に

見る事が出来ると

何だか得をした気分になります。


 桜を見ながら頭の中では

もう、春の花見会について

考え出していました。



ryosoutakemi at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫吉の散歩道