April 2007

April 30, 2007

昭和の日に

4月29日は、「天皇誕生日」から「みどりの日」を経て、「昭和の日」にな

った。

「昭和」が歴史上の時代となった感が強い。

「昭和」は特に「戦後の昭和」はまさに波乱万丈の時代であった。

敗戦の無一物から、人々が額に汗し、血の涙を流すような労苦の結果、

奇跡と言われるほどの経済成長を成し遂げ、経済大国となった。

NHKの「プロジェクトX」は、まさにこの間の人々の努力を表し、感銘を与

えた。

しかし、この「戦後の昭和」を荷ったのは、大正生まれの人達であった。

今、「平成」の時代だが、この「平成」を荷うのは、「昭和」生まれの

我々である。

初めての「昭和の日」にこの事の責任を感じた。

また、単に数字を積み上げるだけの西暦年よりも、節目を大切にする

元号制とっている わが国の伝統文化に、先人の知恵を思う。

バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 17:29|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 28, 2007

三つの”しない”

いよいよゴールデンウィークが始まった。

熟年夫婦の旅行を行かれる方も多いだろうと思う。

そこで、作家の難波利三さんが、気になる指摘をしていた。

「絶対にけんかをしない。」ための対応策は、

 1,時間を催促しない。

 2,買い物に口出ししない。

 3,不用意に言葉を発しない。


の三つの「しない」である。

1の内訳は、化粧が長い、支度が遅い、忘れ物はないか、早くしろ、

などと口うるさく急ぎたてないこと。

どれだけいらついても、忍の一字で我慢する。

2は、宅配で送るにしても、一体いくら買い込めば気が済むのだ、

家に帰って商売でも始めるつもりか、などと土産物屋で発したりしないこと。

見て見ぬふりをしながら、奥歯をかみしめて待機する。

3は、温泉は二回入れば十分、親の敵にでも遭ったように何回も入るのは、

かえって身体に悪いぞ、バイキングの朝食は残さない程度に取れ、

欲張るな、などとは口に裂けても言ったりしないこと。

たとえ気障りでも、腹に納めて笑顔で見守る。という指摘であった。

身につまされる指摘であった。

バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 16:39|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 26, 2007

上質の人々

本日、一日かけて豊岡市を訪問し、当地の市会議員・党支部役員のみなさんと懇談した。

こちらが、無理難題のご相談にあがったが、その方々は実に上質の人々であった。
 (この上質の人々という表現は、司馬遼太郎さんがよく使われた表現である。)

当方の申し出に対して、強く反対の意を表明され、また反論もされたが、非常に論理的かつ冷静に対応され、特に礼を失されることはなかった。

駆け引きもあったが、落としどころを、踏まえての対応であり、真に上質の人々であった。

一日かけて時間的には大変疲労感を覚えたが、精神的には、この上質の人々の対応に気持ちよく帰ってこられた。

さすがに、『伝統と礼儀』を大切に守ってきた、良き日本文化の蓄積の地方都市・豊岡であった。

バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 18:15|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 24, 2007

『千の風になって』 再び 

「千の風になって」
あれから、この歌を何度も聴いて、気になったので、原詩を調べてみた。

千の風になって 原詩














左がメアリー・フライの原詩であり、右は新井 満の歌の原詩である。

私は、この詩の素朴さから言えば、メアリー・フライの詩の方が好ましい。

しかし、詩の完成度から言えば、はるかに新井 満の方が高いと言えるだろう。

ふと、思い出したのは、山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」と黒澤 明の映画「赤ひげ」の関係で、小説を元にした脚本の映画の方が、芸術的に完成度が高い評価を受けた事だ。

バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 20:00|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 23, 2007

長崎市長選挙の結果について思うこと

現職市長の突然の逝去により、補充立候補の選挙戦となった、注目の長崎市長選挙の結果は、注目すべきものであろう。

「弔い合戦」を訴えた娘婿の候補と、「肉親の情としては、理解できるが、それと自治とは別である。」と訴えた市職員との争いは、後者が勝利した。

一般の常識的には、突然の不幸により、弔い合戦を訴えた方が、有利だと思われるが、結果は別であった。

ある意味で、長崎市民の良識を高く評価したい。

選挙に関わるものの一人として、今後の選挙に対する取り組みに大いに参考にしなければならないと思う。


「タマ」の良し悪しこそ、大切な要素だと。

ただ今回の選挙で無効票が多数出たことは、今回のような場合、選挙を如何に行なうかと合わせて、今後の大きな問題である。

バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 10:22|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 22, 2007

母の三五日を迎えて

本日、母の三五日の法要を、親戚と生前元気な時の母と親しくして頂いた方とで、偲ぶ会を開いた。

「偲ぶ」という字は、「人」と「思」が合体した文字である。まさにその人を思う事が偲ぶという事だと思う。


司馬遼太郎「草原の詩」の中でこう述べている。

「歴史は記録と記憶からなっている。」 すなわち、何年何月何日にどういう出来事が起こったか、という記録と、その出来事を人々がどう受け止めたか、という思い出、記憶からなっているのだ。

また続けて、「人類にとっては記録が大事だが、人間個人にとっては記憶の方が大事だ」と。

私流に解釈すれば、プロ野球の選手の名で、最も有名な選手を挙げれば、「王」と「長嶋」だろう。「王」は歴代日本のプロ野球の歴史の中で、ホームラン・打点・四球の最高記録の持ち主である。「長嶋」はその点において、歴代記録によると十位前後の選手である。

しかし、多くの人にどちらが好きかと聞けば、長嶋に方に 軍配があがるであろう。

それは、長嶋の方が「ここ一番」という時に活躍したという記憶が、人々に強いからだ。

そういう意味で、人類にとっては記録が大事だが、人間個々人にとっては思い出につながるものの方が大切なのだ、という風に解釈している。

人を偲ぶといいうのはまさに「記憶」を大切に胸にしまう事だろう。

バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 16:00|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 21, 2007

千の風になって

母の三五日を迎えることになった。

灘区寺口町の斉藤さんから「千の風になって」というCDを贈られた。




昨年の紅白で歌われたこと 今評判の曲であることを知らずにいて、

今始めてこのCDを聴いた。

まさに大切な人を亡くした心情としては、心に打つ歌であった。

続けて新井 満の詩集も書店で求めた。

いわさきちひろの話も、禅宗の老師の話も、素直に受け入れられた。

そのCDには5つのパターンの曲が流れているが、私には3番目の「朗読 

バージョン」が胸を打った。

歌の巧拙よりも心情に訴えるものが大事だと思う。

確かに亡くなった人の魂は、お墓や仏壇にあるのではない。

その人を偲ぶ人の記憶の中に存在するものである。

「おおぞらの風・千の風」も、そういう意味だろうと思う。



私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を  吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ

冬はダイヤのように  きらめく雪になる

朝は鳥になって あなたを目覚めさせる

夜は星になって   あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私がいません 死んでなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を 吹きわたっています

千の風に 千の風になって

あの 大きな空を 吹きわたっています

あの 大きな空を 吹きわたっています


千の風になって ちひろの空










バナー

クリックよろしくおねがいします。


ryosuke_hara at 12:51|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 19, 2007

長崎市長 銃弾に倒れる

現職の長崎市長が選挙戦のさなかに、銃弾に倒れた。

民主主義にとって、誠に遺憾な事である。
 
銃弾で倒れた リンカーン大統領はこう言っていた。

The ballot is stronger than the bullet
(投票は銃より強い。)と。

これは、誠に至言であるが、今回の事件は、まさにその逆をいったものである。

選挙を戦った一人として、政治家は、政策論争もさることながら、

その信頼感・好感度が当落を決定する重要な要素であると常々感じている。

それゆえに、政治家が市民の前に身をさらすことを求められている。

今回のような事態が発生したときに補充立候補が認められているが、

選挙の組み合わせが大きく変更された場合、

どのような仕組みを考えればいいのか、今後の研究課題である。

ryosuke_hara at 12:18|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 17, 2007

『ハイジ』

ハイジ












私の選挙区である神戸市灘区水道筋三丁目の洋菓子店『ハイジ』が閉店となった。

この店は一〇年ほど前に洋菓子部門で日本一の店に選ばれた事もある。

そうゆう有名な店が灘区から消え去る事は実に寂しい限りである。

この店の名前の『ハイジ』は、私が中学一年生の時の夏休みの感想文を書けとゆう宿題に与えられた本である。

この名前の由来はヨハンナ・スピリとゆうスイスの作家が書いた「アルプ
スの少女・ハイジ」からとったものである。

今でも懐かしく思い出すのは、ハイジが、おじいさんに アルプスの山の夕焼けを見ながら「どうして、こんなに夕焼けは美しいの?」と、聞く場面である。

おじいさんは、こう答えた「お日様が、朝、東の山から出て、一日の終わりに西の山に沈む。その一日のお別れの挨拶をお日様がしているのが夕焼けなんだ。

なんでも、最後のお別れの挨拶は、一番美しいのだよ。」と、答えた場面である。

この店の創業者は、前田さんであった。一二年前の大震災のおり、ボランティア活動をしていた私たちに前田さんが「甘いもので、疲れを癒してください。」と、

ハイジで一番有名な『アルハンブラ』(チョコレートベースのお菓子)を、差し入れてくれたのを思い出す。

その前田さんの一周忌が近づいてきた。

まさにその時期に、ハイジが閉店となることは、まことに寂しい限りである。

バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 16:35|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜 

April 14, 2007

看護連盟 看護政策促進会議での挨拶

本日、兵庫県看護連盟の会合がもたれた。

看護婦さん中心の女性ばかりの会議であった。

そこで以下のような挨拶をした。

昔から女性の力は偉大である。といわれている。

最も古い文献としては、ギリシャ時代にアリストファーネスという戯曲家の

「女の平和」という作品がある。

内容は、ギリシャのポリス時代にポリス同士の戦争が相次いだ。

そこで平和をもたらす方法を彼は考えた。

即ち、戦争に行く兵士達とは、女性は一切仲良くしない。

という申し合わせをすれば、

男達は、すぐに戦争に行くことはやめるのだという内容である。

これは、一面の真理であり、事々さように女性の力は偉大であることを示している。

今後の政治課題の最大の問題の一つは、「健康」であり、「看護・介護」である。

それを担われる皆様の力は偉大である。と述べた。

バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 16:40|Permalink雑感記〜日々私が思うこと〜