August 2014

August 15, 2014

お盆に想うこと

お盆の墓参のおり、ふとあと何回ここに来れるであろうか、と思った。こんな思いはこれまで感じた事はなかった。それは二十年前に逝去した人の著作に触れていて、「人は亡くなっても、その人の記録・記憶は永遠に残る」と思っていたからかもしれない。
昨年夏、蔵書を処分した。残したのは、明治維新と先の敗戦に係わる物と特定の評論家の物であった。その評論家の一人は、山本七平氏である。その未発表の作品として本年七月に上梓された「日本はなぜ外交で負けるのか 日米中露韓の国境と海境」を読了。
私が、この評論家に傾倒したのは、「もし自分が軍隊生活を余儀なくされた場合、いかなる生き方をするであろうか」と考えた時、この人の「私の中の日本軍」「一下級将校の見た帝国陸軍」の著作に最も多く啓発されたからである。四十五年前のことである。「あの頃は若かった」とあらためて思う。
この遺稿集によれば、「現代日本の外交問題,すなわち尖閣・竹島も、対米戦略、捕鯨問題も、とっくに予見されていた」のがはっきり判る。その先見性に敬意を表したい。
特に日韓関係、両民族の感覚、感受性ね価値観の違いは、「戦後の歴史認識のありよう」かどとは別個の、それこそ歴史的に秀吉時代から存在するものであることが、鋭く指摘されている。


バナー

クリックよろしくおねがいします。


ryosuke_hara at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 03, 2014

日本とドイツの違い

富永 望著「昭和天皇退位論のゆくえ」を読了。
著者は「歴史にイフはない。が、もしも昭和が三十年前後で平成に替わっていたら」と説き出す。
敗戦という大転換期に、日本は陸海空の軍隊は放棄したが、天皇制を維持し、統治機構としては大日本帝国憲法の継承のカタチをとった。国民の「平和ボケ」と自認するほどの意識の変化に比して、諸外国からは「変化なし」と見られた。(ドイツでは、統治機構のみならず、戦前のマスコミの経営陣も一新した。我が国の新聞界はその経営陣もそのまま残存した)。それが今日までも「歴史認識が・・・」と言われる理由であろう。
天皇制は世界に誇るべき日本の伝統文化の淵源であるが、あの戦後の転換期に、戦争への道義的責任を取る形で「退位譲位」があったなら、今日の政治状況は、大きく変わっていたであろう。当時、そのことは識者の間で真剣に議論されていたのである。一回目は第二次世界大戦敗戦直後 二回目は東京裁判判決前後 三回目は講和条約発効前後 四回目は皇太子立体式またはご成婚の時である。
平成の今日、憲法改定が議論され始めた。日本国憲法は大日本帝国憲法の改定であるから、昭和天皇の存在そのものが憲法改定を封じる最大の要因であったとも言える。
気になったこと。憲法学者の宮沢俊義が「天皇の人間宣言に際して、行き過ぎれば天皇の天皇たる所以を損なうことを憂慮する」と指摘していることである。「平成」以後の天皇制・皇室の在り方に危惧を覚えるのは、私のみか。


バナー

クリックよろしくおねがいします。


ryosuke_hara at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)