新大統領への期待気張りもんそ

January 23, 2009

激怒すべきこと

「全国体力テスト」の結果が公表された。
「学力と体力は相関関係にある」との結果であり、生活習慣がそれを決定しているとの結論である。

「教育とは知育・徳育・体育で知・徳・体の健全な発育を目指すもの」であるが、知育と体育はその成果がどれだけ上がっているかはテストすることができる。
しかし「徳育」に関しては明確な判定基準がない。徳育に関する教科書をつくり、○☓式の試験をしたところで、その点数の高い者に徳があり、低い者には徳がないとは言えないからである。

戦後の民主主義は、「個人の尊厳」を外から侵しそうなものに対しては過敏なほど警戒的であったが、物質的に豊かな社会となった今、「個人の尊厳」を内から腐らせるという点には、無関心であった。
現代社会では「何かが欠けている」というのが最大の問題であり、それは「徳育がない」なのではないか。

「学力と体力は生活習慣による相関関係」ならば「徳育」も相関関係にあるのではないか。
「学力・体力ともに下位に甘んじた大阪府の知事が激怒した」とのニュース。  「真に怒るべき対象」は「徳育」の成果の有無であろう。

バナー

クリックよろしくおねがいします。


ryosuke_hara at 15:55│Comments(0)TrackBack(0) 雑感記〜日々私が思うこと〜 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新大統領への期待気張りもんそ