既得税制にメスを「縦書き」と「横書き」

May 01, 2012

風か吹けば桶屋が儲かる

原発事故の発生以来、政府は「原発再稼動には慎重に、新基準(二次審査)を設ける」としていたが、新基準発表後わずか三日後に提出された再稼動申請に対して、容認する方針のようだ。原発の地元では、「それで良し」とする意見が多いから、だそうだ。
久方ぶりに、三段論法の極致「風が吹けば桶屋が儲かる(大風が吹くと、埃が舞う。埃が舞うと、眼病人が増える。眼病人が増えると失明盲人が増える。盲人が増えると、仕事として三味線を弾く人が増える。三味線が大量に要れば、材料の猫が捕らえられる。猫が減れば、鼠が増える。鼠が増えれば、桶を齧られる。そこで桶屋が繁盛する)」との諧謔を想起させた。
新基準に対しては、「それをカバーする計画があればオーケー」と言うのは「安全だと信じれば安全」と言うのと同じだからである
政府は、この姿勢で「国民を納得させられる」と思っているのか
この論法は、「神国日本では、意思したことは必ず実現する。実現しないとすれば、その意思に対する信念が不足しているからだ」。これは、先の戦争に突入開戦した時の一部軍人の論法と同一であり、国民が最も反省・後悔すべきことでなかったか。


バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 15:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
既得税制にメスを「縦書き」と「横書き」