龍馬暗殺の謎幸せの青い鳥

May 31, 2012

「フルベッキ写真の謎」

加治将一「幕末維新の暗号」を読了。
明治維新の実態の一つは、歴史的な「天皇家の南北朝の対立」による南朝側の、「天皇のすり替え」である。それを「フルベッキ写真」を解明しながら、証明せんとするものである。そのなかで、注視する視点として、
江戸時代、各藩に寺子屋・藩校が多数存在したのは、 教育熱心だけではない。下級武  士を自藩の使い捨てのスパイとして養成する為であり、下級武士もそれが唯一の出世手段であった。
明治政府成立後、岩倉米欧使節団の2年間の長期派遣はフルベッキの立案であり、これは、いかにフルベッキが明治維新の真の演出家であるかを証明するものである。
 江藤新平が佐賀の乱、西郷隆盛が西南戦争で、明治政府に葬られたのは、「征韓論の対立」ではない。「明治天皇すり替え」の掟破り故に、「曝し首」という残酷な刑に処されたのである。 
明治天皇を祭祀する明治神宮に、皇后を皇太后としている。これに対する神宮側の抗議に、宮内庁は訂正しないのは、「明治天皇すり替え」説の傍証である。
幕末に、明治維新推進派(勝海舟も含めて公卿や各藩の志士達四十数名)が一同に会する写真「フルベッキ写真の謎」を解明せんとするものである。


バナー

クリックよろしくおねがいします。

ryosuke_hara at 16:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
龍馬暗殺の謎幸せの青い鳥