靖国参拝泣きたいのは誰?

June 17, 2014

無頼化とは?

神戸新聞の記事内容とその投稿者の代表作品名に触発されて、水無田気流著「無頼化した女達」を読了。
「あらゆる価値基準を自己責任で決定する」。これはまさに小泉政権以来の規制緩和政策の目玉であり、現安倍政権の成長戦略が、女性の登用拡大を岩盤規制解消の一環として打ち出したタイミングであった。
著者が言う「無頼化」とは「世に頼むものがなく、一人で生きていくこと」である
現代日本の根源的問題は、「理念としての平等」と「経済的な不平等」の矛盾であり、それが最も顕著な現象が、「少子化の責任は、結婚せぬ女性にあり」とする安易な視点であろう。
1985年男女雇用機会均等法成立し、それによって女性被雇用者のうち正規雇用は7割てあったが、99年同法改正さらに派遣法改正を機に、男女を問わず非正規雇用化に拍車がかかり、所得格差が拡大、「勝ち組・負け組」が言われ、特に女性には、働く必要性に迫られているにもかかわらず、育児・介護・地域活動などの分野は専業主婦という前提の社会環境は変わらないという矛盾、(我が国の暗黙の了解事項として女性を守るのは基本的に社会という公的領域ではなく、家族という私的領域でり、子供の健診や予防接種は役所の受付時間内としている如く、「育児=専業主婦仕様」の体制を基本としている事)が「女性の無頼化」の原因である、というのである。
読後感として、女性の問題は、歳をとれば仕事をしていようが結婚していようが「老後はおひとりさま」すなわち、65才以上の女性で配偶者なしは55%、80才以上では83%という数字であり、さらに、晩婚化については「高齢主産育児の体力が心配」「子供が成人するまでの経済的負担」と言われるが、本質的には「共に生きる時間が短い」ことを指摘すべきあろう。
「昔は全て良かった」とは言わぬが「三世代同居が当然」の時代を懐かしむのは、歳のせいだけであろうか。





ryosuke_hara at 22:37│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
靖国参拝泣きたいのは誰?