日本とドイツの違い

August 15, 2014

お盆に想うこと

お盆の墓参のおり、ふとあと何回ここに来れるであろうか、と思った。こんな思いはこれまで感じた事はなかった。それは二十年前に逝去した人の著作に触れていて、「人は亡くなっても、その人の記録・記憶は永遠に残る」と思っていたからかもしれない。
昨年夏、蔵書を処分した。残したのは、明治維新と先の敗戦に係わる物と特定の評論家の物であった。その評論家の一人は、山本七平氏である。その未発表の作品として本年七月に上梓された「日本はなぜ外交で負けるのか 日米中露韓の国境と海境」を読了。
私が、この評論家に傾倒したのは、「もし自分が軍隊生活を余儀なくされた場合、いかなる生き方をするであろうか」と考えた時、この人の「私の中の日本軍」「一下級将校の見た帝国陸軍」の著作に最も多く啓発されたからである。四十五年前のことである。「あの頃は若かった」とあらためて思う。
この遺稿集によれば、「現代日本の外交問題,すなわち尖閣・竹島も、対米戦略、捕鯨問題も、とっくに予見されていた」のがはっきり判る。その先見性に敬意を表したい。
特に日韓関係、両民族の感覚、感受性ね価値観の違いは、「戦後の歴史認識のありよう」かどとは別個の、それこそ歴史的に秀吉時代から存在するものであることが、鋭く指摘されている。


バナー

クリックよろしくおねがいします。


ryosuke_hara at 20:48│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本とドイツの違い