今年もありがとうございました

  • author: ryotaku_an
  • 2020年02月16日

バレンタインデー
20200215_135150
が、一つだけ”おもむき”が違う包装が。
そうです。指がいい感じになったお母さんがまたしても。今回は牡蠣の炊き込みご飯。題して“牡込みご飯”
20200215_135305
毎回本当にありがとうございます。美味しかったです。
で、来週いっぱいかけてチョコを。

減量は再来週ってことで(^^;

今時衣替え?

  • author: ryotaku_an
  • 2020年02月08日

こういう時いつも「あぁ、忘れてた」って思うんですよ。
メインの施術スペース、プロテックとベッドの位置を逆にしたんですが、ビフォーの写真撮り忘れて今イチ伝わりませんよね。あと、患者様に症状の説明する用の小物を置いているデッキも移動したおかげで、以前よりも少し広く。
DSC_0052

昨日(2月7日)のお昼に「えいやッ!」ってやったんですが、お昼から来られる患者様患者様「おっ」「ありゃっ」。
ちょっとしたサプライズではありますが、いつもと勝手が違っててちょっとオロオロ。
何より自分が一番オロオロしています。左右が変わっちゃったもんで(^^;

ちなみに、その小物デッキはコチラに。
DSC_0053

え?分かりません?
ガイコツ君と一緒にこんな感じに
20-02-08-19-15-30-581_deco

年末年始のお知らせです。

  • author: ryotaku_an
  • 2019年12月07日

いよいよ12月。
とは言えまだまだ7日ですが、何がどうってわけじゃないですが気ぜわしい毎日ですね。
さてさて、当院の年末年始のお知らせを。
今年は日にちのめぐり合わせで、こういうお休みの方も多いのではないでしょうか?
当院、年内は12月28日の土曜日までの診療とさせていただき、年明けは1月6日の月曜日からとさせていただきます。
年末年始をまるまる一週間お休みを頂戴し、来る令和2年も世の中野腰痛・坐骨神経痛をやっつけるために頑張ります(^^)b
DSC_0004 (2)


























で、カンターがこんな感じに
DSC_0001









22日は即位の礼正殿の儀ですね(^^)

  • author: ryotaku_an
  • 2019年10月16日

幸いなことにここ愛媛今治は台風19号の被害はありませんでしたが、皆さんの周りの方々やお知り合いの皆さんは大丈夫でしたでしょうか?
さて、来週22日は令和天皇の即位の礼正殿の儀です。
実際には5月に新しく天皇がご即位されてはいらっしゃいますが、この儀式をもって名実ともに「天皇」としてのおつとめをなさる資格を得られることになる日です。
ある意味、お正月のような新鮮な気持ちでお祝いしたいと思います。
ということで、22日はお休みですのでよろしくお願いいたします。
ちなみに、受付にあるこの写真立て型の案内。今朝いただいた患者様のお手製なんです。後ろのしんばり棒の具合もばっちりです。ありがとうございました。(^^)V
19-10-16-16-58-42-025_deco (2)


今治で腰痛・坐骨神経痛のことなら「からだ再生工房りょうたく庵」へ

今治で交通事故の施術・ご相談なら「整骨院良沢庵」へ

日本電気治療協会

霜降り明星と骨盤矯正(なんじゃそりゃ^^;)

  • author: ryotaku_an
  • 2019年09月29日

いやぁ、芸人さんのワードセンスというか、本質の見極めてそれを言葉にする方に、改めて関心しました。
今日はちょいと真面目な話で。
今週のアメトーークは「ツッコミ芸人」さんについてでした。
で、大吉さんだったかな?霜降り明星の二人について
「あれは、粗品のフリップ芸なんですよ。”せいや”という動くフリップに粗品がツッコむという・・・」
(あぁ、それでか!)
思わず声が出てしまいました。
というのも、去年のM−1で優勝したというのを聞いた時から
「ん?どこが面白いんだ?でも優勝だ。おれの笑いの感覚が古くなったってことなのかな?」とずっと思ってたんです。でも、そうじゃなかったんですね。
ようは「自分が思っている漫才と、審査員の方々が考えている漫才とが同じじゃなかった」ということなんです。
自分が思っている漫才。
たとえば、やすきよ。
たとえば、オール阪神巨人。
たとえば、ダウンタウン。
この人たちで育った自分には和牛やミキやかまいたちと、霜降り明星は別世界なんです。
ただ、それこそ、漫才と一言に言っても、尾張や三河漫才の頃のそれとは、やすきよだって全く別物だったはず。
要は、目の前で繰り広げられている演芸を漫才ととらえる感性があるかどうかの問題だったんですね。
漫才という世界で生き抜いてきた審査員には、
「これもまた新しい漫才だ」
という感覚があったと。
なるほど。
笑いの感覚が古くなったのではなく、漫才というものに対する頭が古くなってたというワケだったんですね。

話は大きく逸れますが、とは言っても自分。
基準があやふやな「骨盤矯正」ってやつを治療とは認めたくはありません。

霜降り200685_ec

ページトップに戻る▲