ささりんどう

土屋っ子情報

11月20日(土)りんどう祭 第1部 感謝の集い

DSCF0125

 秋の柔らかな日差しが降り注ぐ絶好の日和となったりんどう際当日でした。日頃お世話になっている方々をお呼びして感謝の気持ちを児童みんなで伝える感謝の集い、つつがなく運営できました。運営委員会の児童のみなさん、ご苦労様。お呼びした方々も口々に「ありがとう、とてもうれしい」「来てよかった」とお礼の言葉を与えてくださいましたよ。  よかったね。特に、みんなの歌「はじめの一歩」に「感動した」と述べてくださった方が多かったことを伝えておきます。がんばった甲斐がありましたね。

全員が菊花展に出品できたぞ!!

IMG_3747
昨日、OPENした公民館での菊花展、今日は、子どもたちの見学の日。七八分咲きがほとんどの作品だが、それでも菊は菊。見応えを感じさせるできばえになっている。
 IMG_3516
 みんなよく頑張ったね。世話のしがいがあったね。
 お昼近くには、大蔵市長も見学と子どもたちへの激励に来てくださいました。
 みんな大喜び!

10月22日 菊作りー輪台付けー

IMG_3328
猛暑がやっと終わった?と思ったら、今度は低温の日々。菊の苗をよく見ると、アブラムシがついていたり、葉が縮れたりなど、明らかに病気がち。そして、例年よりも育ちが遅い。
 元気をつけようと、追肥や農薬散布、苗の移動などをこまめにやる。
IMG_3278

 つぼみばかりの輪台付けになってしまったが、ここ2、3日のやわらかな秋の日差しに助けられ、なんとか菊花展までに回復しそう。・・・・回復してくれえ!と悲鳴に近い願い事の日々。 

10月23日  土屋っ子ふれあい鑑賞会

 地域諸団体のご協力の下、伝統的に続けてきた゜土屋っ子ふれあい鑑賞会」、今年も楽しいエンターテイメントを繰り広げてくれました。
 実行委員も皆様、本当にご苦労さまでした。
IMG_3442
【スタートは、4、5年生の歌と合奏から】







IMG_3382

【K&Kの楽しい歌の披露】

IMG_3378
【すぎやまさんのシャボン玉のフアンタジアにさそわれ参加者も出演し、楽しみました。】

9月7日 菊作りー芽かきー

142


残暑の厳しさがまだ続く今日の日差しです
。夏休み、家庭に返し子どもたち一人一人がおうちの方と一緒になって世話し続けてきた菊の「里帰り」初日の活動がこの「芽かき」です。わき芽と呼ばれている余分な芽を取り、バランスのよい姿に整えてあげる活動です。
 猛暑の続いた夏休みでしたので、無事切り抜けて「里帰り」できた菊の苗がどれだけあるのかが不安でしたが、わずか数人のみでほとんどがうまく育て上げられたのを見て、ほっとしました。ゴールまであと一ヶ月。慎重に育て上げていきたいですね。

全校除草ありがとうございます。

DSCF9701  猛暑にもかかわらず、182名の方々が、除草活動に参加してくださいました。ありがとうございます。おかげさまで、「わが世の夏」とばかりはびこっていた雑草君たちもあっという間に退治され、学級園をはじめとしてほとんどがきれいさっぱりとなりました。
 暑さのために作業時間を半分に短縮したにもかかわらず、その効率的な作業振りには、改めて「土屋地域の教育力の大きさ」に感動いたしました。本当にありがとうございました。

ヒートアイランド&メダカの世話

/>盛夏1
 暑いですね。今日、日向と日陰の地面の温度差を測ってみました。午後3時で、日向 アスファルト 54℃
日向 地面 43℃ 同じく 草むら 31℃でした。 日陰と比べてみました。 アスファルト 32℃ 地面 32℃ 草むら 26℃でした。
 ヒートアイランドも温暖化の一翼を担っていることの証明かな?未舗装道路やみどりの大切さを知った結果でした。
盛夏2

 ご存知ですか?職員室前の学校池にメダカやヤゴが増えていることを。生き物委員会の子たちとただひたすら水を絶やさぬように理科室前の水道詮の蛇口をひねりつづけたこと、そして、水草を日陰代わりに増やし続けたこと、これが秘訣。
 でも悩みが。それは、土日の水やり。水漏れの池のためか、すぐ水量が減り一部が砂漠化。特に晴れの日は、大変。土日、学校訪問された方、気づいたら水道の蛇口をひねって、水の補給をして下さると大助かり!
もちろん、最後には、止めていただくことも。

恵みの雨2

野菜1今日の雨は、久々の雨。畑の野菜も、水やりなどの世話をしている職員もほっとひといき。いい雨ですねえ。
 「土屋農園」は、収穫真っ盛り。子どもたちにもぜひ、自分の育ててきた野菜の収穫の喜びを味わわせたいものですね。(写真を軽くしました。ご迷惑をおかけしました。)
野菜2野菜3

緑のカーテンが少しずつ!

 保健室前リサイズ玄関リサイズ



 












1日10〜20cm以上に成長するのですね。そのたくましさにただ驚くばかりです。そんな中で、成長ぶりに「個性?」を発見しました。
 支柱用の網をまっすぐに成長するもの、右に伸びたり左に伸びたりして回り道をたどろうとするもの、いちいち、ビニタイで矯正されないとまっすぐ上に行こうとしないものなど、まるで人間模様ですね、植物の世界も。

奇跡が起きた!ー林間学校 in Kiyokawaー

IMG_3471【火起こし出来なきゃ飯食えない】 

 7月8日 朝7時。 夕べまでの天気が嘘のよう。何と、完璧な晴れ!「行ってきます」という元気なかけ声も青い空とともによりいっそう響き渡った感が。 初日のメインメニューであるリバートレッキング、野外炊事、キャンプファイアー、そして2日目のウォークラリーまですべて予定通りにこなせました。さらに、学校へ着いて解散後の雨。これを奇跡と言わずして何と言おうか。(ちょっとおおげさかな)担任N教諭の「晴れ男ぶり」がよりいっそう定着したようですね。IMG_3474
【朝食メニュー】

 それにも増して子どもたち一人一人の顔に成就感とともに自信に満たされた表情を感じられたのはひとりよがりか。
 この経験を生かし、一皮も二皮もむけたたくましい活躍ぶりに期待したいですね。
 がんばれ!6年!
IMG_3481【ウォークラリーでのこと】
Profile
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ