中谷さんちの猟犬日誌

猟犬を使った狩猟の動画を投稿したり、 猪肉を使った料理を投稿してます 犬の育て方やしつけ方、猟犬との暮らし方、遊び方について書いてます。

2016年07月


Untitled-1


分かるかなー、この小さい影が猪なんですが(笑)


本日はカイ1頭でいつもの山で猪の駆除を実地しました


やはりお気に入りの犬1頭と猪を追うのは本当に楽しいです


気温は32度でしたが、山の中では木が影を作ってくれて


比較的涼しく歩くことができました



残念ながら降りて来た猪は速すぎて撃てなかったし、


その後起こした数頭の猪もそそくさと遠くに逃げ去ったので


本日の猟果は0でした



そんなオチもない今日の散歩を動画にまとめてみたので


お暇な方は見てみてください






面白かったらクリックお願いします
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com


 


CoIRMUNUsAAGEAU

現在2匹のマムシをストックしていますが、


チビの方がいい感じに排泄物を出さなくなってきたので、


少し早いですがアルコール漬けにすることにしました




1年経過したものを飲んでみましたが、


あんまり美味しくはないですね(養命酒っぽい感じ)


レモン炭酸とかで割ると飲みやすくなるかもしれませんが、


基本的には飲用というより、犬のケガの処置用なので


美味しく飲めなくてもいいんですけどね・・・・・





為になったらクリックお願いします
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com

IMG_4831


7月11日のブログ記事にて、


猪の胆嚢を干して試してみよう、


という旨を伝えておりましたが、


ちょうど先日から胃腸の調子が良くなかったので、


本日試してみることにしました



IMG_4838


これは干して1日経過したもの




IMG_4830


これは2日目



IMG_4844


これは3日目



そして17日間乾燥させたものが



DSC_0060

コチラです



カッチカチになりました



DSC_0063


ナイフで先端を削ってみると、


中までシッカリ固まっていることが分かります



DSC_0064


これを朝1口、夕方1口、水と一緒に飲んでみました


味はやはり 「ニガイ」 の一言に尽きるのですが、


心なしか胃の動きが活発になってきたように思えます




この程度の手間で胃薬が作れるのなら、


今後は面倒くさがらないで作ろうかな・・・・・


皆さんも猪が獲れたら、


ぜひ一度作ってみてくださいね



為になったらクリックお願いします
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com

ダウンロード



Twitterの投票機能を使って、


猟師の方にアンケートに参加してもらいました




今回調べてみたのは


①アマチュア無線技師免許を持って無線を使用しているか?


②銃猟をしている人のメインの道具は何か?


③狩猟をする中で、メインの獲物は何か?


の3つで、下がそのアンケート結果になります




思ったより所持率が高くて驚きました(5割くらいかなーと)

※ちなみに免許持たずに使ってると電波法違反で捕まる可能性がありますのでご注意ください



やはり散弾銃が圧倒的に多いですね

メインが空気銃と答えた方は、鳥を専門にしているハンターさんでしょうか?




こちらは見事3つに分かれましたね


散弾銃の所持率と空気銃の所持率からすると、


散弾銃で鳥猟をされている方が多いのかなーと思いました




特にこれといった目的なく始めたアンケートですが、


これから狩猟を始める方の参考になればと思うので


今後もちょくちょく色んなアンケートを獲ってみようと思います




為になったらクリックお願いします
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com


DSC_0035


3頭の中で一番若くて小柄なアル


最近、食事を多めに与えているにも関わらず、


太る気配がないので心配しています



先日、動物病院へ連れて行き、寄生虫の検査をしてもらいましたが、異常なし


獣医さんが仰るには、「食物アレルギーかも」 とのこと


DSC_0039



確かにドッグフードを変えてから、なんだか痩せていったような気がします



DSC_0036


DSC_0037


同じドッグフードを食べているこちらの2頭は全く異常なし




先生曰く、米がアレルギーな犬が多いとのことで、


市販のドッグフードには米が含まれているものがあり、


今与えているフードが体に合ってない可能性があるとのこと




DSC_0047


そこでとりあえず猪の肉を与えて様子を見ることにしました





DSC_0042


DSC_0044


美味そうに食べています




DSC_0052


肉の匂いに誘われたの?





DSC_0055


ストックのフードも、いつもと違う物を買ってきました




DSC_0056


DSC_0057


両方お米は使用してないようです




※ちなみに全食物のアレルギーテストは2~3万円でしてくれるので


経済的に余裕のある方は検査してもらうといいと思います




これで順調に太っていってくればいいんですけど


どうなることやら・・・・・・


為になったらクリックお願いします
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com


ファイル_003


今日は勢子師匠の手伝いへ行ってきました



この場所は団地のすぐ上にあるのですが、


夕方になるとここへ餌を食べに猪が出てくるそうです



夕方涼しくなると、犬の散歩やウォーキングをする方がこの近くを通り



「上から猪が覗いていたよ」



と、師匠のお宅へ報告しに来たとのことで、


急遽対策をとることになりました





ファイル_000


この奥が山に続いている通り道




ファイル_001


分かりづらいですが、確かにここを猪が通った跡があります




ファイル_002


この水場も利用してるよう





本当は猟期になって犬で獲りたいところですが


住民に被害があってからじゃ遅いですからね・・・・・



為になったらクリックお願いします
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com


IMG_4881


本日は犬舎の裏山へ三頭と散歩しに行ってきました


この時期は餌がないので、猪との遭遇率はかなり低いのですが、


それでも駆除許可の書類や銃は必ず持っていくようにしています

※しかも最近犬舎の近くでクマが目撃されているので・・・・



案の定、2時間歩くも犬は鳴かず



尾根道を歩くのでそんなに辛くはないのですが、


やはり犬が鳴いてくれないと本当にただの散歩です



時々腰を下ろしてふと地面を見ると、


色んなキノコが生えていることに気付き


どのくらいの種類が生えているのかと思い


見つけたら写真に撮ることにしました



IMG_4882



IMG_4884

IMG_4888


IMG_4889



IMG_4891



IMG_4893




ひとつの山を2時間歩いただけで


こんなにたくさんのキノコを発見することができました





そして最後に・・・・・・・



IMG_4894


そう、蝮(マムシ)です



たまたま飲み干したペットボトルを持っていたので、即捕獲



獲物は留守だったのですが、


それなりに得るものがあり、


犬も人も運動になってメデタシメデタシです




為になったらクリックお願いします
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com


ダウンロード (1)


今日は普段私が見ている動画の中から、


猟の参考になるチャンネルをいくつか紹介したいと思います


※参考というか、見ていて面白いと思った動画のチャンネルです


今年狩猟免許を取ったばかりの人や


猟師になってまだあまり出猟してない方などは


今年の猟期が来るまで動画などを見て


モチベーションアップにしてもらえたらなと思います


※名前をクリックするとチャンネルページに飛びます


yamatyan4さん



01


求菩提犬という猟犬を使って猟をされている方のチャンネル


アクションカメラでないので猪が鮮明に映ってて大変見やすい






3510nk1さん

01


犬は飼ってないようですが、射手の方が投稿しているチャンネルです


残念ながら獲物に射撃するシーンはあまりありませんが、


獲物をとった後に撮影した動画がたくさんありますので


まだ大物猟をしたことがない方はこれを見て現場の雰囲気などを感じてみてください






yamamoto3121さん



01


ライフルで猟をしている方のチャンネルです


普段はお兄さんが勢子をしてるのでしょうか?


現在ウエルシュテリアという小型の洋犬を使い猪猟をされているようで


非常に興味深いハンティングスタイルだと思います






kohakumaru9さん



01


猟犬1頭使いの方のチャンネルです



ほとんどの動画に獲物が映っていて見ていて楽しいです


アクションカメラを使っているので臨場感もありますね






sankakuyaneさん



01





こちらは猟犬舎のさんかく屋根さんの動画です


ビーグル系統の猟犬や地犬系統の犬を使って狩猟をされているようです


鳴きも良いし止めも素晴らしく、見ていて羨ましくなる動画がたくさんあります








不定期狩猟部さん



01



スコープ付の散弾銃で主に鹿撃ちをされている方のチャンネルです


猟場での解説なんかもあるので、


ソロハンティングをしようとされている方には非常に参考になると思います






JPSikaHunterさん


01


言わずと知れたシカハンターさんの動画です


鹿のハンティング動画からナイフの解説動画、


鹿トロフィーの作り方なんかもあげています







hunting gearさん



01


ライフルによるエゾ鹿猟をされている方のチャンネルです


猟だけでなく道具の解説や料理の動画もあり


見ていて飽きない動画がたくさんあります







中谷さんちの猟犬日誌


01


最後に自分のチャンネルを宣伝させてください笑


今は夏場であまり猟の動画はあげれないのですが、


猟期が始まれば上記のチャンネルに負けないくらいの動画を撮りたいと思っています



今年の猟期まであと4ヶ月・・・・


たまにはこうやって動画でも見て、


猪への寄り方や撃つタイミングなどを勉強するのもいいですね



為になったらクリックお願いします
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com



Untitled-1


現在のランキングはコチラ 




猪猟で獲物をとるには、



①犬が鳴き止めている猪の所へ行って勢子が撃つ



②犬が猪を追い、待っている射手が撃つ



の2パターンがあります




猟犬を使う勢子は、


獲物との遭遇率が射手よりもどうしても高くなります




ですので、


犬が鳴いた時=獲物を発見した時


に、 どのように行動するか 」 が、とても重要になってきます



其の為にまず、犬の行動や鳴き声から


その時の獲物の状況を把握することが大切です





これは先日山でリクがシダの中にいる猪を発見した時の動画です



0:12あたりから吠えてますが、


0:20のあたりで急に鳴き声が変わっています


これは 「犬が獲物に攻撃をしかけた時=噛みつきに行った時」 の鳴き声です



攻撃された獣は、体格差で犬に勝っていれば反撃に出ますし、


体格差で負けていれば犬から逃げようとします



犬は自分より弱いと思った獣には積極的に噛みに行く癖があるので


おそらく今回の猪はそう大きくなかったのでしょう



この後猪は斜面を下に逃げて行き、100m程の所で動かなくなり


2分程で戻ってきたリクの頬には血がついていました



追跡を止めて戻って来た、ということは


見つけた獲物を噛み殺して動かなくなったか、


追いつけない程の速さで逃げられ見失った
かのどちらかでしょう




こういった時に、


獲物を見つけた犬がその後とったであろう行動


が推測できると、無駄に獲物を追跡すること避けることができ、


時間と体力の節約に繋がります



犬によって獲物を見つけた時や対峙した時、


恐れている時や攻撃された時に発せられる鳴き声は違いますが


その鳴き声から状況を判断することで、


捕獲率を高めていくことができるのです




ハンティングブログに戻る
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com


 


猟犬


現在のランキングはコチラ 



知り合いの罠師さんから


「箱に猪入ったけど、訓練に使うか?」


との連絡をいただき、若犬を会せに行ってきました








結果はこの通り、残念・・・・・・・



もっと小さい猪からスタートして、


じょじょに大きくしていき猪への恐怖心をなくさせないと


猟では使えませんね




ハンティングブログに戻る
※猟犬育成についてのお問い合わせ等はコチラまでお願いします。
Twitter:@ryoukenhandler
Mail:ryouken.nakatani@gmail.com


 

↑このページのトップヘ