2007年06月18日

出前会席 北浜 千両箱 6/18 オープンしました。

大阪 中央区、西区、北区 その他大阪市内はお届けします。

出前会席 北浜 千両箱 6/18オープンいたしました。

とはいうものの、実は 出前寿司 千両箱 大阪中央店内の新規プロジェクトとして弁当部門を立ち上げました。

1000円〜4000円(税別)のラインナップで企業様向けのお弁当です。

寿司あり、てんぷらあり、お刺身あり、煮物ありで、ちょっと豪華なお弁当に仕上げました。

皆様のご注文をお待ちしております。

大阪での弁当、寿司、釜飯の出前、宅配は千両箱にお任せ下さい。  

Posted by ryousai at 18:19Comments(0)

2007年06月14日

幕の内弁当 こぼれ話

昔の芝居は、電気もありませんので、朝の8時位から始まっていたそうです。
1幕が2時間として8時〜10時、休憩1時間、11時〜1時、休憩1時間、2時〜4時で終了といった感じですね。  2回の中休みがありますので、その間に、おやつと食事の中間ぐらいの食事をとります。
芝居の幕と幕の間に軽い食事を食べたので、「幕の内」と名前が付いたそうです。

お金持ちのお客様は1日通して、芝居を楽しんでいます。
家から弁当を持参するか、お茶屋さんから「出前」を取ります。
もちろん、酒も付いたことでしょう。 
お金の無い人も芝居は好きですが、1幕だけの料金で、立ち見で見て、日を変えるなどして、安い料金で楽しんでいたそうです。

今の時代のシリーズ物の映画みたいですね。


       大阪での寿司、釜めしの出前はお任せ下さい。


                   出前寿司 千両箱 大阪中央店
                    料理長  服部 隆二  
Posted by ryousai at 15:54Comments(0)

出前 今と昔

先日、寿司の出前で、夜のミナミのクラブに配達に行きました。
最近のクラブやバーかの注文は、お客様が直接、料金をお支払する頻度が増えてきています。
少し前までは、お店がお金を立て替えて、7000円のお寿司を3000位上乗せして1万円を料金と一緒に請求したり、月末に請求書で会社に送っていたものでした。
商人側もお店側もお客様も皆、普通にやっていたものでしたが、だんだん変わってくるものですね。

                 出前寿司 千両箱 大阪中央店
                   料理長 服部 隆二  
Posted by ryousai at 15:43Comments(0)