2010年04月30日

G/W 突入。

今年もG/Wの季節になりました。

今年は、4/30(金)が間に入りましたので、基本は5/1〜5/5がG/W期間。
報道によると、海外旅行、国内旅行者は、前年比より弱増らしいです。

高速道路1000円の恩恵もあり、車での旅行も前年並みか弱増の予想。
しかし、ガソリン価格が今年に入りまたまた値上がり気味。
今週のガソリンスタンド平均価格が、レギュラー141円/函
また、今年のG/W期間の天気予報は、晴れ、晴れ、晴れ。

不景気な時代でも、G/Wに晴天になれば、、高速道路1000円の恩恵に背中を押され、家族、友人、カップルでドライブ、買い物、アウトドアへ。

しかし、当店のような”出前専門店”にとっては、この天気は大きな痛手。
天気には逆らえない。   
それでも頑張って、ご注文いただいたお客様に、喜んでいただけるように一生懸命やるだけ。

さあ、「出前専門店」の各店長さん、春商戦の締めくくりのG/W。
”美味しい商品を、時間に正確に、笑顔でお届けしていきましょう。”

大阪での寿司、釜飯、お弁当の出前、宅配、配達は千両箱、漁彩にお任せください。

                          杉本 修一  

Posted by ryousai at 10:15Comments(0)

2010年04月28日

子猫の話 1

4/7次女から携帯に連絡があり《何事?》と思い応えると「お母さん猫を飼っていい?」との事 家に帰ってから詳しく聞くと、ダンボールに4匹の子猫が捨てられていて次女の友達が近所の知らないお宅へ飼い主を一軒一軒探してまわり、最後に引き取り手のない子がウチヘ来たとのことでした。 

15年くらい前に飼っていた猫が亡くなってからは悲しくなるのでペットは飼わずにいたんですが、子猫の顔を見ると、あまりの可愛さに育てることにしました。 でも子猫を育てるのは初めて! ペットショップを経営している友達に助けを求め、とりあえず環境を整え、育て方を教えてもらい奮闘の毎日。。 『ゆん』と名付けられ、やっと手のひらサイズから少し大きくなりミルクの飲み方も覚えて、寝る時は自分のマットから這い出て次女の布団にもぐりこむ子猫チャン♪ みんな、とっても可愛がっていたんですが私の中では心配事が…排便が出来ない(>_<) でも我が家に来て9日目、ついに成功! これで一安心〜これからは毎日、安心して育てられる! 

4/17…バタバタと慌てた次女の足音。。泣きながら階段を下りてきた…「お母さん『ゆん』が動けへん!!」 ゆんを抱き、様子をみると…もうすでに息をしていない…   

ゆんに携わった次女の友達と近くの公園にお墓を作りました。
 ゆんは短い命だったけど、少しの間でもミルクを飲んで温かいところで過ごす事ができて幸せだったと思うよ 自分にも子供たちにも言いました。。。

とても悲しい事だけど、ゆんのお墓には子供たち以外にも友達も参ってくれています。 
今度は、もっと元気に産まれておいでネ


                 
                      株式会社 杉本事務所
                      専務取締役 杉本二三子  
Posted by ryousai at 10:47Comments(0)

2010年04月27日

自分との戦い

ブログを再開しだして、2週間。
毎日のネタ探しがかなり大変。 夢の中にも出てきている次第。
頭の中には、いろいろと書きたいことが詰まっているものの、元来の文章下手であるゆえに、文章がまとまらない。

世間では、多くの人が日々、ブログを更新している。
なぜ、毎日そんなに書き込むことがあるのでろうか? っと純粋に思う。

「あまり考えずに、その時その時に感じたことを書き込めばいいんだよ。」
「特定の人を仮定して、その人に話しかけるように書いていけばいいと思うよ。」
「ストレスが溜まるのは、本末転倒、そんなことならやめてしまえば。」

もう一人の自分が、頭の中でいろいろとささやく。

そうだ、今日は、当社社員の紹介をしよう。

当社の創業時より、アルバイトスタッフから、正社員、店長、SVと会社の成長にあわせて、いろいろな職務を担当してきた一番古参社員 南さん。

37歳、奥さんと長男の3人家族。
線は細いけど、とにかく前向きな男。 前向きすぎて暴走するのがたまにキズ。
自分がこうだと思えば、どんどん突き進むタイプ。  
当社には無くてはならない存在だ。
今後とも、少々の暴走は恐れずに、前向きさを忘れずに頑張っていってください。
「怒られるのも愛情のうち」です。

さあ、G/W商戦も目の前です。
各店舗では、チラシ配布や材料手配、スタッフスケジュールと万全の準備で臨めていますか?
G/W、ご注文いただいたお客様に喜んでいただけるように、頑張ろう。

大阪市内でのすし、釜飯、弁当の配達、出前、宅配は千両箱、漁彩にお任せください。
                        杉本 修一





  
Posted by ryousai at 11:07Comments(0)

2010年04月26日

飲食業で働くということ

リーマンショック以降、雇用状況がまだまだ悪化している。

当店においても、以前よりハローワークに求人を出しているが、この1年間での求人問い合わせがかなり増加してきている。

ハローワークからの指導に従い、つい最近まで、「年齢不問」で幅広く人材を募集していた。
この世相を反映してか、中高年の応募もかなり多い。
50歳代から60歳前後、前職では管理職、しかし飲食業界の経験なし等々。

当店においても60歳台のシニア社員も多く、活躍している。
”経験がなくてもいい人なら”と思い、なるべく面接機会を作りいろいろお話を聞くようにはしている。

しかし、面接に来られる中高年の方と話をしていると、時折感じることがある。

たぶんこの人は、飲食業界が好きで応募されたわけではないのだろう。
諸事情で会社を退職し、数々の会社、業界で就職活動されたのち、採用のチャンスが無かったため、「飲食でも仕方ないか」みたいな思いで面接に来られている様子。

気持ちはわかるが、そんな気持ちで務まるほど、飲食業界は甘くない。

長時間労働、休みは少ない、給料は安い、一日中立ち仕事、食事時間も不定期、
この状況を肯定するつもりはないが、飲食業界は、体力勝負。
好きでなければ務まらない。

未経験からの挑戦は、問題ない。
しかし、この業界で働くのなら、「真剣」に「覚悟」と「夢」をもってチャレンジしてほしい。

「仕方ないから、飲食業でも働くか」 的な人は、当店にはいらない。


大阪での寿司、釜めし、弁当の出前、宅配、配達は千両箱、漁彩にお任せください。

                           杉本 修一  
Posted by ryousai at 10:35Comments(0)

2010年04月23日

ダーウィンの進化論

先日、大阪の飲食関係者に、衝撃的なニュースが舞い込んだ。

水○軒、4/20をもって、事業停止。

水○軒といえば、創業1888年、八角弁当に代表される大阪では、駅弁の老舗店。
主要JR新幹線の駅構内に、4か所店舗を構え、大阪では有名なお店。

報道によると、1991年のピーク売上48億円から、2009年は14億円まで売上が落ち込み、主要商品の駅弁の落ち込みが事業停止の要因と書かれていた。

これで大阪を代表する店がまた一つ、姿を消した。
大きなショックとさみしさがある。

考えてみれば、ここ数年、旅行や出張に新幹線を利用するとき、新幹線内で「駅弁」を利用する人は確かに少なくなってきていた。
出張のサラリーマン、旅行の人々は、同じ駅構内のコンビニエンスストアの袋をもち、コンビニ弁当、おにぎり、パン、御菓子等軽食で済ませている風景が思い出される。
駅弁は、だいたい800円〜1000円が主流、コンビニなら500円程度で、いろいろ買える。
昔のような電車での移動は「風情」を求めるものでなく、ビジネス、旅行にしても、早い「移動手段」として利用されている。

確実にお客様の用途やニーズが変化していたのは、自然の流れ。
その流れに対応できなくなれば、いくら老舗、有名な「店」でも、淘汰されてしまう。
この変化に対応し、お客様が今何を求めているのか?、どういう行動、心理なのかを読み取り、常にお客様に、驚きと感動、喜びを与えつづけなければ、この時代淘汰されていくのかもしれない。

このニュースを聞いたとき、「種の起源」で有名なダーウィンの言葉を思い出した。

”この世に生き残る生物は、最も強いものではなく、最も知性の高いものではなく、最も変化に対応できるものである。”

肝に銘じておこう。


大阪での寿司、釜めし、弁当の配達、出前、宅配は、千両箱、漁彩にお任せください。

                            杉本 修一


  
Posted by ryousai at 10:32Comments(0)

2010年04月22日

サーモンが入荷しない、、、、

すでにニュース、報道である通り、アイスランドで起こった火山噴火による大規模な航空便の欠航により、世界各地で混乱と大きな損失が起こっています。

国際航空運送協会(JATA)の発表によると、この6日間の航空便での損失は17憶ドル(日本円1580億円)以上、これ以外に足止めを食らった乗客などへの滞在費や、便の欠航に伴う経済的損失は、計り知れないと思う。
改めて、自然災害が世界にどれだけ影響を与えるか、思い知らされる。

昨日時点で、欧州便が少しづつ、運航されるようになり、噴火で足止めを食らっていた日本人が、成田に帰ってきたニュース映像がテレビでやっていた。
これからは、徐々に運航便が回復してくる傾向にあるという。

しかし、しかし、しかし、
当店にとっては、大問題が、、、、

実は当店は、サーモンは、ノルウエー産の極上と呼ばれる「オーロラ生サーモン」を空輸で仕入れています。
生でしか味わえない風味、歯ごたえ、味、脂ののりかた、それはそれは美味しいサーモンです。
この商品には、絶対の自信をもって、提供しています。

しかし、しかし、しかし
ノルウエーから飛行機がまだ飛ばない。

業者からの情報では、早くても来週初めまでは、入荷が見込めないとのこと。

サーモン好きの皆様。
ノルウエーから飛行機が飛ぶまでの間、生サーモンがご提供できません。
誠に申し訳ありません。

その間、業者を探し回り、代替え品のご提供となります。
味、価格、歯ごたえ、脂のりは、極力、質が同等レベルの商品を提供できるように努力してまいりますので、よろしくお願いします。

大阪での寿司、釜めし、弁当、仕出しのご用命は千両箱、漁彩、釜めし茶屋にお任せください。
G/Wのご予約も承っております。

                          杉本 修一



  
Posted by ryousai at 10:27Comments(0)

2010年04月21日

携帯メール会員の原点

去年の7月より、携帯メール会員の募集を始めた。

よく居酒屋さんや新聞、メディア等であるQRコードを携帯電話で読み取って、入会するシステムの方法と、注文金額に応じたポイントカードをお客様に配布し、カードのQRコードを携帯電話で読みとって、ポイントをためていき、携帯電話からのポイントクーポンを利用して、お得になるというサービスです。

今や、各業界において、携帯電話販促に力を入れている。
その中でも一番の成功例としては、「マクドナルド」と「TUTAYA」がある。
その会員数は、○○万人規模で、到底当社と比較にはならない。

しかし、当店のような小さなお店でも、やり方はあると思う。
ご利用していただいたお客様とのコミュニケーションツールとしての利用方法、
会員様だけの限定サービス、特別割引、
入会することでの何か面白い楽しさ、等々

今のメール会員さんから、「登録のやりかたやポイント加算のやりかた、クーポンの使い方等、わかりにくい」という声をこの半年の間、何度か耳にした。

もう一度、考え直してみよう。
「お店」目線、「お店」都合になってなかっただろうか?
「お客様」のニーズ、要望に答えれる携帯メール会員システムだっただろうか?
メール会員募集はなぜ始めたのか? 
すこしでも「お客様に喜んでほしかった」という原点に戻ろう。

煩わしい、ややこしい、使いにくいシステムはやめよう。
簡単に、わかりやすいメール会員システムに変更しよう。

5月中旬をめどに、リニューアルしたメール会員募集を再開させよう。

原点は「お客様」に喜んでいただくために。


大阪市内、大阪府下での寿司、釜めし、お弁当の出前は、千両箱、漁彩、釜めし茶屋にお任せください。

セミナー食、会議食、法事、法要、ロケ弁、何なりとご相談ください。

                          杉本 修一

  
Posted by ryousai at 10:42Comments(0)

2010年04月17日

釜めしの出前

今年に入り、釜めしの出前を注文していただくお客様が、全店で増加している。
すごくありがたいことだ。

釜めしの出前自体、大阪ではかなり珍しい。
たぶん、大阪市内に限れば、当店が出前部門では1と自負している。

しかし、大阪の食文化の中心は、”うどん、粉もの(たこ焼き、お好み焼き)、”で以外にも、米飯メニューは大阪の食文化として、代表されるものは少ない。

お寿司?  全国みんな大好きですが、やはりお寿司といえば、江戸前寿司が一番に頭に浮かんでくる。
白米?   これも新潟産こしひかりが一番に頭に浮かぶ。
かやくご飯? え、かやくご飯って、どこが代表される地域か、すぐに頭に浮かばない。
焼きめし?  これは中華料理ですね。
釜めし?   釜めしっていう料理は、みなさん知っていますが、案外大阪の人は食べ慣れていない料理なんです。 
釜めしで頭に浮かぶのは、そうそう「峠の釜めし」、夜行電車や東北、北陸での鉄道旅行での駅弁、このイメージですね。

当店は、創業以来10数年、釜めしの出前を行っています。
定番の釜めしから、ビビンバ風、ドリア風、また創作釜めしと新しい商品開発にも取り組んでいます。

なかなか食べる機会が少ない「釜めし」ですが、なにか機会がありましたら一度ご賞味ください。
大切なお客様、来客にも喜んでいただける鉄釜、木箱入りの豪華な容器から、ご家庭食、職場食で気軽に食べていただける使い捨て陶器での釜めしと、お客様の用途に応じてご用意させていただいております。

大阪での寿司、釜めし、弁当の出前、宅配、ケータリングは千両箱、漁彩、釜めし茶屋にお任せください。

ご予約での割引特典もご用意させていただいております。

法人様のセミナー弁当、会議食、研修弁当、ランチからご家庭でのお食事、法事、等
何なりとご相談ください。

ご予約でしたら、大阪府下、多くの地域を配達させていただきますので、ご相談ください。


               千両箱/漁彩チェーン    杉本 修一  
Posted by ryousai at 15:12Comments(0)

2010年04月16日

”縁”の復活

昨日は、当社の4月度定例会議。

この春の花見、決算需要、卒入学需要等の各店の状況説明、成果と反省、G/Wに向けての準備等、活発な意見が各店長からありました。

やはり、元気が一番、「お客様」に喜んで選んでもらうため、今後もみんなで話し合い、よいサービスへとつなげていこうと思う。

また、今回の会議では、お世話になっているNNAテンダーサービスの佐藤先生より、インターネット、ホームページの作り方も教わった。

いろいろな事例を交えながら、ご指導いただけたので、当店も早急に、お客様のニーズをきちんととらえたホームページ作りに取り組んでいきたいと思う。

佐藤先生ありがとうございました。

実は佐藤先生とは、小中学校の同期生でした。
いやはや、びっくり。

”縁”とは、怖いものですね。
今後とも、佐藤先生とは、末長いお付き合いになる予感が、、、

大阪での寿司、釜飯、弁当の出前は、千両箱、漁彩、釜めし茶屋にお任せください。
会議食、セミナー食、法要、法事、あらゆるニーズにお応えします。


                        杉本 修一  
Posted by ryousai at 14:15Comments(0)

2010年04月14日

地球の資源

つい最近まで、「マグロ」のニュースが注目を浴びていた。
なんとか、日本側の意向が通り、ワシントン条約対象外となった。
まずは、一安心だが、これで終わっていない。

「終わりの始まり」であることには変わらず、今後の動向に注目していくしかない。

先日、マグロの仕入れ取引業者と話したところ、かなりの危機感が伝わってくる。
マグロの仕入れ業者は、大量仕入れが基本なので、ここ当面、3カ月分くらいのストックは確保しているという。
しかし、その先は、仕入れ量、価格がまったく読めないで困っている。

市場に出るマグロも、夏以降は値上がりしてくるに違いない。

また、まぐろに影響してか、魚介類全般値上がり傾向になってきている。

乱獲、密漁、闇取引、そういえば、先日も和歌山県太子町の「いるか漁」が世界でやりだまに上がってきている。
天然資源である以上、やはりなんらかの規制、制約、取り決めは必要であるが、国々の食文化、風習、習慣の違いの溝を埋めていくのは大変であり、そこに利害関係が交錯しているのだから、まとまる話もまとまらない。

先日、TVで上戸綾と動物たちのCMが流れていた。
「地球を悪くしたのは人間の存在であり、またよくできるのも人間だ。」
考えさせられる。



 大阪でのお寿司、釜めし、弁当の出前、宅配は千両箱/漁彩にお任せください。


                            杉本 修一

  
Posted by ryousai at 11:55Comments(0)