2011年03月17日

光と影

先日発生した東北大震災により、原子力発電所の事故の報道があわただしくなってきている。
命にかかわる問題である以上、深刻な問題であり、今後の報道を注視している。

今回の震災による原子力発電所の事故であらためて、「光と影」が明らかになった。

今日の日本経済、人々の暮らしを支えている電力。
原子力発電所の事故の影響で、関東地方「計画節電」での都市機能の混乱。
これだけの供給量を確保するには、原子力発電所は欠かせないという事実。
しかし、世界最高レベルの安全基準を持つ日本の「原発」でさえ、この震災により多くの危機を抱えている。

人々の生活を優先するのか?
人々の生命を優先するのか?

難しい選択を突き付けられている。


しかし、答えは出ていると感じる。

現状の電力供給量の維持、拡大なくして、日本は維持できない。
電気の無い時代には、戻れるはずがない。

しかし、日本は、あの長崎、広島の惨事は絶対に忘れない。

最終的には、「政治力」での解決、政治家の「覚悟」無くしては前には進めない。

「先送り?」は、許されない。

ふと、「沖縄問題」を思い出す。

                           店主   杉本 








Posted by ryousai at 11:17│
Tweet