2013年08月01日

出雲大社へ参拝。

先日、60年ぶりの平成の大遷宮に沸く出雲大社に正式参拝してきました。

平日にも関わらず、人、人で混み合っていました。

通常、神社での参拝は、二礼二拍手一礼 ですが、出雲神社では、二礼四拍手一礼 が正しい作法らしいです。

一般での参拝では、本堂外門の「八足門」前での参拝ですが、特別に、一つ奥の「楼門」前で参拝することができました。

「家内安全」「無病息災」「交通安全」「商売繁盛」しっかりお願いしてきました。

出雲大社といえば、大国主大神が祀られており、一般的には、「縁結び」で有名です。

「縁結び」の「縁」とは、運命のめぐりあわせであり、「縁結び」とは、人との出会い、男女の出会い、親子の出会い、その他生きることすべてが「縁結び」であると考えられています。

今、こうして自分があるのも、たくさんの「ご縁」が導いてくれたものであると考えれば、出会い、楽しいこと、良いことのみならず、つらいことや悲しいこと、人との対立、別離などの日常の中でも、生きることすべてが「縁結び」ととらえ、たえず「感謝の心」を忘れずに生活したいものだとつくづく思います。

淀川花火の寿司の予約受付中。
大阪での寿司、釜めし、弁当の出前、宅配は、千両箱、漁彩にお任せください。

                                杉本修一


Posted by ryousai at 18:42│
Tweet