「カウンセリング.COM」と「心理カウンセラー.COM」
にて様々なご相談について回答しております。

(1つのご相談に対して、他のカウンセラーさんも回答されております。)

 「  」内のタイトルをコピーして各サイトに移動し
真ん中の検索にペーストしてご相談の回答をご覧ください。
ほかのカウンセラーの回答も含まれています。

※ 赤字は「参考になった」と評価いただいた回答です。


 

「人が怖いです。チャットカウンセリングを探しています。」 
いじめられるというのは、「攻撃しても、反撃されない、害がない」と思われてしまうことが、原因の一つと考えられます。なので、何もしてないのにおとなしくしてるだけでいじめの対象となる場合があります。


「自分は病気なのでしょうか?」
「体と意識は大人、でも心は子供」という場合があります。そうなると日常生活でなにか支障をきたしてしまいます。体と意識に合わせて、心も大人にさせる必要があります。


「寂しくて 寝つきが悪いです」
小さいころに愛を学ばずに育つと、「愛」ってなに?と、頭だけでなく感情でも理解できずに大人になってしまいます。「愛されてる」ことが分からない。だから「愛」で繋がることができず、「寂しい」「甘えたい」気持ちをを抱えてしまうのです。



「どうしたらいいですか」
ワクワク・ドキドキが強いほど、そのイベントなどが中止になったときガッカリ感は強いと思います。あまりのショックにもうこんなに悲しい思いをするくらいならもう「ワクワク・ドキドキしない!」と思って悲観的な見方をしてしまったことありませんか?



性に関して、食事に関して悩んでいます
中学校入学から高校卒業の間に「男子・女子」から「男性・女性」に大きく変わる時期に体の変化とともに受け入れざるを得ない「男らしさ・女らしさ」の答えを見つけるのに沢山の人が悩まれたと思います。 「性に関して、食事に関して悩んでます。」


不安定
一つのことに集中してる状態で、一気に別のことに意識を向けるという器用な集中力の使い方は、ほとんどの人ができないのではないでしょうか?こまごまとした作業を大きな作業として集中力したほうが効率が良いと思います。 「新社会人の悩み」です。


神社で、とんだお金を
お金を使う時というのは、その額を払うほどの「価値がある」と思ったから。その金額、使い方に、周りは否定をするかもしれません。しかし、その人にはその金額を払うだけの理由があるかもしれないのです。


人と関わる
仲良くなりたいけど、仲良くなるために「何を話せばいいのかわからない」と悩まれる方は多いのではないでしょうか? 「話の内容」がどうというより「話に乗る」「共感」「感想を込める」という「心を通わせる」だけで話が弾むということがあります。


自分はおかしいのでしょうか。
家庭内などで、DV、家庭内暴力、性的虐待などから逃れられずに、受け続けなければならない状況だと、自分の心の安定を保つために「意識と心を切り離す」「感情を切る」ということをして、自らを守ることがあります。 「自分はおかしのでしょうか?」


続かない
自立心が強い人ほど、誰かに頼ることを「迷惑がかかる」行為とし、我儘だと思う気持ちを「甘え」として「感情を押し殺す」ということで対処しようとします。  その結果、辛くはないけど、楽しくない。なぜ、生きているのかと悩むことがよくあります。


バイトがつらくて仕方ない
家族のために頑張りすぎて、心が「ちょっと休ませて」と言っているのかもしれません。


寮生活を終えてから心身の疲労が...?


母と関わりたくない」 


両親を殺してしまいそうです」 


マニュアル通りに生きすぎた」 


男性の怒鳴り声で泣いてしまうのを止めたいです」 


自分はマトモじゃない人間。もしかしたら発達障害?
みんなと違うことが多いと、「私って変?」と思いそうなると、色んなみんなと違うところばかり見てしまいがちです。でもそれは、「変」でも「発達障害」でも、「少数派」なだけで「貴重な個性」なんです。


体重が気になる
期待に応えなきゃ」「悪く思われたくない」「頑張らなきゃ」と自分に鞭を打ち続けた結果、心が折れてしまって心身ともに調子を崩してしまうことがあります。  そんな時は折れた心に鞭を打たずに、いたわってあげる必要がありますね。


仲のいい友達
すごく楽しみにしていたことをキャンセルされてしまったら、キャンセルした人のことを悪く見てしまうことがあります。 でもその人なりに何とかキャンセルにならないように努力をされていたのかもしれません。


「とにかく周りの人間が大嫌いになってしまう」
多数派が共通する「普通」「当たり前」が常識となるので、少数派の感性を持っていると生きにくい場合が多いですね。  でも、多数派が正しくて、少数派が間違いというのはありません。 




気持ちを安定させたいです。
望んだ仕事に就職できたのに、休日を楽しんでる友達を見て「羨ましく」感じたり「出勤が辛く感じる」ということは、「心が望んだ仕事」ではなく、「頭で選んだ仕事」かもしれません。辛い時は沢山泣いて、少しずつでも仕事を覚えていきましょう。

虚言癖
嘘をつく理由が「心配されたいから」だと、「大変だね」「大丈夫?」と心配してもらえるような嘘をついてしまいます。これは「私は愛される存在ではない」という思いと「愛されたい」という気持ちが嘘をつかせてしまうんです。

嘔吐恐怖症で辛いです。
見るたびに嫌だなと思うことを何度も見ていると、「見ることよりも、見たことで嫌だなと感じること自体に恐怖を抱く」ことがあります。こういう気持ちはとことん感じることでスッキリすることがあります。

酒ばかり飲む父
日々感じるストレスや不安、不満を紛らわすためにお酒の力に頼ることがありますね。その飲み方は飲酒量を増やし、自らの心身と周りの人たちにも悪影響を与えることがあります。そんな時は身近な人がその人の苦労をわかってあげることが大切ですね。

何かが襲ってくる
すごく忙しかったり、困難な状況でも「ファイト~!イッパ~ツ!気合いだ~!」と乗り越える人がいます。でもその理由が「サボったと思いたくない、逃げたと言われたくない」という思いだと、どんなに頑張っても心身を壊すだけの場合が多いです。

恋愛がしたい
「可愛くない私に恋愛出来るのかな」と引っ込み思案になっていると魅力が感じられにくい場合がありますが、「女子力アップ・女磨き」などで「女」を楽しんでいると、その「楽しい」という雰囲気が魅力となって引き寄せられる男性が現れやすくなります。

「大学に進学したけど」

自分の人生を会社や組織に頼る、依存するのではなく、自分の人生は自分で切り開こう!安定した収入や充実した福利厚生は魅力を感じます。でも、自ら進んで様々な知識を学び実力をつければ職場に頼らなくても得ることができます。


甘えなのか病気なのか」
その人の人格形成に大きな影響を与える「家庭」。その家庭で「安心感」を得られないと常に身構えた態度、雰囲気が周りの目につき、いじられる原因となることがあります。これを改善するためには「安心感」を得る必要がありますね。


「精神科に行ったほうがいいのでしょうか」
 お酒は気分を高揚させ現実の憂さを晴らしてくれます。また、過去の心の傷を思い出すと、その時の気持ちを紛らわすために飲酒しがちです。お酒の力を借りないために、飲酒だけの時間を相談の時間に変えて飲酒しない、飲酒量を減らすといいですね。


私の実家はゴミ屋敷。片付けてもまた散らかってしまう。」 
 沢山買い物をして、ごみを捨てられないと言うのは、買うことで「満たされない思いを満たそう」という気持ちと,「やるからにはちゃんとやらなきゃ」という完璧主義な性格が原因であると考えられ、満たされない思いを癒すことが大事ですね。


「自信がない」

高校卒業して進学したら、学生生活を楽しんで就職、というのが今の日本の学生の一般的な発想だと思います。就職において勤務地や待遇にいろいろ希望があると思います。でも、どこに就職したいかよりも、何をしたいのか?のほうが大事なんですね。

 

 「気になって仕方ない」
 
悪口を言われた誰だって、傷ついたり、嫌な思いをしますよね。悪口を言われたくないと思っていても状況は改善されないので「自分の良さに気付いて自覚する」が大事になります。私の「いいところ」「魅力」「出来ること」って何だろうと考えましょう


自分が解らない
 男性にも女性にも「男性性」「女性性」という「男らしさ」「女らしさ」という感性を持っています。女性性が強い男性はオネェ系と言われ、男性性が強い女性は男前と言われてますね。自立心が強いと男性も女性も「男らしさ」に磨きがかかります。


友人との関係が不安です」