皆さんは目的と目標を決めて行動をしていますか?

 登山で言うと「目的は頂上」「目標は目的までの道のり」に例えることができます。

 目的地を目指して進むと険しい道のりを進むときがあるかもしれません。

 もし、険しい道のりを進まなければいけない、または思わぬところで険しい道のりに出くわしたらどうしますか?

 もしかしたら、険しい道のりを自分の「試練」と考えて果敢に挑んでいるのではないでしょうか?

 試練に立ち向かうことの良し悪しは別として、その試練を乗り越えた先には何があるのでしょうか?

 もしかしたら、試練に立ち向かう理由が「逃げたと思いたくない」「逃げたと言われたくない」 何より「逃げたといわれたくない」のではないでしょうか?

  特に男性は「逃げた」と言われることを嫌い、「逃げた」言われるくらいなら「ここで死んだ方がいい」と思うでしょう。

 「逃げるが勝ち」と言う言葉がありますが、男性は本能で戦いに勝って、戦利品を持ち帰らなければいけないと思うように作られているのだと思います。 

  困難な状況を乗り越えたことで、達成感を感じたり、自信がつくことはありますが、やみくもに「これは試練だ」と思って頑張るのは、自分の身体にムチを打ち続けているのと同じことだと思います。

  「試練を乗り越えた!(`Д´)ノ」       「すごーい!Σ(゚д゚;)」 
                     「で?( ・Д・ )」
 「で?って・・・(  ´・ω・`) 」     「何でそんなに頑張ったの?( ・Д・  )」
  「そ、それは・・・・・(; ̄Д ̄)」              

 という感じで、「逃げたと思いたくない、思われたくない、言われたくない」という気持ちが頑張る動機なら、「やりたいこと」「好きなこと」をしているのではなく、「周りの目を気にしている」ということになります。
   
 「ここで○○円の売り上げをあげて、月間売り上げ目標の達成をし、年間売り上げ目標を達成を現実のものにする。」というのが動機なら「頑張った理由」がはっきりと思います。

 しかし、そもそも「試練」というものが必要なのでしょうか?

 目標を高く設定したり、いきなり思いもよらない出来事があった場合、これは「試練だ」と捉えて頑張る時があるかもしれませんが、好きなことをしてる人にとってはそれすら「試練」と思わないかもしれません。

 「いやー、これは大変だな(・∀・)、よーし頑張るぞ(^∀^)」

 たぶん、このような気持ちの人は「試練」というより「やりがい」という捉え方をしているかもしれません。

  もし皆さんがこれは「試練」だと感じたとき、ちょっと考えてみてはいかがでしょうか?

 「この「試練」を乗り越えた先になにがあるんだろう?自分の成長?目標達成?それともただ逃げたと思いたくない、言われたくないだけ?そもそも、何のためにこれをやっているんだろう」と。

  とにかく、仕事として今を乗り越えなければいけない時は乗り越えることに全力で対処して、一段落着いたら考えてみてください。

 「好きなことをして生活をしたい」でも好きなことが仕事として成り立つか?というのは別の機会でお話しするとして、「何のために今この仕事をしているんだろう」 とその目的、目標を見直してみましょう。

 皆さんが「好き」なことを「夢中」になって取り組める「仕事」に出会えることを祈って!


 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




りょうしんは「提案型」心理カウンセリングから自己分析・人生の目標設定まで
あなたの「才能を開花する」お手伝いをします!



あなたの「どうしたらいいですか?」お応えする!
 
< 「提案型」心理カウンセリング >

      電話(Skype)カウンセリング  60分    3000円
      面談 カウンセリング        60分 10000円


カウンセリングってどんなことするのかな?
 
受けてみたいけど、何するかわからないし、なんだか怖いな・・・。
 
でも、ちょっとだけなら受けてみたな・・・。

そんな方に体験的にカウンセリングをお受けしていただけるカウンセリング!
 

10分 500円

追加料金:10分500円、延長最大110分)
 


その他各種セミナー・イベントも開催しております!

詳しくは弊社HPをご覧ください。