2007年02月12日

強行採決を視野に、年齢は20歳でGO

〜TN〜

自民国対委員長、国民投票法案の与党単独採決も=民主「十分な議論が大事」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070211-00000037-jij-pol
(Yahoo!ニュース)

2月11日13時1分配信 時事通信


 自民党の二階俊博国対委員長は11日午前、NHKの報道番組に出演し、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について「早く成立させることが大事で、5月3日の憲法記念日に法律が既にできている状況を作らなければいけない。できれば民主党と一緒に円満にという思いがあるが、どうしても議論だけに空転しまうようなことがあれば、採決せざるをえない」と述べ、与党単独採決も辞さない構えを示した。
 二階氏は「調整に時間をかけすぎだ。民主党が結論を出してもらえればいい。民主党の中で方向を決められるかどうかだ」と指摘し、同党に早期成立への協力を求めた。
 これに対し、民主党の高木義明国対委員長は「手続き法といえども、憲法に大きくかかわってくる。十分な議論を与野党で詰めることが大事だ。参院は全く手も付けていないので、議論に時間がかかるのではないか」と述べ、慎重に審議すべきだとの考えを示した。 

最終更新:2月11日13時1分

時事通信


〜意見〜

何度もこのブログで取り上げてきた、国民投票法案であるが与党は民主党に擦り寄る形で、年齢を18歳にしようとしているが、それは大きな間違いだと思う。そもそも民主党は成人年齢を18歳としようとしているが、それは明らかに高卒の年齢から出してきたものだろう。

しかしながら、18歳=成人としてしまうと、高卒=成人というイメージが出来上がり、高卒が絶対というような社会になってしまうと思うんです。無論、民主党はそれでもかまわないでしょう。なぜならば高校までを義務教育にしようとしているのだから。しかしながら、それもまた大きな間違いであると考えています。

今現在、高一の方々の数学で旧課程では中学校で教えていた平面図形という内容を教えているというのをご存知であろうか。つまり、ゆとり教育のせいで中学校の内容が底上げされ高校の内容にされてしまい、高校に行かないと以前の中卒レベルまでもが履修できない社会になってしまっているのです。それに合わせる形で、高校を義務教育にしようと考えているとしか思えず、民主党の考える高校の義務教育化は絶対に避けるべきで、中学校までに必要な内容を詰め込むほうがよいのではないでしょうか。

では何故、中学までに詰め込む必要があるのかということについてですが、まず頭の柔らかさや暗記能力に優れている年齢であるという事。またその優れている年齢の間に覚えた事というのは大人になって覚えた事よりもずっと長持ちするものです。そして16歳から社会で活躍できる人材が作れること。日本型雇用と呼ばれるものに終身雇用がありますよね。若い間はただ働きのようなものだけど年齢を重ねると働かなくても給与がもらえる。これには理由があるんです。

まず良く企業の社長さんが仰る言葉に大卒ほど使えないものはない。というのがあります。何も出来ない癖して、大卒というプライドはやたらと高い。そこで、最初の数年間はただ働きをさせ、仕事を覚えさせる。仕事を覚え段々良い人材に育ってくると、今度は他者に取られないように給与を高くする。とこういう仕組みな訳です。そこで、16歳からの人材を取る事で若くてまた次々と知識の詰め込める人材が育てられるということであり、またプライドもそこまで高くない。会社に長く居る事で愛社精神も養われるだろう。とこう考えるわけです。

また今回の教育再生会議で残念だったのは、これが発足すると同時期にいじめ自殺問題が過熱してしまったことです。ゆとり教育をどう見直すのかに重点を置くべき時期に、いじめの加害者をどうすべきかに時間を割かれてしまった。また、その虐めの加害者を出席停止にする措置を行うという提言はよいのだが、出席停止を行った後、今後虐めを行わないようにどういった教育を行っていくのか、宿題を出すのか、精神的なカウンセラーに通わせるのかこの結論が出されていない。

また、幼児期の義務教育化も視野に入れるというのも面白いのかもしれません。自分は幼稚園ではなく保育園だったので学習ではなく、遊んで暮らした記憶があります。しかしながら家庭で父親が50音表を模造紙に書いてくれたのが、ものすごく記憶に残って居ますし、わゐうゑをなんて行がものすごく印象的でした。

何が言いたいかいうと、幼い記憶というのは意味が理解できなくても残っているという事です。別に片手に竹刀を持ってスパルタ教育を行えと言っているわけではありません。百人一首など遊びながら自然に頭の中に入っているという教育を幼いうちから行うべきだとこういいたいわけです。

そこで問題になってくるのが財源です。一番手っ取り早いのは700兆円を超えるといわれるアメリカ国債をうっぱらう事ですが、中々それを口にする政治家は居ないでしょう。橋本元首相がぽろっと言っただけで、アメリカの株価が一気に下落したんですから。そこで新しい税の導入です。

1.ビニール袋税

2.パチンコ税

3.一千万以上の車に対する高級車購入税

なんてのがいいかもしれません。

ポイントは、貧乏人には負担させるべきではないというところでしょうか。

〜以上〜
人気blogランキングへ クリックしてくれるとありがたいです( 。・_・。)人(。・_・。 )


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
人気ブログランキング





人気ブログランキングです。クリックしていただけるとありがたいです

( 。・_・。)人(。・_・。 )
Profile
訪問者数
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)