アジア放浪 vol.12 特別編 in マニラ part1アジア放浪 vol.14 特別編 in マニラ part3

November 29, 2007

アジア放浪 vol.13 特別編 in マニラ part2

vol.12の続きから。

フィリピンのマニラで衝撃の1日を過ごし、僕は脱マニラを決意し長距離バスターミ

ナルを目指して彷徨った。

しかし、正確な地図がない。

誰一人として信じることのできないマニラの街で僕は人を信じるしかないという

状況に置かれていた。

うさん臭いおっさんに聞き、買い物帰りのおばちゃんに聞く。

横ではストリートチルドレンの子供達がスーパーの袋を売っている。

途中から若干身の危険を感じ、タクシーで移動開始。



それでも見つからない。タクシーの運転手もいろんな人に聞いてくれ、少しばかり

このタクシーの運転手を信じようかと思ったところでバスターミナル発見!!

料金も妥当な金額を提示してくれ、この日もチップ代わりにキャンディーでお礼の

証。

とりあえず田舎の村に行こうと思ったので、そっち方面へ行くバスの時刻を見ると

一日一本。発車時刻は夜10時。

そして現在お昼の12時。

とりあえず席だけは確保しときたかったのでチケット売り場の窓口に並んだ。

ローカルバスのチケットを買おうとしてる外国人が珍しいのか、暇そうなフィリピン

人がものっすごいなまった英語で話しかけてくる。

完全アウェー。


無事チケットを確保し、出発まであと10時間弱・・・どうしようかと考えた。

下手にふらついてバスターミナルの場所を見失ったらいややし、でもこんなとこで

10時間もおったらヤバイやろ。。。とか考えながら周りを見渡す。

さっきまで僕の後ろに並んでた親子を発見し、話しかけてみた。

僕「このチケットで大丈夫だよね??」

親子「yes!!」

こんな会話から始まり、世間話・フィリピンの治安を聞き、いろいろ話した。

そして僕が「ここから歩いて5分くらいの範囲でレストランかデパートない?」

と聞いてみた。

すると「あー、近くにあるし、私ら今日暇やから一緒に行く!?」と、一言。

正直迷った。行きたい。でも信じていいのか!?



彼らは3歳くらいの子と14歳の少年と18歳の少女とお母さんの4人。

拉致られたらどうしよ。。。って考えたけど、いざとなったら相手は子持ちやし、

勝てると判断。第6感も大丈夫と判断。

ちなみに僕は向こうから話しかけてくるローカルの人は信じないようにしてる。

悲しいけど、身を守るため。




タクシーを呼んでくれて乗車。

僕は一番窓際に座り、いつでも飛び降りれる準備をしてた。

しかし難なく5分くらいででっかいデパートに到着。

5人でデパートへ。

例のごとく入り口で荷物チェック。僕のバックパックがでかすぎたのか、警察官は

全然チェックせず笑顔で「go」と一言。


お母さんが「どこでご飯食べたい?」と聞いてきたので、「マクドナルドでいい

よ。」と、無難に答えた。味はもちろん日本と同じで、旅ではよくお世話になってい

る。


支払いはなんと、向こうのお母さん。

何度も払うと言ったが、断固拒否。

「Ryoはフィリピンに遊びに来ている。そして私たちはフィリピン人だ。

ツーリストを歓迎して何が悪いんだ?」



涙が出そうになった。

僕はせめてものお返しに、と思い、

「お母さん、子供達の世話大変やろ??夕方までこの子達とデパートで遊ぶから

ゆっくり買い物してきてー!」と僕は子守を引き受けた。



3歳、14歳、18歳のフィリピン人、そしてバックパックを背負った20歳の

日本人。

昨日の今頃では思いもつかなかったこの光景。

人生と同じように何が起こるかわからない、それが「旅」。




vol.14へ続く。


ryousukengo2 at 22:57│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アジア放浪 vol.12 特別編 in マニラ part1アジア放浪 vol.14 特別編 in マニラ part3