DVD Shrinkバックアップ失敗させるDVDコピーエラー

定番のDVDバックアップ・圧縮・変換できるソフトのDVD Shrinkは、実はWindows XPの時代からリリースされていない状態です。今のパソコンやDVDなどでDVD Shrinkエラーがよくあります。その時に「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません」という通知が表示されて、その後にいろいろな原因のような説明がありますが、初心者にとってDVDコピーエラーすらわかりません。もちろんどんな説明でDVD Shrinkバックアップ失敗する時にどうすればいいかともわかりません。ではこれから「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません」の後についている説明によってDVD Shrink DVDコピーできない原因、またはDVD ShrinkエラーでDVDコピーできない解決法をご紹介します。

目次

DVD Shrinkはエラーにより続行することができません通知とその原因ご究明

ファイル“○○”のオープンに失敗しました。

入力ファイルが対応できない時に表示される通知です。入力ファイルはDVDコピーガードなどで対応できないDVDの場合に、またはDVDではない場合にこの通知があって、DVD ShrinkでDVDコピーしたいファイルが入力できないということです。DVD ShrinkバックアップできるファイルはDVDまたはISOイメージなどの形式だけなので、それ以外のファイルや、壊れたファイルは認識できません。DVD Shrinkエラーというより誤操作です。このDVDコピーエラーを解決するにはこれからの記事はご参照になります。

【解決済み】DVD Shrinkエラーでオープンに失敗の原因と対処法ご紹介

メモリー範囲外です。このコマンドを実行するのに十分な記憶域がありません。

メモリが足りない時に表示される通知です。DVDコピーエラーは、DVD ShrinkでDVDコピーして出力するストレージではなく、作業中に必要なメモリが足りないということです。特に32Bitのシステムはメモリを2GBしか認識できません。DVD Shrinkバックアップだけでメモリを増やすわけもないと思います。ほかのソフトや作業を中止したりパソコンを再起動したりすれば直すかもしれません。

指定されたフォルダは無効です。アクセスが拒否されました。

フォルダではなく、DVD ShrinkとOSの互換性が原因です。DVD Shrinkはずっと前から更新されませんから今の新OS バージョンで動作すれば互換性が悪くていろいろなDVD Shrinkエラーがあります。Windows7には「管理者として実行する」ことで簡単に解決できます。Windows10の場合にこれからの記事はご参照になります。

DVD Shrink Windows 10で起動しない・使えないときの対策まとめ

次のページへ>>