October 11, 2005

記録更新、そして神になった。

秋セメが始まって1週間がたった。その間にあった出来事といえば、

1.ネットカフェのバイトが落ちた

2.誰でも受かるって言ってたバイトが落ちた。

3.何もしてないのに警察に職質うけた

ほんといいことない。バイトは16連敗ってことで、もはや笑えない状況に。

もう神の領域まで達した。てか、もはや神。おーまいゴッド。

もうね、コンビ二入ってもソッコーで、ヤンジャンにも、フライデーにも、婦人公論にも目もくれず、

袋とじもついていない求人案内を舐めまわすように見つめ、21歳の若者はただひたすらにバイト探しに明け暮れた。

今となってはいい思い出。大事にしよう思い出。その思い出プライスレス

就活が怖い。

Choose a job!!

  
Posted by ryouya0626 at 03:05Comments(4)TrackBack(0)

July 31, 2005

ハニカミプラン。

昨日はバスケの3on3がSPAビーチで行われた。我がモンチャックは狙い通りの準優勝

一歩ひくのが大人だよ。婦人服もゲット。

で、大会終わって涼しいとこに行きたかったので、タカピーガッツオレのカントリー組で夕方6時くらいから安心院へマイナスイオンの旅へ。

滝で平泳ぎをして遊んだ。ガッツの平泳ぎはトドみたいだった。

遊んだ後、タカが明後日には広島へ帰ってしまうので、おいしいものを食べようと地鶏の店へ。

jidori






地鶏のコリコリ感がオレは嫌いだった。


で、たらふく食ったあと、何かこのまま帰るのは「なんだかなー」みたいな感じになって

誰かが『熊本行く?』って言って、オレが言ったんだけど。

そしたら、割れんばかりの『クマモト』コール。時間は夜の10時30分


熊本へ出発。

出発して束の間、みんな疲れはMAX。眠気が襲う。

そしてなんとここでまさかの激しい霧。もう1メートル前も見えない状況。そして湯布院の山道。

二人の命を預かりハンドルを握る俺の手にも自然とチカラが入る。

こいつらだけは死なせねぇ。

そんな危機せまる状況で本気で後部座席で寝ようとするガッツにマジぎれする。

寝たら俺と城島でハニカミプラン

という究極の罰ゲームで、ガッツの眠気を吹き飛ばす。

そしてテンションがた落ちのまま阿蘇到着。





阿蘇







土井ちゃん





プリンをほおばる土井氏。



もうオレもみんなも眠気MAXでヤバイのでここらで寝ようと宿を探す。

時間はもう1時。こんな時間に空いてる宿もないし、こうなったらラブホしかないとガッツが一心不乱に探す。

『これだ!』ガッツが叫ぶ。

名前は『ホワイトキャッスル』ネーミングがいまいちなのでそのままスルー。

そして熊本市内まであと22kmの標識のとこらへんで、

ネットカフェを発見する。その名も『コミックバスター』

もうここで仮眠を取ろうと決める。

深夜のネットカフェ。店内に入るとそこはもう電車男の巣穴だった。

こうなったら俺らも電車男になりきって、7時間パックの3人部屋にする。

親切に応対してくれた店員はめざましテレビの軽部アナに激似でヒトリ吹き出しそうになった。


軽部










コミックバスターへヨウコソ。






部屋に入ると、タカピーは大人の漫画を1巻から丁寧に読破しようとしオレはコーンポタージュスープを片手にドラゴンボールを読み始め、そしてガッツはすぐに寝た。



バスター







そして朝起きると、驚くことに全く体力が回復していなかった。

熊本まであと22キロ。 男達は決断した。



『帰ろう』



そういう意志の弱さが優勝出来なかった原因だと思いました。


Choose Kumamoto!!
  
Posted by ryouya0626 at 14:18Comments(3)TrackBack(0)

July 29, 2005

ナツヤスミ。

滞在期間もそこそこに別府へ帰る。実家の山縣家は韓流ブームがまだ継続していた。題名も役者も聞いたことがないような韓国ドラマを見まくっていた。

そんな家族の姿は見たくなかった。はやく別府に帰りたいと思った。姉とは相変わらず気が合わなかった。

とりあえず、海パンと浮き輪とボートは購入したので満足。

auのデザインの斬新さにボーダフォンショップのお姉さんの美貌さに後ろ髪をひかれながらも、FOMAもかろうじて購入。

しかしまだFOMA慣れはしていない。


そして、ウキウキ気分で別府に帰り、久しぶりにパソコンをつける。

キャンパスターミナルをクリック。英語の補講の対象者をクリック



自分の学籍番号を発見する。ダブルクリック

ショックだ。英語の補講なんか受けてるうちに夏なんて過ぎてしまう。

しかも1、2時間目。起きれるはずがない。しかも3、4、5限はセッションの授業。で、6限からバスケの練習。これじゃ受験生よりハードだ。

怠けていた自分を恨む。楽しい夏にしよう。

さようならナツヤスミ。

Choose summer vacation!!





  
Posted by ryouya0626 at 16:07Comments(2)TrackBack(0)

July 26, 2005

ホッチキスまでとめてくれてありがとう。

今日でテストも色んな意味でおわってしまい、色々悩んだ結果、熊本へ帰ろうと思うつたい。2,3日だけど。初めての車で帰熊なわけで、道もろくにしらないけど帰ります。

さっき親に『帰るから』とテレフォンするも、『あっ、そ。』の一言で片付けられる。

ろくな親じゃねぇ。

帰郷する目的は9月に行われる沖縄旅行の前祝いと買出しと携帯の買い替え

こうすけさんにFOMAで先を越された。いよいよガムテープでとめている携帯ともさよならだ。待ってろ。FOMA。電波なんか気にしねぇ。

さようなら。

Choose cell phone!!  
Posted by ryouya0626 at 11:11Comments(6)TrackBack(0)

July 15, 2005

シュラバラバンバ。

オレが大学2年目にも関わらず、3限は2時からと勘違いし、1時30分くらいに学校に着き、

遅れているのにも気づかず、コープで立ち読みして時間を潰している間、

英語クラスですごいことになっていた。まぁ詳しくはここでは書けないけど…。

すごい空気が漂う英語メンバー。空気を察せなかったオレは、とびっきりのハイテンションで、返り討ちにあう。ごめんなさい。まさかそんなにシリアスだと思わなかった。まさしく修羅場だったらしい。

少し考える。

自分に不満を言えるだけの資格があるのかどうか?。日々の自分の授業態度。
まわりがどうこうじゃなくて、自分はどう思っているのか。

何で、自分は真剣に考えていないのか。何で他人事なのか。

肯定でも否定でもないはっきりしない自分の立場が一番卑怯なのかもしれないとか。


悩んだ時…そんな時は、そうだ!




milk





牛乳を飲もう。カルシウム不足だ。みんな。




ラモス







ギュウニュウイイ!!



Choose milk!!  
Posted by ryouya0626 at 15:06Comments(3)TrackBack(0)

July 11, 2005

めんそーれ。

練習が終わり、家路へ辿る。何だか今日は体が軽い。

いい感じだ。『夏がきてんだな』とたそがれる。

家に着く。カバンを学校に忘れてきたことに気づく。どうりで軽いはずだ。

バカ丸出しだ。オレってば。これじゃプレゼンの準備も出来ない。

そんなこんなで自分を責めていると、地元の友達ヨシモトから着信。

『夏に沖縄いくばい!!』

その話しは2日前断ったばかり。理由はお金がないそんなに乗り気じゃないということ。

『俺らがお前の分だしてやるから』

なに?マジで? オレにプライドはない


『じゃお願いします。』


てなわけで、無料で夏の沖縄旅行決定。

『ほんと返さなんくていいと?』何度も確かめる。

なんでもオレは浪人してたからまだ2回生だけど、地元の友達は3回生で就活も始まるし、今年の夏が遊べる最後ってわけでどうしても、いつもつるんでたグループで行きたいらしい。

そうなれば俄然オレも調子に乗ってきて、沖縄で遊ぶ金と御土産代も出して欲しいと懇願する。

『殺すぞ』と言われる。

ならば、『うちの親父と母さんも行きたがってるから連れて行っていい?』と尋ねる。

ここまでくると、俺ん家がすごく貧乏な家にみえてくる。

びんぼっちゃまみてぇだ。

その案は無言で却下。


さすがにそれは虫のいい話しか…。

とりあえず、無料で沖縄なんか滅多にいけない。

ほんとに感謝。友達に感謝。そんな素敵な友達に出会わせてくれたこの人生に感謝。あぁ涙が出る。

ありがとう。このご恩忘れない。実は結構貯金あることは内緒だ。



     『めんそーれ』

Choose travel!!  
Posted by ryouya0626 at 23:32Comments(4)TrackBack(0)

July 08, 2005

想いを言葉に。to you.

ずっと気になってた。かなり前から。

でも、想いを言葉には出来なかった。言いたくても言えなかった。オレにはいつも踏み出す勇気が足りなかった。

舞台は、近所のコンビ二・エブリワン

夜の12時を回るころ、今日もオレはアイツのことを考えた。もう胸の中はアイツでいっぱい。よし!

今日なら言える。ひこ星がオレに勇気をくれる。

髪型なんかキニシナイ。エブリワンに息を切らして走る。走る…。

店内に入る。その姿を探す……。いた!

まわりを見渡す。客もいない。レジはいつものあのコ。チャンスだ。

頑張れオレ。笑われてもいい。カッコ悪くたっていい。不釣合いだって構いやしない。

今日は言える…。長年の想いを言葉にする









『ソフトクリームひとつ。持ち帰りで。』






そふとくりーむ









食べたかったんだよね。これ。



Choose the Star festival!!  
Posted by ryouya0626 at 00:02Comments(0)TrackBack(0)

July 06, 2005

氷点下の恋物語。モンモン。

大人になりたくて、早く大人の男になりたくて、

風呂上りにバスローブを着るようになってから約1週間

バスローブ、シャム猫、ワイン大人への3拍子は…

シャム猫は学生マンションなので、金魚で我慢。

ワインは、酒に弱いのでファンタグレープ。

バスローブはオレが着るとボクサーのガウンに見えるらしい。

まだまだ大人にはなれそうにもない。


てか、 そんなことはどうでもよくて、


金魚がらみの話しでは最近、友人G金魚(モンモン)死んだ


1週間前までは水槽で元気に泳いでいた。モンモン(金魚)も友人Gを愛していたし、友人Gもモンモンを愛していたと思う。それは悲しい愛の物語


ただモンモン(金魚)を愛しすぎた友人Gはとんでもない行動に…。思いやりからか、クーラーをつけっぱで寝てしまい、クーラーの真下に置かれる水槽の水は、冬の南極のように冷たくなっていて…。


友人Gが気づいたときには、モンモンはもう冷たくなっていて、安らかな顔で目を閉じていたらしい。


その話しを聞いたとき俺はなぜか『セカチュー』を思い出した。BGMはもちろん、『おさかな天国』






ラモス









タスケテクダサイ!!










『もう誰も愛さないの?もう金魚は買わないの?』俺は友人Gに尋ねる。



『もう…金魚は買えない…』

『魚なんて見たくもない』友人Gは静かに答える。

やっぱりモンモン(金魚)を失ったココロの傷はでかい。魚を見るとモンモン(金魚)を今でも思い出しているんだろうか?

そんな友人Gの傷を癒すべく喜びいっぱいのJOYFULLへ。







友人Gは、店員に注文する。




『マグロ丼大盛り!!』




金魚






おいっ!!


Choose joyfull's menu!!  
Posted by ryouya0626 at 01:47Comments(4)TrackBack(0)

July 01, 2005

音楽リレー。

DolphinsマネからMusiQ?なるバトンをうける。このバトン必ずつなげてみせるぜ。



1.コンピューターに入ってる音楽の容量は?  
  →2.82GB  多いのか少ないのか分からない。そもそもGBっていう単位がわからない。


2.今聞いてる曲は?  

 →Hot milk/Jackie Mitoo

レポート作成中やったので、レゲエで気分を盛り上げる。



3.最後に買ったCDは?
  
 →やさしい気持ち/chara
 TSUTAのワゴンセールにて100円で即買い。
   

 →映画『リリィシュシュのすべて』のサントラ



4.よく聞く、または特に思い入れのある曲は?(5曲チョイス)。
 
 



 フッフッフッってするんです/とんねるず

 初めて買ったCD。振り付けまで完璧に覚えた。



 


 Better Together/Jack Johnson

 晴れた日の昼間10号線の海沿いの道を走りながら。



 
 

 Stay Gold/Hi-standard

淡い頃。。

 

 

 Rock Away/BERES hammond

海で、夜中に大音量でかけてたら、ヤンキーにからまれる。




 名もなき詩/Mr,children

小学生のころ好きな女の子からもらう。姉ちゃんに割られる。



こんなもんかな。まだまだあるけど。書けなかったけど、大学受験のテスト中に頭の中で離れることなく流れ、落ちた原因となった『おさかな天国』にも恨みを覚える。

成長するにつれて聞かなくなっていった音楽はたくさんあるけど、ミスチルはずっと聞いている気がする。高校の頃はパンク、Jazz、Reggaeを聞いていた。今は、様々なジャンルの音楽をその場にあった音を選んで聞いている。


で、5人にまわそうとしたけど、何とまさかの不可能であるのでここでリレー終了。なんとも悲しいぜ。自分の友達の輪の小ささを改めて実感。


Choose music!!
  
Posted by ryouya0626 at 00:15Comments(1)TrackBack(0)

June 27, 2005

トライアウト。

今日は11月から始まるプロバスケのbjリーグのトライアウトに参加してきた。

まぁ記念受験みたいなもん。で、会場である別府アリーナに応援者であるガッツと共に着くと、そこは異空間と化していた。

東京の大学リーグの1部の選手や、九州の有名選手、社会人チームのひと、Fuckが口癖の外人。やばすぎる。

受付をすまして、アップをするためフロアでドリブルをしていると外人がオレのボールを奪い取り、挑発する。

ようするに『オレからボールを取ってみろ!』みたいな感じ。

完璧に日本人をバカにしている。てか、お前はマンガの見すぎだ。

1分後くらいにようやく返してもらう。

そして1次審査が始まる。

トライアウト







ボードタッチ、ドリブルシュート、1on1、シャトルラン。

思うようなプレイは出来ないまでも、まずまずな感じ。しかし、一次審査で75名から20名くらいまで絞られる。

絶対無理だと思った。でも番号と名前が呼ばれる。客席から歓声が沸く。

ん?誰だ?よく見るとガッツと黒田さんだった。けっこう恥ずかしかった。

で、二次審査はゲームとかやって終わった。かなりレベルが高くて楽しかった。あのボールを奪った外人は2次の途中で落ちていた。ざまぁみろ。
結果は後日連絡があるらしい。

トライアウト











でも、全く自分をアピール出来なかったんで、かなり悔やしかった。

何かどうしても、自分はまわりに合わせてばかりで、自分をアピールするための積極性が足りなかった。

バスケットはチームプレイだから、ヒトリが勝手なプレイとかしたりすると勝てない。だけど、これはトライアウトで、自分を目立たせないと残れない。

そこが自分には足りなかったなと感じた。自分をアピールするのはすごく難しいけど、それはバスケだけでなく、社会に出てからも、生活するうえでも、大事なことなんじゃないかと…アピールしまくるのは嫌われるけど、時として主張しなきゃいけないときもある。

などと…

マジメなことも考えちゃったりして

まぁとにかく得るものが多かった。高いレベルの中で自分の通用するプレイ。
通用しないプレイ。

マジでみんなあちぃーヒトばっかだった。行ってよかったと思った。

小学3年からずーっとしているバスケでなんかカタチではないけど、自信になるものが出来てよかった。

応援にかけつけてくれたガッツと黒田さんにも感謝。

そして、トライアウトが終わるとまさかのバスローブ。

バスローブ







あとはシャム猫とワイン…


Choose try out!!  
Posted by ryouya0626 at 22:46Comments(1)TrackBack(0)

June 26, 2005

誕生日。

今日26日は自分の21歳の誕生日だった。思い起こせば一年前の今日は、誰からも祝われなかった。親からさえも連絡はなかった。

これって絶対サプライズだなと思い、仕掛けやすいようにその日はコンビ二へも行かず、家にいた。サプライズを待ちわびていると、時計の針は12時を回り、27日へと日付が変わる。期待は打ち砕かれ、絶望へと変わる。

社会と自分に失望を感じたアノ日から1年。オレはグレた。ワークショップなんか行かねぇ。ロンリーウルフもう誰も信じねぇ。

しかし今日、オレが一番好きな映画のDVDのプレをもらいーの、ケーキをもらいーの、歌を歌ってくれいーの、素敵な祝福を頂く。


DVD







ケーキ









生まれてきた喜びを感じる。だってニンゲンだもの。





ラモス





オマエハヒトリジャナイ!!




ありがとう。みんなありがとう。


あれ?そういえば親からまだ連絡がない…



Choose birthday!!  
Posted by ryouya0626 at 20:03Comments(1)TrackBack(0)

June 25, 2005

いつもの週末。

1e90bf86.jpg今日はおされにインドネシア料理を食いにいく。店内もそこそこシャレた感じで、客もいないし、いい感じ<だ。

まぁ、オレの席の前に座るはタンクトップ1枚の広島男子。そこは否めない。

ご飯のおかずに煎餅がついてくるという不思議さに、インドネシアに対し軽く不信感を持つ。

とりあえず腹をふくらまし、バスケの自主練を7時くらいからしにいく。

練習着が似合ってないと大勢から非難される。確かに違和感があった。

練習後、携帯を取り出すが今日も着信なし。センターに激しく問い合わせる。メールなし。

いつものことだ。気にしない。

ラモス







キニシナイ


Choose side dish!!
  
Posted by ryouya0626 at 00:31Comments(1)TrackBack(0)

June 19, 2005

シタゴコロ。

今日は、昨日の新歓の疲れがたたり、昼の2時頃に目を覚ます。それから部屋の片付けにとりかかり、

何気なくテレビをつけると、今日は父の日だという。

そりゃ、大変だ。1週間後は自分の誕生日ということもあり、下心100パーセントで、

クールビズのためネクタイの購入はやむなく断念しました。との文章を送付し、感謝のメールを送る。

親父がメールの返信が出来ないことは知っているから、返事は期待しない。

どこまでも、昭和な親父。自分が渡哲也に似てると思い込んでいるが、

まさしくその姿は竹中直人以外の何者でもない。

55歳にしていまだ1500メートルを五分台で走る。最近、チェジウにはまる

驚異。

Choose father!!  
Posted by ryouya0626 at 18:51Comments(0)TrackBack(0)

June 17, 2005

さらば国旗。

今日は、タツキがわさだタウンにて幻のバッシュを発見したとのことだったので、

授業終了後、バッシュを買うため速攻でわさだタウンへ向かう。道が全く分からないながらも、

フィーリングで何とか着く。さぁバッシュだ。ない。サイズがない。

こうなったら寿司だ。寿司だ。寿司が嫌いな俺は、実に3年ぶりの寿司を食らう。

f46d97d6.jpg








やっぱりノリで行っても、ヒカリものはダメだ。イカなんて見るのも嫌だ。

でも、わさびが食えるようになってた。大人だ。オレは、もう立派な大人だ。江戸っ子だ。

3年前行ったときは、国旗がたってるやつと、プリンしか食べれなかった。

3年間の成長を感じる。

3年後にまた行こう。

Choose sushi!!  
Posted by ryouya0626 at 22:26Comments(0)TrackBack(0)

June 15, 2005

平家物語に完敗。

今日は授業で扱う平家物語の脚本に悩まされていた。気分はクドカンだ。タカ温泉に行く約束をしていたので

マネ宅にて一心不乱に脚本の構想を考える。3人よれば文殊の知恵。アイデアが飛び交う。

セリフを大分弁にすると、あらま不思議。



おおいた





文法的に間違っているとパソコンから指摘される。


なんやらかんやらで深夜2時30分ごろにようやく完成。

さぁ、温泉だ。一緒に行きたがっていたウルフにも電話をかける。

出ない。寝ている。しょうがないからおいて行く。また今度なウルフ。メンバーはガッツを加え、

久々のカントリー組。ガッツは明日の1限の授業を気にかけながらも強制参加。秘湯につくと、裸の女のヒトがいて、みんな沈黙しつつ目のやり場に困る。

俺たち3人だけになり、くつろいでいると地元のおじさんが現れる。やたらと話しかけられる。

途中でうざくなり、早めに上がる。「これから右折の旅をしようか?」との俺の粋な提案は

全くもって拒否られる。すると、そこでアイデアマンのタカが、「上人で足湯につかりながら朝日を見よう」とこれまた粋な提案。

みんな俄然賛成だった。

まだ朝日が出るまでには時間がかかりそうなので、うどんを食べて待つことに。

山菜うどんセット





うどん屋では、好きな漬物について熱く語られる。タカはたくわんが好きだと言い、ガッツはぬか漬けが好きでたまらないと言い、俺は大根の葉っぱが好きだと打ち明ける。

まさしくカントリーな会話。

しかし、予想以上に冷麺と山菜うどんがまずかったせいか、みんなのテンションはがた落ち。

腹いっぱいになり、『じゃ、帰ろうか』ということになり家へ帰る。

あー温泉も気持ち良かったし、いい1日だった。



あれ?朝日は?


Choose rising sun!!
  
Posted by ryouya0626 at 05:28Comments(3)TrackBack(0)

June 12, 2005

アイス当選。

今日はプレゼンの準備のため、昼に起きて学校へ向かおうとするも、まさかの二度寝で、

学校に着いたころは、ほぼ終わっていた。悪いことをした。学校への滞在時間は10分程度で山を下る。

こないだTシャツについたカレーピザのシミがなかなか取れないことを話していたら、トモダチのショーショー漂白剤を持っているというので、漂白剤を借りるためショーショーの家へ向かう
ついでにもいただく。


kome






立派なお米だ。


帰りによったローソンでくじを引き、アイスが当たる。

店員に『おめでとうございます』と言葉をかけられる。

ヒトの温かさを久々に感じ、涙がこぼれそうになる。

あぁ、生まれてきてよかった。

Choose lottery!!



  
Posted by ryouya0626 at 20:41Comments(0)TrackBack(0)

June 03, 2005

滝川クリステル。

今日は、昼前に起きて、それから映画『アイデン&ティティ』を見たら、何か

無性に野球がしたくなり、カントリーボーイズのタカピー

『野球がしちゃあ』とメールを送ると、急な誘いにも1分後には『どこでする?』との返事。

しかし、なぜかまさかの宇佐行き。安心院行き。安心院は景色のいいとこで、テンション上がる。

田んぼと山しかなかったけど、タカは『故郷を思い出す』と胸を熱くしていた。さすがカントリー。

途中には、田舎の代名詞的な



エロ自販機





エロ本の自販機も発見した。うん。カントリー。




途中で滝を発見し、またもや歓喜の嵐。

滝




美しい景色。滝の轟く水の音。





しかし、残念なことにゴミが落ちていた。



ゴミ




残念だ。俺も、もうポイ捨てしない。






ラモス

   





     ポイ捨てかっこ悪い。



そして、上人ヶ浜に行き、足湯につかる老人や、犬の散歩をするお父さんたちを尻目に

夕日を背にして俺たちは一心不乱にスライダーを投げ込んだ。

目指せ甲子園!!

上人ヶ浜


Choose ball!!  
Posted by ryouya0626 at 00:23Comments(4)TrackBack(0)

June 02, 2005

ブレイク。

きょうはテストも終わったということで、6本借りてきたDVDのうち2本を見た。

見たのは『茶の味』『珈琲時光』どっちも、別に何が起こるわけでもなく、

静かな映画だった。両方とも、俺の好きな俳優の浅野忠信が出てて、いい味を

だしていた。我習院達也も。

茶の味







ブレイクは皆なんやら忙しそう。オレンジデイズしちゃうらしい。

俺は、またカボスデイズな日々。家でヒトリで延々と映画を見る。

最近すこし、アクティブだったせいか、精神的に疲れた。

やっぱり無理はいけない。スローライフ!!

Choose Life!!






  
Posted by ryouya0626 at 02:50Comments(0)TrackBack(0)

May 31, 2005

クリリンのことかー

今日は明日がテストということもあり、何をすればいいのか分からなかった。

うん。完璧にいま中だるみしている。今やらなきゃならないことを後回

しにしすぎだ。口ぐせのように『明日から、次から、頑張る』と言っている。

いけない。このままだと俺はヘタレになってしまう。公園のハトにパン

の耳を毎日与える仕事に就職してしまう。それだけは厭だ。せめてスーツを着る仕事がいい。

なんとしても、テスト勉強をしなくては。自分を追い詰めるために友達にメールする。 『勉強した?』

返事が返ってくる。

『するかぃ!あんなもん!』

俺は残念ながらトモダチに恵まれていないらしい。

そんなこんなでやっぱ2Qから頑張ることにした。


クリリン
そりゃクリリンも怒る


Choose friend!!  
Posted by ryouya0626 at 00:02Comments(6)TrackBack(0)

May 30, 2005

快適な日曜日。

昨日ドンキで買った傷隠しで、早速クルマの手当てをした。
傷隠し










これが使用前。
kizu









これが使用中。
kizu 2










そして、使用後。
kizu3









変化なし




そして、俺は気づいた
k


バスケ部マネージャーのクリスタルKの髪の色の方が変わっている。

ショックだ。その後は、まさかのゴーストライター。俺のレポートであるはずなのに

俺はただ黙って寝ているしかなかった。情けない。こんな弱い自分が厭だ。しかし、他人のレポートであるからなのか
ゴーストライターのテンションが一向に上がらない。やばい。このままだと

俺が書くはめになる。それだけは避けたい。とりあえず、台所

にたまっていた食器類をジョイで洗う。ジョイの影響か?食器を洗うのが

楽しくなる。こうなったら徹底的に洗ってやる。

それから、10時間くらいしてレポートは完成した。

ほんとうにありがとう

Choose writer!!  
Posted by ryouya0626 at 02:47Comments(4)TrackBack(0)