2012年06月17日

【中日】吉見、復帰登板で4勝目!

中日3-2オリックス

吉見が抜群の制球力でオリックス打線を抑え、見事に4勝目をあげた。立ち上がりにライト平田のところに飛んだ打球が捕れず、後ろにそらしてしまったことで3塁打とし、犠牲フライで1点失ってしまったが、その後は安定し、8回を99球で1失点と素晴らしい内容だった。

交流戦最後の試合にエースが帰ってきた!
ピッチングを見るまでは不安だったが、2回以降はヒットもほとんど打たれず、全く無駄のない制球力と投球術で不安は安心感へと変わっていった
浅尾と田嶋、川上、山本昌が故障や不振で1軍にはいないが、核となるエースが戻ってきたことを実感できた試合。これでレギュラーシーズンに戻って巨人をたたく準備ができたように思われる。


打線の方では平田がいっこうに本調子に戻らないが、森野の打球に力強さが出てきた今日は2安打を放ち、アウトになった打席でも左中間フェンスにもう少しというような力のある打球を飛ばしていた。次の試合は来週末になるが、出だしでヒットが順調に出ると勢いに乗れるかもしれない。

平田の代わりに途中出場した藤井も2安打。役者が少しずつそろってきている気がする。


そして本日はなんと言っても、8回表、1-1の同点の場面で高橋周平がプロ初ホームランを放ち勝ち越し、なおもその後に和田がホームランを放ち3-1とリードを広げた。
解説の人も「高橋周は昨日の試合では変化球などにタイミングが合っていなかったが、今日の試合では内角の厳しい球もファールにできており、成長するスピードが速い」 いっていたが、まさにその言葉を象徴する結果となった。
ここ最近、下位打線ながら試合に起用してもらっていることで少しずつ慣れてきているように見える。これからの試合は高橋周の活躍が楽しみだ。


最後は岩瀬が登板。討ち取った打球が内野安打になったり、イ・デホを警戒し四球を出し、ルーキー川端に打たれ1点を取られたが、いつもの岩瀬だと思うので問題はないと思う

ただいつも見ていると背中の丸まり具合が気にはなる。背中がまっすぐになれば軸がまっすぐになり、きれいに回転するので球威もアップすると思う。肉体的にも、精神的にもしんどいことも多いかもしれないけど、岩瀬は同い年なので心の底から頑張ってほしいと思う。

ryozo1 at 16:31コメント(0)トラックバック(0)ドラゴンズ+プロ野球   mixiチェック

2012年06月15日

【中日】ソフトバンクに勝てない中日

先日、ソフトバンク8-0中日という情けない試合に終わった中日。
改めて本日再放送のプロ野球ニュースを見ていると 勝てない理由がよくわかる。

2失策した荒木、何でもないゴロをエラーした森野。
軸足にしっかり体重が乗っていないため球が走っていない雄太。
上体だけでスイングしている山崎。
井端が5番を打っている。
平田が全然打てない。
 
これでは勝てるはず無い!

しかしそんな中でもソト、新人の西川がナイスピッチング!
高橋聡がようやく1軍に上がってきて打たれたが、ひとまず投手陣の役者がそろってきた。
吉見も先発に戻ってきそうだし、浅尾や田島が故障しているがみんなでカバーしながら踏ん張れば、秋には優勝も見えてくるはず。 

そのためにも森野、平田が打たなくてはいけない。
森野は少し力強さが出てきたかもしれないが、本来の打ち方はまだつかんでいないように思う。
平田は足を上げたときに力がいったん0にリセットされ、力強い打球が打てないフォームのような気がする。そしてスイングするときには投手方向に大きく体重移動するため、少しポイントがずれるだけでミートポイントもずれ、ヒットになる確率も下がる。
一番いいお手本としては落合だと思うが、平田には難しすぎるお手本かもしれない。

今年も忍耐強く応援することになりそうだ。
昔の強竜打線のように打ってほしいなぁ。

ryozo1 at 23:44コメント(0)トラックバック(0)ドラゴンズ+プロ野球   mixiチェック

2012年06月14日

【油絵】ZONE:MAIKO(4日目)

IMG_0252

久々に少し作業。目の周りと口元、髪の毛などの色を着色。黒目部分は少し光が入っているように光の差を出してみた。まだ丁寧に着色はしていないが、目の形や影の調子を微調整しながら、色を塗り重ねた。



ryozo1 at 00:14コメント(0)トラックバック(0)油絵・イラスト   mixiチェック

2012年06月09日

ZONEのライブに行ってきた!

7年の時を経て開始されたZONEのツアー。
札幌からスタートすることは今まであまりなかったようですが、今回は地元、札幌のペニーレーン24からスタート。
2人となったZONEですが、元々の楽曲が素晴らしいし、新曲も発売されたばかりで期待して参加しました。

内容を予想する限りでは今までの王道の曲+新曲になるかと思ってましたが、数曲懐かしい曲がありました。いつもと違うアレンジの曲も披露され、個人的にはかなりいいセットリストだったと思います。

その懐かしい曲はこの動画の中にあり
http://www.youtube.com/watch?v=5WSnvSDf2ac

また北海道限定ですが、ZONEが月1回レギュラー出演している「ケッパレ!ごはん」の話も10〜15分くらい?存分にあり、HBCに要望を出す場面もあり北海道以外から来ているお客さんもわかせる場面がありました。

MIYUの歌声は昔に比べると鼻にかかった歌い方になったと思いますが、新曲のメイキングでMAIKOが言っているように「色気が出てきた」歌い方になってきたように実際に聞いてみて感じました。一方のMAIKOは相変わらずバラードを歌わせれば抜群にうまかったと思います。 声の伸びが良くて素晴らしかったです。特に一雫は良かったですねぇ。

ZONE「一雫」
http://www.youtube.com/watch?v=bgTG_zOA84Y

会場もまずまず埋まりいいスタートだったように思います。これから4会場、盛況になればいいなと思います。

ryozo1 at 22:56コメント(0)トラックバック(0)音楽   mixiチェック

ZONEのツアーがスタート!

6/6に7年ぶりの新曲 「treasure of the heart 〜キミとボクの奇跡〜」が発売された。
聞いてみると、当たり前かもしれないが「あっ、ZONEだ」と思う仕上がり。
個人的にはMIYUの歌声が昔に比べると、ちょっと鼻にかかってるなぁ、と思うがいい感じの曲だと思います。
PVの監督とカメラマンは昔、ZONEのPVを撮影していた人だし、ファンの人にはたまらないかも。

そして本日6/9に札幌のペニーレーン24でツアーがスタート!
招待カード(1枚)をいただいたので参戦してきます。
楽しんでまいります。 


「treasure of the heart 〜キミとボクの奇跡〜」の紹介VTR
http://www.youtube.com/watch?v=FyEIApPB07c
 

ryozo1 at 14:23コメント(0)トラックバック(0)音楽   mixiチェック

2012年06月03日

【中日】小笠原が誤算でロッテに連敗

久々に先発の小笠原が、ストライクが全く取れずロッテ打線に簡単に打ち込まれた。
前回、中継ぎで登板したときは非常にスピンの利いたボールを投げていたが、今日は全くの別人。
強風が影響する千葉マリンでの投球だったからというのも考えられるので、案外ドーム球場だと好成績が望まれるかもしれないが、2番手で登板した山井の方が明らかに力が上で信頼ができる。
今後の登板はわからないが、落合が監督だったら即2軍行きだろう。

2番手の山井は2回1アウトから5回2/3を無失点の好リリーフ。いつもの制球の乱れも少なく、時折投げるカーブも効果的に決まっていた。本来ならば先発の柱といて使いたいところ。

得点はブランコが12号2ランを放っただけ。 ヒットは結構出ているが、森野が全く打てていない。多分今の状態では2軍でも打てないように見える。少なくとも3番打者としてランナーを帰す仕事ができていないので、スタメンで出すのであれば打順を変えるべき。

今の状態だと
3番 和田
4番 ブランコ
5番 平田
6番 森野
が打線がつながる可能性が高いかもしれない。 

森野は相変わらず打つ瞬間にしっかり踏ん張れていない感じに見えるし、ボールをとらえる瞬間に一番大きな力が与えられるスイングができていないように見える。少しポイントがずれていて、力をロスしているかもしれない。そのため投手のボールの力に押され、ボールが飛ばず、長打も自然と出にくい。
バッティングフォーム云々というより、自然体で構え、軸回転で回り、インパクトの瞬間に一番大きな力を与えられればいいのだが、単純にそれができていない。

文字で書くのは簡単で、それができれば誰だってプロ野球選手となり成績を残すことができるが、 選手が客観的にどこが悪いのか気づかないと修正はできないもの。修正ができないと森野は昨年と同じか、昨年よりひどい成績を残しそうだ。

ryozo1 at 16:37コメント(0)トラックバック(0)ドラゴンズ+プロ野球   mixiチェック

2012年06月02日

【中日】今日は大敗

今日の山内はらしくなかった。
初回に3失点。制球に苦しみ甘く入ったところを打たれてしまった。
ここまで順調に5勝をあげてきたが、課題が見えたピッチングだったのではないか。 
山内にとってはこれから一流になるための試練だったかもしれない。
 
2番手、久本は里崎にホームランを打たれ、
3番手、朝倉はいいところなしの3失点。
2軍ではいい結果を出していたが、ここ数年結果も出していないし、気持ちの甘さもあるかもしれない。エースになれるだけの力があるピッチャーだけにこんなことではいけないが、今以上の力を出すよう期待したい。

打線は成瀬の前に完封されてしまった。
大島は腰が引けて、森野は全然合っていない。ブランコも焦って打ちに行くが打てていない。
 エース級のピッチャーが登板したときはもう少しいつもと違う攻め方をしてもいいと思う。その辺が中日打線の爆発できない一番大きな課題にように思う。

中日は投手陣が素晴らしいチームになって常勝チームとなったが、個人的には昔のような強竜打線を見てみたい。

ryozo1 at 23:17コメント(0)トラックバック(0)ドラゴンズ+プロ野球   mixiチェック

2012年05月31日

【中日】平田が今日のオリックス戦から復帰

平田が本日の試合より復帰する。
昨日は2軍の試合に出場し2打数0安打だが、痛めていた腰の状態も大丈夫らしい。
腰を痛める前は多少フォームを崩したり、変えたりしていて打撃は安定していなかった平田。
日本ハムの中田翔とも共通しているが、もっとシンプルに軸足を中心とした回転する打撃をすれば、自然と打率も上がるだろうし、打球も遠くに飛ぶ気がする。
とはいっても、そんな簡単なことではないので、平田の活躍を期待しながら見ていきたい。 

2軍では、高橋聡、ソト、高橋周などが復調気味。6月になったら上がってきそう。
一方、川上は結果を見る限りでは調子が上がらず2軍で打たれているので、もう少し時間がかかりそう。

ryozo1 at 12:19コメント(0)トラックバック(0)ドラゴンズ+プロ野球   mixiチェック

2012年05月30日

【中日】森野がサヨナラホームラン!

中日が延長10回、森野のサヨナラホームランで勝利した。
なんと森野は意外にもプロ入り初のサヨナラHRらしい。 
よかった、よかった。

先発の中田賢は踏ん張ったが勝ち星が付かなかった。ただこのピッチングをしていれば、必ず勝ち星という結果が付いてくると思う。

2番手で登板した田島はピンチを迎えながらも4勝目。浅尾がしばらく戻ってこれないので田島の存在は頼もしい。ただ無理せず、ソーサや他の投手をうまく使いながらオールスターあたりまで頑張ってほしい。

せっかく森野がサヨナラを打って大盛り上がりになるかと思いきや、巨人の杉内がノーヒットノーランを達成しており、全部持っていかれている感がある。
まぁ、勝ったので良しとしましょう!

ryozo1 at 23:34コメント(0)トラックバック(0)ドラゴンズ+プロ野球   mixiチェック

2012年05月29日

【油絵】ZONE:MAIKO(3日目)

MAIKO20120528まだ塗り込み途中ですが、なんとなく雰囲気が少し出てきた感じ。
バックのイメージは、MAIKOさんがZONE以外にもJACK&QUEEN(ジャックイーン)というロックバンドをやっているので、動きのあるロック感をイメージしています。
バックの青が案外強いので全体的になじませると思います。
顔以外はゴッホのような筆のタッチを生かした 仕上がりを目指します。

ryozo1 at 01:15コメント(0)トラックバック(0)油絵・イラスト   mixiチェック

小1時間ほど

今日は小雨も降っているし、寒いので、家のかまぼこ型の倉庫内にて。
素振りやら、縄跳びやらなど、回数こそ少ないけれど、繰り返し繰り返し重ねて、少しずつ体が鍛えられるよう探りながら体を動かした。 
500gは減ったかな。

ryozo1 at 00:13コメント(0)トラックバック(0)日記   mixiチェック

2012年05月28日

中日、ソフトバンクに連勝!

最近はブランコが絶好調!
今日も3安打、11号ホームランを放ちトップのバレンティンに1本差と迫った。
和田もホームランこそ出てないが力強い打球が打ててきているので素晴らしい。ようやく2010年の和田に近づいてきた感じ。

しかし森野がいつまで経っても調子が上がらないのが気になる。
どうも何となく打っているように見えるし、インパクトの瞬間にしっかりと踏ん張れていないから力のある打球が飛ばせないようにも見える。爆発まではかなり時間がかかりそう。

今日の先発は山井。
立ち上がりはまずまずのようだったが、先頭打者を出したら崩れる病が今日も再発。素晴らしく力のある投手なんだが、この辺がなかなか10勝をあげられない理由なのかもしれない。

中継ぎは田島→小林正→ソーサと盤石リレー。
中6-1ソと快勝でした。

近年の中日は開幕から夏まで5割くらいの勝率で進み、秋にすっと首位に立つ戦略だったが、今年は順調すぎるくらい首位をキープ。夏以降もしかしたらバテるかもしれないとちょっと心配。


ryozo1 at 22:07コメント(0)トラックバック(0)ドラゴンズ+プロ野球   mixiチェック

好きなドラマ「TRICK」

この前、CSでTRICK(2000年に放映)がやっていたので思わず見てしまった。

主演の仲間由紀恵と阿部寛がTRICKをあばいていくストーリーだが、ドラマ全体に細かいボケが満載で、いつ見ても面白い。時々シリアスな展開になるところも良し。

初期のTRICKはキャラがまだ定まっていなかったので、その辺も見ていて面白かった。 

また続編やらないかな。

http://www.yamada-ueda.com/

ryozo1 at 21:50コメント(0)トラックバック(0)ドラマ   mixiチェック

2012年05月27日

少し走った

最近、確実に体重が増えてきているので、少し家の周りを走った。
2〜3km程度ではあったが、普段使っていない筋肉が熱を発している。
まずは体を慣らし、代謝を上げたい。

ryozo1 at 23:45コメント(0)トラックバック(0)日記   mixiチェック

ステキな金縛り(2011)

ステキな金縛り (2012)三谷幸喜監督作品。主演は深津絵里と西田敏行。その他にも

阿部寛、中井貴一、竹内結子、浅野忠信、市村正親、草剛、木下隆行 (TKO)、小日向文世、戸田恵子、生瀬勝久、佐藤浩市、深田恭子、篠原涼子、唐沢寿明とそうそうたる役者が出演。

裁判の証人に幽霊が出廷するというユニークなストーリー。三谷幸喜らしいコメディ満載の映画でかなり面白いです。

<ストーリー>
 妻殺しの容疑で逮捕された矢部 五郎(KAN)の弁護を担当する宝生エミ(深津絵里)は、将来性ゼロの三流弁護士。勝てる見込みのない裁判に矢部は「旅館で金縛りにあった」とアリバイを証言し無罪を主張する。
 矢部が泊まった旅館に赴いたエミは、矢部に金縛りをかけたという落ち武者・更科六兵衛(西田敏行)を法廷につれて、矢部の無罪を証言してもらうことに。
 しかし、対する検事・小佐野徹(中井貴一)はオカルトを真っ向から否定して、六兵衛の証言は法的に無効であると主張する。更には殺された鈴子(竹内結子)の愛人、日野勉(山本耕史)が陰陽師を雇って六兵衛を除霊しようとしていた。(Wikipediaより引用)



ryozo1 at 17:43コメント(0)トラックバック(0)映画   mixiチェック

【油絵】ZONE MIYU

MIYUZONEのMIYUさんの絵を描きました。
絵は本人の誕生日の5/20にサプライズで持って行き、リハをしていた某スタジオで本人に手渡しました。 

バックの色はMIYUさんのオーラのような色を表現。チャリティ活動などをされていることで温かさをオレンジで、あとは何となくイメージでひょうきんというか、ユニークというか、テレビで見ると周りを自然と温かくしている感じがするので、黄色を使いました。

影の部分は黒だけではなく、青を入れることで絵自体の柔らかさを出しました。

こちらの絵はMIYUさん本人のブログにも紹介されました。
長瀬実夕オフィシャルブログ「実夕流」

ryozo1 at 16:43コメント(0)トラックバック(0)油絵・イラスト   mixiチェック

2011年09月24日

Facebook、twitterに移行

最近はブログではなくFacebook、twitterに移行しております。

Fcabook http://www.facebook.com/ (実名)

twitter @ryozo_niiyama


ryozo1 at 15:40コメント(0)トラックバック(0)日記   mixiチェック

2011年09月10日

ブラック・スワン (2011)

41zd0SNBz4Lナタリー・ポートマンの魂がこもった素晴らしい演技が見物です。バレエを中心とした映画ですが、バレエのことに詳しくなくても楽しめます。心理状態も見事に演じられているので映画の世界に入り込めると思います。

 白鳥は見事に演じられるが、黒鳥はうまく演じられない心理状態を独特の映像化しているので、現実なのか妄想なのか多少わかりにくいところはあるかもしれませんが、 ナタリー・ポートマンにとっての最高傑作といっていいと思います。

ryozo1 at 21:22コメント(0)トラックバック(0)映画   mixiチェック

2011年07月03日

伊藤 準規、巨人相手に好投!今季初勝利!

待望の伊藤 準規がようやく今季初登板。
しかも1勝1敗の巨人3戦目の大事な試合に登板した。
吉見、チェンはすでに投げており、ネルソンも投げられない、ある意味谷間の状態で指名されたのが、将来のエースと期待されている伊藤 準規だった。

2軍では調子を上げてきており球の力も戻ってきている情報は入ってきていたが、果たしてどのくらいのピッチングができるか不安だったが初回にその不安は解消された。

初回に伊藤を援護するように復調の4番の和田がスリーランで3点を援護。守備でもセカンドの水田がスーパープレイを見せた。
そんな中の初回からの伊藤のピッチングは素晴らしく5回まで巨人打線をノーヒットに抑える 出来栄え。8回途中まで0点に抑えていて完封ペースかと思ったが、2失点をして降板となったが、その後を浅尾と岩瀬が抑え、見事に伊藤が今季初勝利を巨人からあげることができた
 

前回勝利したのは約1年半前。阪神戦で見事なピッチングをして興奮したのを覚えている。プロ初勝利を上げた後は調子を崩し2軍落ち。その後、怪我もあり1軍までの道のりは長かった。
昨年の伊藤 準規は投げる前と投げる後の軸足の使い方が良くなく、うまくボールに力が伝わっていない感じを受けた。しかし今日は地面に対して垂直にしっかり体重が軸足にかかり、 186cmの身長から繰り出す球は角度があったので巨人打線を翻弄することができたと思う。

後半に入りヒットを打たれセットポジションになると、上体が地面に対し、やや斜めになるのが気になった。上体が斜めになると力のかかり具合が変わり、力のある球が行きにくくなる。うまく力が伝わらなくなるのだ。
これは中田賢一が特に顕著で、力のある球が投げられないとコースを狙い、制球も乱れがちになってしまう。その結果、自滅するか打たれるか、となってしまう。

今日の伊藤はヒットをほとんど打たれなかったので問題とはならなかったと思うが、プロの世界はほんの少しの力のかかり具合で勝ち負けが大きく左右される。そして疲れもあったかもしれないが、案の定セットポジションで失点をしてしまった。
この点を今後の課題として改善しないと、投球時の力みにもつながり余計なところに力がかかるので怪我にもつながりやすいので注意が必要ではないか、と思う。
その辺は中田賢や山井、朝倉などにも言えると思います。


全体的にはさすがのピッチングだった。カーブも要所で使いストレートも力があり、フォークも決まっていた。
この次からは1試合1試合を積み上げて、できれば1年間怪我をせず活躍できるピッチャーになってほしいです。

ryozo1 at 19:50コメント(0)トラックバック(0)ドラゴンズ+プロ野球   mixiチェック

2011年07月02日

バットマン・リターンズ (1992) 3

バットマン・リターンズ (1992)前作バットマンの続編。キャット・ウーマンを演じたミシェル・ファイファーがかっこいいです。普段はさえない秘書をしているがキャット・ウーマンになると雰囲気ががらっと変わり見事な悪役を演じています。ハル・ベリーのキャット・ウーマンも悪くないですがミシェル・ファイファーの足下にも及ばない感じがあります。ミシェル・ファイファー好きの私にはたまらない作品です。
今回のバットマンの敵役にはペンギンとして脇役をやらせればこの人の右に出るものはいないダニー・デヴィート 。作品としてはまずますといったところかと思います。


<Wiki> 
監督ティム・バートン独特の世界観が前作にも増して顕著で、悪役(厳密な意味では違うが)キャラクターの描写に比重が置かれ、バットマンが狂言回しのような役割となっている。

本作ではキャットウーマンとペンギンのダブル悪役が採用されており、以降のシリーズのスタンダードとなった(新シリーズのノーラン版でも同様の傾向が見られる)。

キャットウーマンには、当初アネット・ベニングがキャスティングされていたが、妊娠のために降板し、代わりに、ミシェル・ファイファーが起用された。ベニングは後に、『マーズ・アタック!』でティム・バートン監督作品に出演している。また、ドルビーの技術を用いた初の5.1チャンネルサラウンド(ドルビーデジタル)作品。

当初の脚本ではバットマンの相棒であるロビンが登場する予定で、『最終絶叫計画』などで知られる黒人俳優のマーロン・ウェイアンズの出演が決定していた。しかし、脚本の変更などもあり、ロビンは次回作の『バットマン・フォーエヴァー』まで登場が延期になった。その時点でバートンは3作目も監督する予定であり、ウェイアンズもキャストとして登場するはずだったが、バートンが監督を降板したことでその話は流れてしまった。

ペンギン役にはダスティン・ホフマン(ワーナー・ブラザーズは彼の出演を強く希望していたとのこと)やマーロン・ブランドなど数々の大物俳優たちが候補に挙がったが、個性派俳優のダニー・デヴィートに落ち着いた。

当時まだ珍しかったCGが導入され、オープニングタイトルの三次元的変形、コウモリや武装ペンギンの大群、バットモービルのシールドモードやバットミサイルへの変形などに使用されている。

第65回アカデミー賞メイクアップ賞、視覚効果賞ノミネート。 


<キャスト>
・マイケル・キートン
・ダニー・デヴィート
・ミシェル・ファイファー
・クリストファー・ウォーケン

<監督>
・ティム・バートン

ryozo1 at 16:47コメント(0)トラックバック(0)映画   mixiチェック
プロフィール

にぃにぃ

Twitter プロフィール
北海道民ながら中日ドラゴンズファン。野球と映画をこよなく愛します!
ギャラリー
  • 【油絵】ZONE:MAIKO(4日目)
  • 【油絵】ZONE:MAIKO(3日目)
  • ステキな金縛り(2011)
  • 【油絵】ZONE MIYU
  • ブラック・スワン (2011)
  • バットマン・リターンズ (1992)
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード