December 05, 2012

されど私の人生

DSC_01052009年の2月から更新が止まっていた"Ryu's Cafe"ですが、少しまた書いてみようかという気になっています。




そもそも書くのをやめた理由(書くことができなかった…)は、父の病でした。父が苦しみ病床にいる時、老いた母がその看病で一人バスに乗り毎日病院に通っている。どうしても自分の気持ちをここに書くことはできませんでした。
二年余りの闘病の末、父は2010年の秋逝ってしまいました。全く親孝行はできず、最後も看取ることができなかったボクは本当に親不孝者なのです。

それから、2011年3月に起こった大震災。。。
あの津波で仕事仲間を一人なくしました。Cafeを見に来てくれていた方々に東北の方もいらっしゃいました。その方々の悲しみ苦しみを考えると、東京在住のボクがある意味被災者であっても、客観的であるにせよ、そのことを書くことは躊躇われました。
震災から二年あまり。ボクの心の傷は癒えつつありますが、そうではない深い悲しみを背負っている方々もいらっしゃって、このまま"Cafe"はこれで終わりだな。。。と思っていました。

でもこの秋、また少しずつ書いてみようかと考え始めています。
以前のようなペースでは書けないにしろ、少しずつでも…

やっと、やっと。。。 です。
続きを読む

ryu18 at 22:18|PermalinkComments(0)clip!独り言 

November 17, 2012

SONGS 〜今日はなんだか〜

songs
今、一枚の欲しいレコードがある。

1975年にリリースされたSugar Babeのアルバム
"SONGS"だ。
前のエントリーでも書いたが、山下達郎が中心となって結成され、彼が世に出るきっかけとなった伝説のバンド唯一のアルバムだ。


"OPUS"の中にも「DOWN TOWN」と「雨は手のひらにいっぱい」の2曲が含まれているが、どうしてもアルバムジャケットを手に取り、あの時代感を音と共に味わってみたいと思い始めている。

続きを読む

ryu18 at 08:00|PermalinkComments(2)clip!Music 

October 31, 2012

OPUS 〜さよなら夏の日〜.

OPUS
この秋、山下達郎のベストアルバム"OPUS"が発売された。
サブタイトルは−ALL TIME BEST 1975-2012−
文字通り彼の音楽人生37年間の集大成のアルバムである。


大貫妙子らと活動したSUGAR BABEのデビューアルバム"Songs"が1975年(昭和50年)に発売されて以来、青春時代のバックグランド・ミュージックとしてTatsuroのメロディはボクらを魅了した。

"OPUS"は発売日の翌日にはボクの手元に届き、およそ一ヶ月以上もTstsuro三昧の生活を過ごしている♪〜
通勤時間のiPodはもとより、寝床でもiTuneで、休日の車の中、行きつけのBarで、さらには10月のANAの機内でも"OPUS"の特集チャネルがあり、ボクの耳にはずっとTatsuroのビートとメロディが響き流れ続いている。

続きを読む

ryu18 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!Music 

February 28, 2009

Archives 2009

2009年のログは↓コチラから素早くアクセスできま〜す(゚д゚)。

      お酒のことなら SUNTORY On-line Shop で調べよう(´_ゝ`) 
     
                 --  Recommend --
      日本最大のバー検索サイト BAR-NAVI
      通りで見つけた粋な店 By 日経BP
      スーツで楽しむ大人のライブハウス By 日経BP

続きを読む

ryu18 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!Archives 

February 16, 2009

Knockin' On Heaven's Door

knockin on heavens door二週ほど前、TVから衝撃のメロディが流れてきた。
日本語だが、間違いなくあの曲であった。
♪Knock, knock, knockin' on heaven's door〜

歌っていたのはアンジェラ・アキ。近々に公開される映画「ヘブンズ・ドア」の主題曲であった。TOKIOの長瀬智也が主演し、ドイツの同名映画を日本版に焼き直したもののようである。

もともとこの曲はボブ・ディランが1973年に本人も出演したPat Garrett & Billy the Kid という映画のために書き下ろした曲だ。今や数え切れないほどのアーティストにカヴァーされているが、やはりディランの曲がカッコいい。あれからずっと電車の中、仕事中にもボクはこの歌を心の中で口ずさみ続けている。

Mama, take this badge off of me
I can't use it anymore.
It's gettin' dark, too dark to see
I feel I'm knockin' on heaven's door.

Knock, knock, knockin' on heaven's door Knock, knock, knockin' on heaven's door
Knock, knock, knockin' on heaven's door Knock, knock, knockin' on heaven's door



ryu18 at 23:21|PermalinkComments(0)clip!Music 

February 01, 2009

対馬(Tsushima)

tsushima_1 1月の終わりに対馬へ行った。
ここは国境の島。福岡までは120kmだが、韓国・釜山までは僅か49kmだとか。。。





tsushima_2to be continued




ryu18 at 20:26|PermalinkComments(0)clip! 

January 16, 2009

Che Guevaraのこと

che guevara.JPG若い頃、ゲバラに憧れていた時期があった。

 


to be continued



ryu18 at 01:30|PermalinkComments(0)clip!Movie 

January 13, 2009

彦根から

hikone_st.jpg 今年になって初めての出張。
帰路は彦根から。

彦根城には「彦にゃん」というゆるキャラがいると噂で聞いていた。


to be continued



ryu18 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

January 01, 2009

Shine a Light

2009年が始まった。
年末はドタバタと滋賀県を中心に大阪・九州と落ち着く間もなく走り回っていた。12月最終週には東京に戻ったが、落ち着く間もなく残された山積みの仕事をこなした。
おかげてゆっくりのんびりとした正月になっている。

shine_a_light_3元日、1月1日は「ファーストデイ」。毎月1日は映画が1,000円で観られる日。。。というわけではなかったのだが、夜になって一人映画を観てきた。ローリング・ストーンズの”シャイン・ア・ライト”というLive映画である。


監督はなんと『タクシー・ドライバー』、『ラスト・ワルツ』のマーティン・スコセッシだ。場所はN.Y.ビーコンシアター。収容数2800はストーンズのLiveとしてはかなり小さなハコ。だからこそ観客との距離がなく、スクリーンで観ている人にも距離感なく伝わってくるものがあった。

それにしてもミック・ジャガーという男。1943年生まれだから、今年で65歳である!!!あの漲るパワーはどこからくるのだろう。新年早々からいいものを見せてもらった。世の中、暗い話ばかりだが、Shine a Light(シャイン・ア・ライト)!「光を当てろ」。ファンでなくとも絶対に観るべき作品だと思う。心のどこかに光が当たるはずである。


shine_a_light

  • 制作:2008年
  • 上映時間:122分
  • 公式サイト:shinealight-movie.jp
  • 配給:東北新社



  • ryu18 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!Movie 

    December 31, 2008

    Archives 2008

    2008年のログは↓コチラから素早くアクセスできま〜す(゚д゚)。

    【2008年Archives】

    古墳から                     2008.12.03
    Smiley ^_^                   2008.12.01
    Late For The Sky 2008        2008.11.25
    時の征者                     2008.11.09
    洲崎灯台                     2008.11.02
    Gordon's                     2008.10.14
    ヘミングウェイの酒           2008.10.12
    アフタースクール             2008.10.02
    A Horse With No Name         2008.10.02
    Have you ever seen the rain? 2008.10.01
    WONDER STAFF            2008.09.30
    pla・za 人集うところ       2008.09.29
    The Nightfly                 2008.09.25
    aja / Steely Dan       2008.09.24
    Cole Haan          2008.09.18
    SASEBO BURGER        2008.09.03
    EAST VILLAGE         2008.08.28
    JB LIVE IN CHICAGO 1976   2008.08.18
    夏休み "GATE 51"       2008.08.16
    Airship           2008.08.10
    待ち合わせ          2008.08.08
    Norma Jeane         2008.08.05
    湾岸食堂           2008.08.03
    Shibaura           2008.08.02
    THE BAR            2008.08.01
    月のあかり          2008.07.10
    半分生きて           2008.06.30
    夏至の日           2008.06.23
    づぼら            2008.05.27
    g.w.2008           2008.05.14
    ラピス・ラズリ        2008.04.25
    ミセス・ロビンソン      2008.04.06
    もう春です。古いものは捨て… 2008.04.05

    赤い箱を贈ったが…      2008.03.20
    あかつき           2008.03.16
    Saturday in the Park     2008.03.15
    At Dusk(夕暮れに)      2008.03.07
    3月4日の雛まつり      2008.03.05
    インドに憧れていたころ    2008.03.03
    ビリー・ジョエルが流れてきた  2008.02.25
    低気圧の中          2008.02.24
    風のちから          2008.02.23
    Born To Run          2008.02.18
    Club The Roxy         2008.02.12
    日々是好日          2008.01.31
    ひかり32号に乗って          2008.01.28
    6/4 長崎にて        2008.01.27
    コリドー街          2008.01.22
    よそゆき顔で         2008.01.09
    Lapita            2008.01.06
    海に祈る           2008.01.02

    もっと昔
    【Archives 2007】
    【Archives 2006】
    【Archives 2005】
    【Archives 2004】

    続きを読む

    ryu18 at 23:59|Permalinkclip!Archives