りゅ日記。

江波りゅうの日々でし。

2月16日(木)


おはこんばんちは。



桃色映画、"寸止めスナック めす酒場"
今日で公開最終日という事で、皆さん 観て頂いて有難うございます。


ピンク映画の劇場では 一度も観覧した事ないのだけど、昔っから映画目的じゃない人達がいる場所だよって 人には恐怖で、私には大笑いのエピソード聞いて、人生経験で 劇場行って観たかったなーと思う今日この頃。

それから、皆さん 心配して頂いて有難う。(父の事)
人ってさ 自分が困った時、自分の状況ばかりで 本当に周囲が見えなくなる。
相談に乗ってあげたり、人を励ましたりで状況聞いてるとそんな下らない事で?!って 小さな悩みを聞く。
それを 小さな悩みだと思う人も居れば、抱えてる人からすると とんでもなく大きな悩みに感じたりする。
私は 腹の中に、悩みが入っても 痛くも痒くも無いと思える大きなバケツを持っていたい。自分に降りかかった物が、なんだ小さな物か… と、そう思える大きなバケツを持って居たい。溢れる事の無い 負けないバケツを持って居たい。

ちなみに 前回、急に碇シンジになった私は 結局逃げなかった。父は、医者に匙投げられたからか 凄く元気です。笑
相変わらずうるさい。でも家族は諦めてない。安西先生略。

母が震えながら泣く姿の方が私には きつい。滅多に見られない母の涙なのに。
だけど今まで、母が辛い時の涙しか見たことないんだよね。
父が 愛してるよってチュウしようとした時に 気持ち悪い気持ち悪いって逃げてたのに、ここにもいつか書いたけど、無駄な行動しかしなくて 私の母ちゃんは、お前の母親じゃねーよって言いたくなる様な言動ばかりする人だったのに、母にとっては 私や兄が知らない 心の支えがあったから一緒になったんだろうね。父の見舞いに行くと、死ぬ準備しようとしてる親父に 母ちゃん泣かせるなとぶん殴りそうになる。惚れた女泣かすなと首絞めたくなる。

そんなこんなで 私も家族も 気は元気です。
その時 勇気が出なくて怖くて仕方なくて…って 諦めたものや やらなかった物には、必ず後悔がくる。
負けたらいかんぜよ。

吐き出し。



人間というものは 楽な方に逃げるシステムだという事は知って居たのだけど、まさかと思うくらい碇シンジになってる。
🤓へぺろー(古いか....)

昨日 母から電話来た。
10日、父の主治医から話があるから来い系のやつ。
父が こんな姿を見せたくないと言ったから、それを言い訳に 会いに行くのを暫くやめてた。本当は 自分が怖かった。遠くから 只管祈ってるだけで、時間出来ても行かなかった。姿を見るのが怖かった。
辛いのは父で、献身的にしてるのが母で、嫁ちゃんと兄は 元気出して貰おうとコスプレして甥くんと逢わせて、親戚含め 父に逢いに行ってる家族の中で、碇・江波りゅうシンジが約一名。。
父が大好きだから怖い。
母が大好きな父だからこそ怖い。
兄は置いといて、嫁ちゃんが優しい優しいって いう父だから怖い。
甥が産まれるまで 独身おばさんの写真を待受にしてた父だから怖い。その待受を人に見られて、ウチの姫なんですよって 言う父だから怖い。

自分が発する言葉でさ、人の背中押してる時って 大概自分に言ってるよね。
叶わないものは無いよ。
なのに私は 自分を変えたいという願いだけ叶えてない。
その願いに1番逃げてる気がしてきた。



明日 あっけらかんとして、そんな大袈裟な話じゃ無いですよと言う医者を想像してる。

ではまた。


つぶやき。


昨日のArea66撮影会で 私に逢いに来て下さった方、有難う御座いました!


月刊女性ナイーブ期の発売日みたいな状況の今日この頃。身体が重い。。
常に体重は 重めだけど、大概アクティブ。そんな月一のやつでも ナイーブにも絶対ならないタイプの有難い身体なんだけど、今日はなんだか 酒呑んでもないのに、テレビのちょっとした場面観て泣いてしまった。東京ガスのCMも凄く凄く好きで流れたらきっちり観るけど、泣かない。北の国からも人に凄く進めるけど そういや泣いてない。さだまさしさんの歌は 大概泣く。
てゆーか 感動屋で 何かしらいいもの見たら、泣いてるとばかり思ってたけど よく考えたら、だいたい泣いてないわ。笑
今日の日と、さださんが特別なんだと思う。
そんな体調だから、小さな物がグサグサ刺さったりするんだけど、普段小さく感じる物の 物凄い有難さに感謝しなさいよと 自分に思った。当たり前の反対語は 有難い、よ。


それから、統領選挙からずっと 日本のテレビでは見ない日無いお方。
なんの意味もない。


そして、撮影会で頂いた写真。



ただのつぶやき日記。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
Profile

はじめましてRYUです。

作品情報

11月19日発売

芸能人RYU AV DEBUT



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ