KLX250 梅雨明けでコースへ


 熊本もやっと梅雨明け!

父ちゃんの通勤路途中のコースより「コンディションはドライだよー」

との情報を受け、様子見に少しだけ走りに・・・・・・


会社帰りにKLXで。
DSC_1004
・・・・・・・・・!!

んん・・・・・もう1周チャレンジ。


DSC_1005
ぐあぁぁぁぁぁぁ!!・・・同じ所で転倒。



まだまだぁ!!
DSC_1003

・・・・・・・・・・・・・


やっぱりドライじゃないじゃないか


山奥のコースなので、陽があたる箇所は乾いているものの・・・
DSC_0994


木が茂って陽があたらない箇所はわりとドロドロでつるつる
DSC_0996

く・・・・・・・・・・。
まだまだ下手くそな父ちゃんには厳しいナ

最後には斜面と木ハマってなかなか抜け出せませんでした


近日中に
ぬっくんリトライを決心する父ちゃんであった・・・・。

KX125 梅雨明けに向けて②(マフラーグラスウール交換)


 前回の記事にて、シートのウレタン部分を削ってやや強引にグリップシートを装着したぬっくん。
前回記事→KX125 梅雨明けに向けて①



「良い乗り心地じゃないか!」
型式のせいか、レーサー仕様の為か解らないけど、ハイシートになっていたのでライディングに少し違和感があったが、ウレタンを削る事により断然乗りやすくなった。


いつも通勤で乗ってるKLXに乗り心地が近くなったせいもあるのかな?




安全面・乗り心地もやや解消して、あと気になっていたのはマフラー音。

エンジンをかけると

バリバリバリ・・バオォォォーーーーーン!



すごい爆音
これはさすがに夜はエンジンかけれないなぁ・・・・・・・・。


マフラーを開けてみるか・・・・・

DSC_0967
↑ボルト2本にて簡単に外れる。



( ゚Д゚)

DSC_0968
↑これは思ったよりハードな状態だな・・・・・・。
消音機能もそうだが、走行性能にも支障がある気がする


トレール車のリベット止めと違ってボルト4本で開けれるという事は・・・・・・

定期的に交換しなきゃヤバいよ!って事だよね?


DSC_0964
↑ビビりの父ちゃん・・・・もちろん即購入

DRC サイレンサーリパックキットPRO
純正グラスウールの4分の1程の価格。

※KXはサイレンサーが短めなので足りるけど、トレール車はサイレンサーが長いので注意して購入して下さいね。

写真は撮り忘れたが
パーツクリーナーでオイルをある程度落とす事を忘れずに。


DRCの
グラスウールサイズは330mm×550mm。
330mmの方を20mmくらい切って巻き付ける。
DSC_0972
ギュウギュウに巻き付けて針金でしっかり固定。
余りは2cmだけで1本全部入った。(結構ギリギリ)


今回、1番の目的は消音なので・・・・・
DSC_0973
↑すき間から排気漏れがないように
ホルツ マフラー用耐熱シール剤を購入。


DSC_0974
↑熱で硬化する事が気に入って購入を決意。


ホルツ マフラー用耐熱シール剤


DSC_0975
↑そのファイアガム(商品名)をマフラーつなぎ手部分に塗る。


↓ああ・・ちなみにエキパイ部分は錆を落として耐熱塗料で黒く塗っておいた。
DSC_0969




DSC_0976
↑はみ出たファイアガムは綺麗にふき取って・・・・・・


DSC_0977
↑取付完了。



エンジンをかけてみた結果・・・・・・・・

確かに以前より静かになっている!!

アイドリングだけなら、密閉した父ちゃん家のガレージでもエンジンかけれそうだ。
(深夜はさすがにムリだけど・・・・・・)



ついでに以前記事にしていた保安部品のバッテリーを少し改良。
DSC_0966
↑乗らない時はバッテリーから線を毎回外しているが、取り外しが面倒なので・・・・・



DSC_0967
↑接続端子を〇からクワ型へ交換。
ボルトを蝶型へ交換する事で取り外しが楽になった。


コンペモデルのネット記事は結構少ない。さらにその内のKawasaki KX125となるとますます記事が無い。(さらに1997年式K4となると・・・・・・。)

参考記事が少ないので
父ちゃんネットで調べながら少しずつ前進している。


少しずつ梅雨明けに向けて準備は出来てきている。
あとは・・・・・・安全面の強化(父ちゃんそこ大事!)


エンジンオーバーホール・・・・・は調子が悪くなって考えよう


今後の為に・・・・・・
この機種のオーバーホール記事など知っていたら誰か教えて下さい








KX125 梅雨明けに向けて①


 圧倒的な加速(眩しい笑顔)を得るために・・・・・・


こまめにアクセルを上げ(貢物をして)・・・・・・


常にパワーバンド
を保たないと途端に機嫌が悪くなる・・・・・・・・。





相変わらず気分屋の堕天使・・・・・・・・ぬっくんですが

DSC_0876


早くコースを走りたい・・・・・・ただ!

断続的に降る雨のせいでなかなかコースが乾いてくれない


もちろん
マディこそモトクロスの醍醐味だ!!
と言う方もいらっしゃると思う・・・・・・・・・。

o0750053611595415868

・・・・・・・・・・・・・・・。


いや父ちゃんにはムリす・・・・・・・・・・・。


という事で、はやる気持ちを抑えつつ・・・・梅雨明けに向けて準備をしよう。


まずはハンドガード

↓ヤフーショッピングにてちょうどポイントがたまっていたのでこの商品を選択
2018y06m30d_001842418
オフロード車のハンドガードは、防風・防寒の目的よりも跳ねてくる石や、樹木から手を守ったり
転倒によるレバー破損や手の怪我を防ぐのが主な目的。

初心者の父ちゃんはレバーも手もズタボロになる予感がするので必須のアイテム!



むしろ・・・・・・ハンドルが土に突き刺さるかもしれない!!


DSC_0896
↑さっそく到着した商品を軽量してみる。(0.87kg)
重い・・・・・・
いや、逆に頑丈という事か。


↓では取付てみよう
DSC_0912

・・・・・・・・ん?
接続金具が入らないな・・・・・・・・・・。



何だろうこれ?
ネットにて調べてみる・・・・・・・・・・・・



テーパー!!
th

ペーター!?
↑いや・・・・・こっちじゃないな・・・・・・・



image1
↑こんな感じでハンドルの真ん中部分にむけて径が太くなっていく形状をテーパーハンドルと言うみたいだ。
ハンドルがしなって微振動や衝撃を制御してくれる形状らしい。 





こんなハンドルがぬっくんに付いていたとは・・・・・・・・・・。


じゃぁ、加工しちゃえ!
DSC_0913
オラオラオラァ!
と、接続金具の穴を広げる。


DSC_0914
↑片側の穴拡張完了。


DSC_0915
↑タケノコ型のドリルでは片方ずつ削っても真ん中の部分が残る。


DSC_0916
↑サンダーで真ん中も削る。



DSC_0917
↑時間は掛かったが、この方法しか思いつかなかった。



DSC_0918
↑両ハンドル分を削って取付完了。



DSC_0920
うん!
白が映えてますます美人になったな・・・・・・ぬっくん。


そして気になっていた事がコレ↓
DSC_0970
シートカバー。


DSC_0971
破けている部分もあるし・・・・全体的にヤレている。



2018y06m30d_000605512
↑【未使用品だけど長期保存】というシートをヤフオクにて落札。

しかし!03~型との事だからか、シートカバーがやや小さい。


じゃあ、また加工すっか!!
DSC_0976
↑シャシャシャシャシャァラッッ・・・・・・・・・

とシートウレタンを削る。
以前シート加工はやった事があるので手慣れたものさ。
過去記事→KLX250 シート加工


DSC_0973
↑防水目的の為、ビニールを被せる。


DSC_0982
↑バチン!バチン!!
とまた深夜の住宅街にタッカーの音が響き渡る・・・・・・・・・・。


【妄想】

近所の子供「お爺ちゃん!このバチン・・・バチン!って音なぁに?」

近所のお爺さん「これはのぅ・・・・・柏手(かしわで)と言ってお相撲さんが土俵でする儀式の時に打つ手拍子じゃ・・・・・・。」
無題
「近所にお相撲さんがいるんじゃのぅ・・・・・・・・」






・・・・・と
変な妄想に取りつかれながらも完成
DSC_0967-1
↑実は・・・・・シート削り→タッカー打ち→カバーが足りないのでやり直し・・・・・を3回ほど繰り返した

近所の住人たちは
お相撲さんが沢山いたな・・・・・・と思って欲しい父ちゃんだった。


















メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • KLX250 梅雨明けでコースへ
  • KLX250 梅雨明けでコースへ
  • KLX250 梅雨明けでコースへ
  • KLX250 梅雨明けでコースへ
  • KLX250 梅雨明けでコースへ
  • KX125 梅雨明けに向けて②(マフラーグラスウール交換)
  • KX125 梅雨明けに向けて②(マフラーグラスウール交換)
  • KX125 梅雨明けに向けて②(マフラーグラスウール交換)
  • KX125 梅雨明けに向けて②(マフラーグラスウール交換)