FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)


令和4年のゴールデンウイークもとうとう後半に入りました。 

いつもこの時期は結構暑いんだけど、今年は肌寒いよねぇ。


家族サービスに勤しんだ前半・・・・・・・

5月6日は金曜日で妻は仕事だし、息子は学校・・・・・・という事は

やっと父ちゃんの日がきたぁぁぁぁぁぁ!
chance_tsukamu_man

若者離れが深刻化している建設業にもやっと働き方改革が始まり、父ちゃん今年はゴールデンウイークが長いのだよ・・・・・ふふふ。


という事で、FTR223 カフェカスタム Fグッティで初のツーリングを計画していた父ちゃん。(もちろんぼっちですけど・・・・・)


当日は生憎の雨だったが
まぁ、そのうち止むだろう・・・・・と軽い気持ちで国道3号線を北へと走り出す父ちゃん。
PXL_20220506_015225728.MP
山鹿市を抜けて鹿北の道の駅。

熊本県と福岡県の境目。このあたりになると通行する車両も随分少なくなって走りやすい。



道の駅やコンビニでこまめに休憩しながらのんびり自分のペースで走れるってサイコー!

だが、なかなか止まない雨にヘルメットもずぶ濡れ。初おろしの日が雨だなんて・・・・・・
PXL_20220506_022918793.MP




そう、暑さ対策として初のジェットヘルメットを購入した父ちゃん。
このインプレも兼ねてのツーリングなのね。
PXL_20220505_025759610
↑このデザインに一発で心を奪われた父ちゃん。
サスペンションやチェーンなどバイクの部品をモチーフに描かれた・・・・その名もマシーン




↑妻は・・・・・・派手だね・・・・・の一言。



ううむ・・・・確かに派手だね。
カラフルにして少しでもオッサンレベルを下げたジェットヘルメットにしようと努力しています・・・・はい

まぁ、オフロードバイクに乗るようになって、カラフルな色を好むようになったってのもあるけどね。



福岡県久留米市にある前川原駐屯地を通り
PXL_20220506_030119837
幹部候補生学校・・・・・・何だか名前からして凄そうな響きだね。
昔でいう士官学校?



出発から約70Km。2時間程走って
PXL_20220506_034505322
高良山の入り口にある大鳥居へ到着。
(福岡県久留米市の高良山)


悪天にもかかわらず、Fグッティの乗り心地やヘルメットのかぶり心地の良さ。内蔵したスピーカーからの音楽で意外にもここまで快適に走れた。

↓前日にせっせとヘルメットに仕込んだスピーカー






大鳥居をくぐり抜けて、少し進むと空気が一変。
森林の香りが深くなったのもあるけれど・・・・・何だか神秘的な雰囲気に吞まれていく感じ。
PXL_20220506_043154240
鳥居の上の苔や石段が雰囲気でてるねぇ。


PXL_20220506_043242615
登山道・・・遊歩道?も結構長いみたい。



色々な名前の神社が沢山あるなぁ。
PXL_20220506_042848574
じっくりと中まで見たいが濡れて寒くなってきたし・・・・後ろ髪引かれながら通過。


森林の香りを楽しみながら曲がりくねった道をゆっくりと走る父ちゃん。
途中にある小さい鳥居にも気をとられながら走るのでスピードはさらに落ち・・・・・もはやフラフラ走行?
雨の日で車がほとんど通ってなく、後続車がいなかったのでちょうど雨で良かったのかもしれない。


ああ・・・・面白いなぁ・・・・・ここ。

晴れた日にシールドを開けて走りに来よう・・・・塚さんでも引っ張って。




フラフラ走りながら一番大きいと思われる高良大社の鳥居へ到着。
PXL_20220506_035339595
ここへ来たのは父ちゃん2度目。
初めて来たのは確か・・・・20年程前だった。



雨が激しくなり始めたので
PXL_20220506_035721964
そそくさと出発して




高良山の山頂 つつじ公園に到着。
PXL_20220506_040208439



ここからの景色は・・・・・・・・
PXL_20220506_040301177
やっぱり雨の日は見えないね・・・・・・・残念。


この先の道も楽しそうだったが、林道を抜けて
PXL_20220506_041510092



もとの道へ合流。
PXL_20220506_042613509
帰路に就く父ちゃん・・・・・・また来よう。


実は高良山はこのブログの読者さんの「癒しの場所」として教えてもらいました。

良いですね!

歩いて散策してもよし!バイクや車で走ってもよし!

神社に興味があるならなおよし!!

とても良い癒しの地。


興味がある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。






さて今回のツーリング最後の課題は「高速道路」

少ない馬力のFTR223で高速道路を走るのは初体験の父ちゃん。さらに自己流でカフェカスタムしてる。


大丈夫なのか?

交換したハンドルが生まれたての小鹿みたいに震えるんじゃないだろうか・・・・

ネジとか・・・・リアカウルとか飛んでいかないだろうか・・・・・。

とドキドキしながら高速道路を走る父ちゃん。



結果・・・・
全然大丈夫でした!
PXL_20220506_062326105
山川サービスエリアにて。

ネットの動画で「ハンドルがかなりぶれる」と言っていたが
剛性のあるテーパーハンドルを付けてるからなのか、ハンドルのぶれは気にならなかったし、わりとしっかりしたバーエンドミラーを付けているからか・・・ミラーのぶれもなく後方確認がしっかりできた。

巡回速度は85km~90kmが楽かなぁ。100km/h出すとエンジンに負担がかかる感じ。

左車線を息をひそめて走る・・・・・そう、ステルス走行!
ninja_hashiru

もちろんネジもカウルも飛んでいかなかった。

グッジョブ父ちゃん!!


Fグッティで高速道路を走れると解ったら世界がぐっと広がる。

・・・・・・イギリスにだって!?

夢が広がる父ちゃんでした。























FTR223 カフェカスタム(4.ハンドル・バーエンドミラー交換)


 
 FTR223に「Fグッティ」の愛称も付けた事だし、前回の記事にてカフェカスタム終了のつもりでいた父ちゃん・・・・・。

過去記事 1.タンク移設



過去記事 2.シート加工



過去記事 3.リアカウル移設


 



数か月経過・・・・・・・

ううむ・・・・・・・。

少しカフェっぽいオーラを出してはいるが・・・・・・・

PXL_20220103_040546085.MP

やはり何か足りない気がする!




ああ・・・・わかってはいたさ。

ハンドルの位置が高すぎる事も・・・・・・・。

オフロードミラーがまるでうさぎの耳みたいに天を指している事も・・・・・・・。


だってハンドルが高い方が快適なんだもん!

すぐ収納できるミラーが便利なんだもん!





カッコよさより利便性の方を優先した方がいいじゃないか・・・・・と自分に言い聞かせながら走った数か月・・・・・

やっぱり何か違う気がする!!





でも
男ってやつはどうしてこうも窮屈なものや我慢しなきゃいけないものに魅かれるのだろうか・・・・


女性が履くぴちっとしたタイトスカートやスキニーパンツも魅力的だし、チャイナドレスやコルセットや和服も素敵だ・・・・ハイヒールなんて考えた人天才!
shutterstock_426047074


オスの本能ならしかたないか。

ええ・・・・踏まれましょうともピンヒールに!!



もとい。
窮屈を受け入れてハンドルを低くしましょうとも!


オスの本能ならいたしかたあるまい!!
(2回目)




というまた妙な妄想にかられて・・・・・・
ハンドル交換↓
PXL_20220423_041833088
↑交換後

交換前↓
PXL_20220423_040057254
(FTR純正ハンドル)




交換したハンドル
PXL_20220423_040648830.MP
これは熊本のオフロードコース「みかん山」の管理人黒木隊長から頂いたもの。
実はモトクロスのレース車両YZ250Fの純正ハンドルなんだねぇ。



さすがにピンヒール級のセパハンコンドルハンドルは父ちゃんには敷居が高く・・・・・

      


値段もそうだがポジションが低くて窮屈過ぎる・・・・ハンドルをきったらタンクに当たるなんて、まさにピンヒール級レベル!

父ちゃんはその高みを目指せる「漢」(おとこ)ではないのでハイヒール級でOKだ。





さて取付だが
レース用で剛性の高いこのハンドルはテーパーハンドルと呼ばれる取付部分が太いタイプなので
PXL_20220423_040748897
ハンドル径22mm→28mmに変換できるバーライザーを使う。


Amazonで安かったこの商品。
レースで使うわけではないのでこれで充分かな。




純正のスイッチ類にはポッチが付いている
PXL_20220423_061200917
(右ハンドル側のキルスイッチ)


左ハンドル側にも付いている
PXL_20220423_061835200
(ウインカースイッチ類)


純正ハンドルにはそれを固定する穴がある
PXL_20220423_061851875





当たり前だが交換するハンドルに穴など開いてない・・・・・このバイクは栄君からの借り物だし・・・・・・・・
PXL_20220423_061339334
と3秒ほど悩んだが、もちろん切断する。


  

グリップはメルカリにて安く手に入れていた
PXL_20220423_094913518
↑オフロード用グリップを装着。
(なぜオフロード用を使うのかは後ほど・・・・)





貫通式グリップにしたのは
PXL_20220423_141956274.MP


もちろんバーエンドミラーを付ける為!


バーエンドミラーは色々な種類があるが、ちょうど熊本アップガレージにあった新品未使用の商品
PXL_20220424_020248753



タナックス ナポレオンバレンミラー



探していた角型だし、少しお安くなっていたのでこれを使う。
PXL_20220424_020303405

このシリーズの新型は近代風でスタイリッシュになっているが、お値段もグッと高くなっている。






ここで父ちゃん痛恨のミス!
PXL_20220424_020313518
取付可能なハンドル内径が18mmだと!?


肉厚で強度を増しているレース用ハンドルは・・・・・・・

PXL_20220424_020439540


14mm!
     mizu_fuku_man





くっ・・・・・・まだ父ちゃんの心は折れてはいない!


以前ハンドガードに装着していたアンカーボルトを倉庫から引っ張り出す。
PXL_20220424_020934244
これだ。




穴をドリルで少し拡張して
PXL_20220423_062730693



タンク移設の時、予備に買っていたゴムを
PXL_20211204_002156236



ぶった切って
PXL_20220424_023332500



空いた隙間に・・・・・・
装着!
PXL_20220424_025859206
ひゅう~
全然違和感ないねコレ!


ふふ。これが家具用のキズ防止ゴムだと気付く人はおるまい・・・・・・








最後の仕上げにグリップにワイヤリング。
使用するワイヤーは
PXL_20220424_004100407
ホームセンターで買ったステンレス線 0.55mm

※右の高いステンレス線は硬くて途中で切れてしまうので、あえて柔らかくて安いステンレス線を使う。

PXL_20220424_103231668
ワイヤリングすると接着剤を使わなくても固定できるし、脱着も簡単なのでオフロード用のグリップを使ったんだね。



これでようやく完成!
PXL_20220424_025802704






ビフォー(取付前)
PXL_20220423_034703999


アフター(取付後)
PXL_20220424_101204592



うむ!
良い感じになったね。






ただ・・・・・・・・・


ただね・・・・・・・


バーエンドミラーがゴツいので正面から見ると
PXL_20220424_035916352

まるでやせ細ったバッファローみたいに見えるのは父ちゃんだけだろうか・・・・・・・・。
























FTR223 カフェカスタム(3.リアカウル移設)


 FTRカフェカスタム計画の記事もパート3になる。


外見だけ見るとまだ・・・・・・
PXL_20211221_125423788
タンクがでかくなっただけのFTR。

リアカウル移設でぐっっと寄せようと思う・・・・・・

父ちゃん未踏のカフェスタイルバイクにね!








さて、手っ取り早いのは元々カフェスタイルで作られているバイクのカウルを移設する事。

・・・・・・・・・あるね


うん。
予定通りちょうど良いフィッティング
PXL_20211219_130449743



このカウルが付いていたバイクはモトグッチ V7レーサー
OIP
幼馴染の栄くんからもらって数年・・・父ちゃん家の押し入れで眠っていたカウルだ。


そう
栄くんから貰ったカウルを・・・・栄くんから預かっているバイクへキャッチ&リリース
ま、後から気付いたがな・・・・。



おっと話を戻そう。

そのV7レーサーのカウルをFTRに設置するわけだが、風圧でズレたりしないように
PXL_20211226_021008699
そのままの形でFRPで型をとる。



見える部分を黒でさっと塗装したら・・・・・
PXL_20211228_113709178
↑固定用アンダーカウルの完成。



原型カウルをコピーするだけなので実に楽だねぇ。
ああ・・・・・思い出すV-MAXの鬼のような原型作成作業・・・・・・・・
PXL_20211228_113724129
MOTO GUZZIの刻印までキッチリコピーできる。








FTRのリアフェンダーに乗っけて
PXL_20211219_130629766
出ているアヒルの口のような部分を



カウルの形に合わせてカット。
さようならアヒル・・・・・・
PXL_20211228_114347876
100均の糸ノコで綺麗に切れる。





ちなみに切断したリアフェンダーは
PXL_20211219_124153954
熊本のアップガレージにて購入。



お値段なんと!
PXL_20211219_124209116
税込みの¥110!!
(アップガレージはカウル類が激安だねぇ)


アンダーガードも流用できそうなのを見繕って購入。
PXL_20211208_125024691
ヤマハSRV250 ルネッサのパーツ。

熊本アップガレージにて¥330
くぅ~~~!さすがです熊本アップガレージ!!
PXL_20220103_035535787
店長さん・店員さんみんなとても親身に相談にのってくれる。
しかもバイクにかなり詳しい・・・・・え?バイク屋さんですか。





ルネッサのフェンダーもフレームに合うように切って仮フィッティング
PXL_20211231_030130642
おおぅ・・・・いい感じだね



テールランプはレトロっぽいキジマの製のランプを選択。
PXL_20211231_030139923

これね↓





ラッカースプレーで黒に塗装してウインカーも取付。
PXL_20220102_143833372
んん?ナンバープレートを付けるとルネッサのフェンダーがほとんど見えないんじゃ・・・・・・




ウインカーはとりあえず恒例のアップガレージで安い汎用品を取り付けたのだが。
PXL_20220102_143938500.MP
んん・・・・・・・いまいちかなぁ。
(せっかくのキジマ製レトロテールランプが引き立たない

まぁ、今後の楽しみな課題としよう。



背もたれ部分はぶった切ったシートのあまりスポンジと黒シートで加工↓
PXL_20220102_143700073
数か月乗っているがこの部分に背中がついた事はない・・・・・まぁ見栄え的な!?




そして最後はフロントフェンダー。
PXL_20220101_132729676
大きすぎて全体のバランスが崩れるような気がしたので・・・・・



小さくてスタイリッシュなフェンダーに交換。
PXL_20220418_130335485
このフロントフェンダーはメルカリやヤフオクで「FTR フロントフェンダー」と検索したら出てくるFRP商品。

デイトナ製のフロントフェンダーとほぼ形は同じ。お値段は半額以下で手に入るんだね。
強度・仕上がりは結構満足できる。
ゲルコート仕上げで塗装はしていないが、そのままでも全然違和感はないねぇ。
(父ちゃんはアクセントにステッカーでラインを2本張り付けただけ)


リアフェンダーにもアクセントでラインを張り付けたら
PXL_20220104_005055330
↑完成!

取付前↓
PXL_20211221_125423788


ぐぐぐっっっ!
っとカフェスタイルに近づいたね!!




この車両。父ちゃんにとって肝心な愛称は・・・・・・・・

FTRの「F」

モトグッチの「グッ」

借りぐらしのアリエッティの「ティ」
(一応借り物なんで・・・・・・)



エフグッティに命名!!


あれ?
ルネッサは・・・・・・・・・



















メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)
  • FTR223 カフェカスタム(ツーリングレポート)