エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド


 暖かくてバイクに乗るには最高の季節になってきましたねぇ。



年度末の鬼のような仕事に追われ・・・・すぐさま次の現場を持つことになった父ちゃん。

ストレスです 


久々に晴れの続いた後の日曜日!気温も申し分ない・・・・・・・


行くしかないでしょう御所オートランド!
DSC_0716
という事で隊長とKX85Ⅱで御所へ到着。
(隊長も・・・・・YZ125XではなくKX85Ⅱなんですね

この日は左腕を負傷してリハビリ走行のYZ125F池本氏と・・・・・
DSC_0717
なんとぬっくん(KX125)の次のオーナーも参加。
(こんなに早く会えるとは・・・・
ちなみに次のオーナー・・・・KX125も御所のコースも初乗りなのに全然普通に乗りこなしてました。
素晴らしい!




熊本の山都町にある御所オートランドはエンデューロコースメインの広大なクローズドコース。
初級・中級・上級とコース振り分けも豊富。フラフラ走ると迷子になるほど・・・・・。
20180507211931
(画像お借りしました。)

ホームコースである「みかん山」はモトクロスメインのショートコースだが、そこでジャンプにあこがれ練習の日々・・・・・今度は御所オートランドのイベントのスタッフとしてお手伝いするうちにエンデューロに気持ちを持っていかれた父ちゃん。

ジャンプもカッコいい!
29.8.20_motocross09-1024x683
(みかん山はジャンプセクションがかなりいい



だが、超ドロドロの道をものともせずリアタイヤを滑らせながら疾走するライダーや
IMG_3820


デコボコの急坂をバウンドしながら駆け抜ける姿。
IMG_4115

・・・・・・・・凄くカッコいいじゃないか!!

はい。父ちゃんエンデューロ菌にすっかり侵されてしまいました




その父ちゃんにとってエンデューロの聖地御所オートランド。
この日は天気が続いたのでカチカチの砂ぼこりコンディション。




【黒木隊長】
「最初はコンディションを確かめるためカルガモ走行しましょう!!」


と、いいつつ・・・・・・・・・・・・

DSC_0726
やはり後続を引き離し、一人独走する隊長カルガモ・・・・・・・・・・・・。

大丈夫!
予想どおりです!!







パァァァァァァーーーーン

ああ・・・・やっぱりパワーバンドに入った2スト独特の甲高いエキゾーストと加速はいいわぁ。
とか思いながら一人でコース探索を始める父ちゃん。

ここ最近はデコボコを妄想しながらずっとKLX250で スタンディングしながら通勤してたので、以前ほどデコボコエンデューロも苦にならない。


しばらく散策していると、父ちゃんが以前惨敗した・・・・・・例のヒルクライム
DSC_0719
↑これね。中腹が盛り上がって以前より難易度がましているような・・・・。
過去記事→2019御所オートランド エンデューロ第4戦



チャレンジしているのは凄腕の御所スタッフ達。
MOV_0724_Moment1
御所の若きエースライダーの一人りょう君。
(彼も父ちゃんをエンデューロに引きずり込んだ一人です
過去記事→御所エンデューロ 第5戦

MOV_0724_Moment3
あまり気負いもしていない様子で登り始める・・・・・


MOV_0724_Moment4
おっ・・・・中腹のコブでやはりジャンプ?


MOV_0724_Moment5
この坂で・・・・・・・・飛んだ!?


MOV_0724_Moment6
・・・・・・・!!!!!!!
足が・・・・・・・パー!?


MOV_0724_Moment7
登頂!


ファァァァーーーーーーーーっっ!!!!!!!

素晴らしい!!


何という運動神経。


しかもあの着地前の魅せるパー
まるで・・・・・かつての白い妖精・・・・・・・・
o0336044613267085157.wdp_LI
ナディア・コマネチのようじゃないか!




ふぅ。
良い物を拝見させてもらいました

今後はりょう君の事を「白い妖精」と勝手に呼ぶ事にしよう・・・・・・・・・・・。

と、父ちゃんはまだまだチャレンジする気にもならずコース放浪を再開してると
DSC_0728
↑これまた御所の凄腕スタッフ緒方さんに遭遇。


「監督・・・・・この直線のデコボコはね、もっとスピードを出してフロントを浮かせながら駆け抜けるんだよ」
と、跳ぶようにデコボコを駆け抜ける緒方さん。



!?・・・・・イメージとしてはモトクロスコースのフープスの山を跳びながら走る感じ?
Img_4434
↑こんなイメージ?(画像お借りしてます)


もちろん遅いスピードでは無理そうだな・・・・・・・。

おおおおおおおおおおーーーーーーーーーーーっ。


コブの山ごとにアクセルを開けるもんだから父ちゃんのスピードはどんどん上がっていく・・・・・・・・



うおっっ!?


オーバースピードォォォ・・・・・・・・・・・・・


ガシャァァーーーーーン



オーバースピードでコースアウトして林に頭から突っ込んだ父ちゃん


頭からイった割には・・・・・・・ヘルメットとショルダーガードに守られて軽傷ですんだ


この後、ブレーキングの練習からおさらいしたのは言うまでもない。


帰って
DSC_0734
ぱっくり割れたヘルメットのひさし部分を・・・・・・・


DSC_0735
↑秘密兵器ボンディック・エボで補修。







DSC_0736
↑紫外線しょうしゃぁぁ!!


まだまだピヨピヨ父ちゃんのエンデューロ挑戦は始まったばかりであった・・・・・・・・・・・・・。














さようなら「ぬっくん」KX125・・・

 
 早くも桜が散り始めたこの頃・・・・・・


 毎年この桜の時期になると、巷(ちまた)には酔っ払いが溢れかえってどんちゃん騒ぎで盛り上がるハズなのだが・・・・・

今年の桜の記憶といえば
DSC_0692
↑桜をバックにみかん山で元気に跳んでる隊長であります。

前回記事の怪我やウイルス拡散の影響もあり、父ちゃんにとって少し寂しい新年度の始まりであった。


もう1つ寂しいと言えば・・・・


父ちゃんのぬっくんことKX125

手放すことになりました!
DSC_0681-1

↓苦労して取り付けた保安部品は外し
DSC_0680
↑次のオーナーの意向でヘッドライトやメインハーネスを撤去。


DSC_0684
↑最後のお別れ。
荷馬車に乗せてドナドナしました。


現在2台体制でガレージが少しさみしい・・・・・・・・
DSC_0708





最初の出会いは約2半ほど前。
DSC_0299
過去記事→父ちゃん初めての競技用車両

空を飛ぶ事に憧れたタイミングで、偶然にも知り合いから父ちゃんの元にやってきたこのKawasaki2ストローク車両。

20180715_062730726
↑中年のおっさんが初めて乗ったモトクロスバイクはそれはそれは過激で・・・・・
おっかなびっくり

この過激な車両で跳ぶことなんて全然できなくて、自分の度胸の無さに何度も悔しい思いでホームコースから逃げ帰った。

MOV_1304_002127
このバイクで初めて「フワッ」っと浮いたあの興奮は今でも覚えている。


↓少ししか跳ばないと着地がすごく怖かったみかん山のダブルジャンプ台。
MOV_1304_000310
妻に動画を見せたら「ちょいぴょんだね・・・・・」と苦笑されたり。。。
少し前なのにすごく懐かしいような

フルサイズなので父ちゃんの足の短さ問題や過激な2ストパワーに途中で幾度も断念しそうになったが・・・・・


試行錯誤しながら少しづつ少しづつ跳べるようになり
R01.09.14みかん山_Moment3


まだまだアクセルを開けれてないのだが
②-2

R01.09.29みかん山ベスト_Moment6
やっと「ちょいぴょん」から「ややぴょん!」まで出来るようになった。


KX125の記事はこれで最後になるかもしれないが、出会いから整備・保安部品取り付けやレース参戦などカテゴリー別にまとめてあるので読みたい方はこちらからどうぞ。
過去記事→カテゴリー別(KX125)




まだまだ性能を使いきれてないのでこの先共に歩いても良かったのだが・・・・・古い車両なので純正部品がもう手に入らないという理由もあり手放す事を決意。
でも一番大きな原因はコレ↓
IMG_4938
転落したから・・・・ではなく!


LINE_MOVIE_1575810485906_Moment
こんな坂を登りたい!!
と思ったから・・・・・・

そう。父ちゃんエンデューロの方向にどんどん興味が湧いてしまったのだ!!!
 
ホームコースであるみかん山のコアメンバーはエンデューロ好きが多いので感染してしまった父ちゃん。

まだ少ししかエンデューロは経験していないが、モトクロスとエンデューロは大きく違う事を体感してしまった。
父ちゃんが次の車両で欲しい性能として・・・・・


〇低速トルクが強く粘りのあるエンジン。
これはハイスピードのモトクロスと違って超デコボコの急坂やドロドロの坂を低速でトコトコ登るのに有効だから。

〇セルスターター

急坂の途中で車両が止まった時、足場の悪い中バイクを起こすだけでも大変なのに・・・・それからまたがってキックでエンジン始動する事がどれだけ体力を持っていかれるか
セルスターターは最近のレース車両にしか付いていないけど、ピヨピヨの父ちゃんにはかなり重要。

〇18インチのリアホイール
これは単純にエンデューロタイヤの種類は18インチが主流だから。
トレールバイクにも使えるしね。

〇サイドスタンド

エンデューロは1ヒート1.5時間~3時間ほどの長丁場なのでスタンドを立てて林の中で体育座りで休んだり・・・・・

〇年式がなるべく新しい国産バイク
競技車両は部品供給が終了するサイクルが短い。長く乗るには部品が手に入りやすい事に越したことはない。更にいうなら人気車種だと社外部品もヤフオクなどで手に入りやすい。


これらの条件を考えると、次に狙うは・・・・・・
yz250fx_index_color_001_2019_004
↑YAMAHA YZ250FX

エンデューロに特化したバイクでありながらジャンプも出来るという優れもの。

だがしかし・・・・・・
発売は2015年から開始されたばかりで父ちゃんにとって最新式の車両。
お値段も結構な金額で・・・・・・・



もし・・・・・もし、最近このバイクを手放そうと考えている読者様や、知り合いが周りにいらっしゃるという方は
ご連絡おねがいしやす!


とちゃっかりアピールする父ちゃん

どうぞよろしくお願い致します。








KLX250 ブレーキローター交換


 
   鬼!!


そう・・・・・・
2月中旬から3月後半にかけて年度末の仕事に追われ、休みもなく仕事の鬼と化してた父ちゃん。 



先週やっと久しぶりの休みが取れてチビKのオーバーホール後の慣らし運転にホームコースへ出かけたのだが・・・・・
過去記事→KX85Ⅱ(100ccボアアップ)腰上オーバーホール実施

DSC_0677
↑久しぶりの休みにテンションが上がり過ぎたのか・・・・・
はたまた慣らし運転と思って油断したのか・・・・・・


ジャンプ失敗にて右足を強打!!

右太ももはパンパンに腫れ上がり・・・・・・全治3週間のケガ

二―ブレイス装着してて良かったぁ


という事で、お年寄りの方にもサラリと抜かれるピヨピヨ速度で足を引きずりながら歩いているここ最近の父ちゃんです





さてと、今回の記事は怪我する前に貯めておいた・・・・・久々にKLXネタ。
仕事が忙しくなる前・・・・今となっては遠い昔のように思える2月前半のお話。

KLX250(通称ややオレンジ)から異音がするなぁ・・・・・
DSC_0663

と思いながらチェーン調整ボルトをいじっていると
DSC_0659
ぬおぉっ!?

気付くと後輪のブレーキパッドが無くなっていた。

それはそれはきれいさっぱり削れて無くなり・・・・・・・
使い古されたすりこぎみたいに・・・・・・・


土台となる鉄の部分でブレーキローターをも削り取りながら必死に減速していたらしい・・・・・。


父ちゃんは普段音楽を聴きながらKLXで通勤しているのだが、数か月前に買い替えたヘルメット内蔵スピーカーの音質があまりにも良すぎて、ブレーキローターを削る異音に気付くのが遅かった
↓サインハウスのスピーカーを直接MP3プレーヤーに繋いで使用している。


以前使用してたスピーカーより音が断然良かったので、ついつい・・・・・・・。

↓そわそわしながらブレーキローターの厚みを計ってみる。
DSC_0662
んぬはぁぁ・・・・・・

DSC_0660
↑使用限度の3.8mmを下回るほどローターが削れているね

ブレーキパッドどころか、ブレーキローターまで交換するハメに!!
い・・致し方あるまい
DSC_0708
↑選んだのはコレ。
高額過ぎず・・・かといって安過ぎないこの商品をチョイス。
「Z-WHEEL」メーカーはハンドガードでよく見るZETA製

適合車種も豊富。
no title
ダートフリークサイト→Z-WHEEL 

形もウェーブディスク風だし、
ステンレス製で適合車種も豊富にラインナップしてるのに・・・お値段純正品の半額ほど!

DSC_0717
箱には
オフロード走行での過酷な使用条件を考慮した専用設計
飛び石、ヒット等による変形を軽減させる肉厚仕様
などの魅力的な殺し文句が・・・・・・・・


もちろん同時にブレーキパッドもAmazonにて注文。
ローターの耐久性を少しでも長くするための赤パッド・・・・・・・。
DSC_0665
店頭では前後合計¥8,000の商品も

↓リア


↓フロント


父ちゃんのお小遣いに優しい感じで入手

だが、お小遣い足りぬ・・・・・・・




さてと交換作業。
ブレーキローターボルトは固くて外れにくいと予想し
V-MAXのブレーキローターボルト交換時に購入したが、使わず終わった
↓コレ(ショックドライバー)
DSC_0710
↑・・・・・・・・・・・・・やっと!今こそ出るか!?



・・・・・・・・・・・・・・はい。
DSC_0713
科学の力をお借りしてあっさり外しました。(電動インパクトドライバー)


DSC_0714
やはり科学の力は偉大なんです・・・・・・・。

DSC_0716
せっかくなのでローターボルトも新品に交換し(純正6本で¥1,500ほど)


DSC_0719
↑これでもか!というほどすり減ったパッドも交換。


DSC_0721
↑ブレーキピストンをたわしみたいなので磨き・・・・
(あれ?たわしではなく・・・・・なんだっけ藤本さん・・・・?)

DSC_0722
↑各部グリスアップ。


DSC_0724
↑取り付け。

DSC_0727
↑ブレーキフルードも交換したら



DSC_0733
完成。
うん。カッコよくなった。


肝心なインプレだが・・・・・・・・
ブレーキのあたりが出るまではもちろん効きが悪いが、あたりが出てくると純正よりブレーキタッチはやわらかいものの、しっかりとしたブレーキングができる。

よいお買い物だった・・・・・・・・・が、お財布にもダメージが・・・・・。







今、痛む足を気遣いながらこの記事を書いているが

バイクとは
少しでも気を抜くと痛い目に遭うやんちゃな乗り物なんだなぁ


とつくづく感じる父ちゃんであった。


ま、そのスリルもまた一興・・・・・・・か。










メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド
  • エンデューロに魅かれて・・・・御所オートランド