天望心喜☆あさぎ龍のブログ

『15才』最終3巻は8月9日発売です♪そしてお姉さんものの単行本は11月15日頃発売予定!(10月30日から変更になりました) メッセージはsasakyu3399@yahoo.co.jpにお願いします☆ツイッターでときどきつぶやいてます☆(asagiryu339)

c9e4405c.jpg今月は久々に40代ヒロインでございます♪
(『恋心。。。』の有紀さん以来ですね)

しかも!今月は巻頭です☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚(´∀`*)ワーイ

。。。美少女誌の巻頭ヒロインが40代とか、ペンクラ山賊版はほんとエクストリームでホットです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


しかしまぁ、本作は製作中に風邪を引いたこともあり、かなりダウナーな状態で作業しておりました。なんとか形にすることができてほっとしております。
なんだかんだと締め切りを一週間ほどぶっちぎり、印刷所さまには限界まで待って頂きましたし・・・(ごめんなさい。もう二度ないように気をつけます)

なお、来月からは全3話の続き物をやる予定です。熟女全開です。どうぞお楽しみに!

・・・・・

イラストは『友達のお母さん』本編より。ヒロインの史麻(しま)さんです。
よろしかったらご覧くださいませ☆ではまた〜

あともうひとつ、お姉さんものをまとめた単行本は11月15日前後の発売を予定しております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

8e15eafc.jpgおかげさまで本日、『15才』最終3巻の発売日となりました♪
お買い求めいただいたみなさま、ありがとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚

『15才』は現在あさぎ龍が描ける最上の百合作品になった自負はありますが、感想は読者の方ひとりひとりのもの。。。

もしお楽しみいただけたら幸いです。

さて3巻では本編の読後感を台無しにする恐れもあり、あとがきは載せませんでした。
そんなわけで本日はあとがき的なものをブログで少しだけ・・・。

・・・・・

これまでもちょくちょく書きましたが、3巻掲載の作品(14〜20話)の製作には非常に苦労いたしました。

14話を作る前に、最終話までのだいたいのプロットは固めたものの、いざ作業してみると、各話とも、これがどうにもすんなりとネームが決まりませんでした。

前もってラストをはっきりさせたため、各項(必要なエピソード)は明確でした。ところがそれらをもっともよい形に構成するためには、思っていた以上の時間が必要でした。

たとえば事実上の最終回である18話は、16,17話と3話構成でひとつのストーリーです。この3話はもともと2話・50ページ程度でやるつもりでした。
しかし実際ネームにしてみると、エピソードの区切りが悪くテーマがぼやけてしまいました。そして「これはいかん」と担当さんと相談し、3話・60ページに構成し直した経緯があります。

また、エピローグ扱いの19、20話のうち、19話製作時には担当さんとほとんどケンカ腰でやり取りしていました。
作品中もっともプロットを複雑化したのが19話で、さらに『大事なことはちょっと隠して描く』ために、非常な労力が必要になりました。
とりわけ杏奈の空想シーンでのモノローグは、そのひとつひとつの微妙なニュアンスが作品全体の印象にまで関わる恐れがあり、特に気を配らねばなりませんでした。そのため19話では確定ネーム(セリフの決定稿)が作画終了後にやっと仕上がるという逆転現象も起こりました。さすがにこのときは「いったいこの原稿はほんとに完成するの?」と不安になりました。
締め切りに間に合わせたときは、ほっとする余力もなく、ほとんど呆然としていました。
プロットの段階でイメージした"美しい音楽"を白い紙の上に表現することは想像以上に困難でしたが、問題点を洗い出し、不協和音をひとつずつクリアにしていくプロセスから学んだことは今後の作品づくりに大きく役立つように思います。
ネームでこれほど苦労したのは初めてでしたし、描き下ろしで追加した2pを含め、自分にとってとても思い出深いのが19話です。

さてさて、『15才』は、これまでの自分の作品とは異なる立ち位置から製作することを心がけた作品でした。
性的な描写も多数ありますが、18話での杏奈と恵麻の別離をより強く印象付けるためにもそれらは必要でした。
「好きだからこそ、その相手と離れなければならない」と考えた杏奈の心理と苦悩を描くことがこの作品の主目的で、それはこれまでの自分の百合作品での「好きだから肉体関係になり、肉体関係を通じてより愛を深めていく」という描き方とは一線を画したいという制作上の意図によるものです。
エッチな関係から始まりプラトニックな方向に進む恋愛があってもいいんじゃないかな、そういうことを考えていました。

2巻までのエッチな流れもあり、最終話では杏奈と恵麻が"結ばれる"ラストを期待されていた方にとっては残念な結末だったかもしれません。
ですが、興味本位の愛欲から出発したヒロインたちが愛欲を離れ、純粋な愛情を求めるに至るこの作品は、あさぎ龍の今後の百合作品にとって、『初めて恋をした』に続くもうひとつの新しい起点になるはずですし、楽しみが広がったととらえて下さればありがたいです。
というわけで、杏奈と恵麻が幸せなエッチを繰り広げるであろう『21話』はみなさまどうぞご想像くださいませ☆

ずいぶん長文になってしまいました。
最後まで読んでくださりありがとうございます。

なお、来年初頭からは富士美出版さんの『ペンギンクラブ』で数年ぶりにR-18百合作品の連載を予定しております。
15才からもう一段成長した作品を作れるように準備中です。こちらの次回作もどうぞお楽しみに☆ではまた〜っ

・・・・・

イラストはカバー裏の恵麻のオリジナル絵です。当初はスカートが透けてましたが、「これはいかん」ということで・・・以下略( ´∀`)つ

82483489.jpg今回は縁あってコミックZINさんのみ特典付販売となります。
水着の杏奈です☆よろしくお願いします。
(お知らせが遅くなりほんとにすみません)

15才関連の仕事はすべて終わらせたし、少しゆっくりできそうな気もしたのですが、次の連載の準備や、ペンギンクラブの原稿や単行本作業、頼まれていたイラストの仕事なんかをやっており、これまでと作業量は変わらない感じです。

今後は世の中の役に立つ仕事をしたいな〜とか、おかげさまであたい。もやっとイッパシのことを考えるようになってきました。今は定期的な仕事がエロマンガだけになりましたが、たとえエロマンガであっても、いいエロのいいエロマンガというのがあるはずだし、なんのマンガでも、まともな作品を作っていきたい感じです。

1c2b1fc7.jpgK-BOOKS秋葉原新館のサイン本フェアで15才1巻のイラスト入りサイン本が10冊販売されます☆
日時等はちょっと忘れました。8月上旬くらいじゃないかと・・・( ̄▽ ̄;)スイマセン

基本杏奈のイラストですが、杏奈が笑ってないものがひとつ、制服のリボンの形の違うものがひとつ。
それと競泳水着の恵麻がひとつ、ビキニの美紅がひとつ。
今回もGペン使って描きました。

これまでサイン本はぜんぶ杏奈の絵でしたから、恵麻と美紅の本はレアものですよー( ̄ー ̄)ニヤリッ

よろしかったら日時をお調べのうえお買い求めくださいませ☆ではまた〜

140729カバーいつまでもぐずぐずと体調の悪さが続き、さすがにもう頭に来て薬がなくなる前に内科で再診してもらってきました。(ノ`Д´)ノ

しかしお医者さんいわく・・・。

「それはもう風邪じゃありませんよ。風邪の後遺症みたいなものですよ」

とのこと。

頭がぼーっとするのと、咳がいつまでも取れないのとで困っていたのですが、アレルギー持ち(あたい。の場合は花粉症)の人は咳だけが残ることがよくあるとのことでした。

どうも腑に落ちないまま、相変わらずこんこんと咳をしながら薬局へ行き、気管支炎の炎症止めの薬だけもらってきました。

。。。しかしまぁ、お医者さんから「オマエはもう治ってる!」と言われると、なんだかつい「そうですか!もう治っていましたか!」と元気になったような気になるから不思議( ´∀`)つ

しつこく続いている頭痛やめまいはたぶん、前日の締め切りに原稿を間に合わせるために決行した一年ぶりの徹夜の後遺症ということにして、とりあえず風邪は治ったことにしました。

いやぁ、まだ徹夜が出来ることがわかってよかったです(アハハ
ではまた〜☆

・・・・・

イラストは本文とは何の関係もありません(単行本のカバーデザインです。)

c10cd3ba.jpgいわゆる夏風邪というものにかかったらしく、もう何日もぼーっとした日が続いております。
この微妙な感じの具合の悪さだと、仕事はまぁできるんですが、描いてる途中からだんだん何をやってるのか怪しくなり、描きあがったものにイマイチ自信が持てない状態で辛いです。

早くよくならないかな〜( ´,_ゝ`)

・・・・・

イラストは15才3巻のカバーイラストです。
シンプルにバストアップの杏奈にしました。
単行本作業は先週末に最後の校正を済ませ、あとはカバーの色校の上がりを待つのみとなりました。
8月9日発売です。どうぞお楽しみに☆ではまた〜

↑このページのトップヘ