天望心喜☆あさぎ龍のブログ

『15才』最終3巻は8月9日発売です(あたい。の誕生日で〜す♪)。そしてお姉さんものの単行本は10月30日発売予定! メッセージはsasakyu3399@yahoo.co.jpにお願いします☆ツイッターでときどきつぶやいてます☆(asagiryu339)

140729カバーいつまでもぐずぐずと体調の悪さが続き、さすがにもう頭に来て薬がなくなる前に内科で再診してもらってきました。(ノ`Д´)ノ

しかしお医者さんいわく・・・。

「それはもう風邪じゃありませんよ。風邪の後遺症みたいなものですよ」

とのこと。

頭がぼーっとするのと、咳がいつまでも取れないのとで困っていたのですが、アレルギー持ち(あたい。の場合は花粉症)の人は咳だけが残ることがよくあるとのことでした。

どうも腑に落ちないまま、相変わらずこんこんと咳をしながら薬局へ行き、気管支炎の炎症止めの薬だけもらってきました。

。。。しかしまぁ、お医者さんから「オマエはもう治ってる!」と言われると、なんだかつい「そうですか!もう治っていましたか!」と元気になったような気になるから不思議( ´∀`)つ

しつこく続いている頭痛やめまいはたぶん、前日の締め切りに原稿を間に合わせるために決行した一年ぶりの徹夜の後遺症ということにして、とりあえず風邪は治ったことにしました。

いやぁ、まだ徹夜が出来ることがわかってよかったです(アハハ
ではまた〜☆

・・・・・

イラストは本文とは何の関係もありません(単行本のカバーデザインです。)

c10cd3ba.jpgいわゆる夏風邪というものにかかったらしく、もう何日もぼーっとした日が続いております。
この微妙な感じの具合の悪さだと、仕事はまぁできるんですが、描いてる途中からだんだん何をやってるのか怪しくなり、描きあがったものにイマイチ自信が持てない状態で辛いです。

早くよくならないかな〜( ´,_ゝ`)

・・・・・

イラストは15才3巻のカバーイラストです。
シンプルにバストアップの杏奈にしました。
単行本作業は先週末に最後の校正を済ませ、あとはカバーの色校の上がりを待つのみとなりました。
8月9日発売です。どうぞお楽しみに☆ではまた〜

5252abfe.jpg11日発売のペンギンクラブ山賊版では久々の女子校生のお姉さんをヒロインにいたしました♪

初々しい若者同士のお話らしく、シナリオに一工夫してみましたが、いかがでしたでしょうか。
中二病のもっと先まで行くとこんな具合かな〜と想像を膨らませた内容でございます。

ここ数ヶ月は、シナリオの骨格(いわゆるネームです)をしっかり組み上げつつエロさを向上させることをテーマに作品づくりに取り組んでます。
3度読める作品を目指しております(´∀`)たいへんむずかしいでーす(汗

・・・・・

イラストは『僕の見えるヒカリ』のヒロイン、麻黄子(まきこ)さんです。
デザインはあえてアラサー女子よりも大人っぽくしました。イメージが大事かなーと思いまして。。。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
あ、今月は巻頭でした♪ワーイ

明日から二泊で栃木県の日光方面へお出かけです。世間様が夏休みに入る前のほうがいろいろお得ですし。ではまた〜☆

4514378d.jpg昨年のGLF(ガールズラブフェスティバル)で『その花びらにくちづけを』の同人誌を出させて頂いたご縁で、今年10月のGLFで頒布される「その花〜」の記念本にイラストを寄稿いたしました☆

こちらの本ですが、夏コミで先行販売されるそうでございます。

詳しくは以下のURLをご覧ください。

頒布場所:紙袋Works 夏コミ1日目東F55a
とらのあな委託

昨年出した「その花〜」の同人誌は諸事情により未完の状態が続いておりほんとにすみません。

来年はペンギンクラブで数年ぶりに18禁の百合作品を連載する予定でおります。こちらで許してください(≡ω≡.)

イラストは寄稿したイラストを一部抜粋したものです。玲緒と麻衣ですね。

百合作品にはまだまだ発展していく可能性がたくさんあります。
盛り上げるのに一役買えるのなら幸いでございます。ではまた〜

一ヶ月に一度…いえ、半年に一度でいいから八王子のワンルームに戻りたいな〜と過ぎた昔を懐かしく思い出します。

そう思うのはたぶん、一人の時間が足りないんだと思います。

・・・しかしまぁ、八王子のワンルームには上京後10年も住んだわけですが、・・・一升瓶の焼酎を3日で空ける生活を長く続けたわけですが、そのハキダメみたいな生活を懐かしむって何なんでしょうね。

借家暮らしは今も変わらないですし不満もないですが・・・、ああ、結婚してよかったことのひとつは、化学調味料の入ってない食事を毎日食べられることです。アレはよくないです。餌付けされたブロイラーみたいに空っぽになります。野生の生物を食べるのが人間にはイチバンいいです。養殖のものは味気ないです。空っぽになります。家畜でないものは魚と山菜ばかりですから、ぜひ食べるようにしています。滋養になります。

結婚して猫や子供といった家族も増えたし、観葉植物のガジュマルの木を育てたり、漫画描きの仕事にも身が入るようになりました。いえ、以前は一ヶ月に描ける限界は20ページだと信じていたのですが、今は50枚まで描きます。もっと多い先生だと200枚描きますからまだまだですけど。

・・・と、まぁ、当時は今宵のようにぐだぐだと夜が更け、さらには朝になり昼になり、さて寝るか、ぐーぐー、むにゃむにゃ、おや、もう夜か。さて、飯を食って少しだけ働いて、また酒を飲んでぐだぐだするか。女の子とデートするにも金がかかる、家賃の払いはいつだっけ。貧乏は辛いなぁ。と、まぁそういう暮らしだったわけです。

しかし、その「失われた10年」の暮らしは決してただのハキダメのゴミではなかったのであります。

たとえば、今なら分かりますが、女の子には二種類います。すなわち、上げマンと下げマンです。出来るなら上げマンの女の子と付き合うのがよいでしょう。
上げマンの女の子は幸福を運んできます。下げマンの女の子にはぜんぶ持っていかれます。
当時、若くなにも知らなかったピュアな自分は上げマン下げマンの区別にすら気付けませんでしたが、女の子は見た目だけで判断するのはたいへんむつかしいと、あとでやっと気付いたことがあります。もっと早く気付けたらよかったなぁと、本当にそう思います。
美人だから、オレのタイプのかわいい子だから、体がいいからなど、理由はそれぞれあると思いますが、めくらめっぽう彼女に入れ込むと、意外と痛い目にも遭います。
そうならないために、基本的な処方箋として、まずは彼女の鼻の穴を見るのがいいと思います。

彼女の鼻の穴はどちらを向いているか。これを見ます。ツンと上を向いて威張っているか、それとも控えめに下を向いてくんくん静かに可愛く呼吸しているか、こんど彼女に会うときはぜひここを注目してください。
もし彼女の鼻の穴が、足元めがけて安らかな鼻息を噴出する謙虚な下向きの鼻の穴であれば、その方は上げマンだという確率が相当高いと判断することが出来ます。
しかし、反対に威厳めかしく鼻の穴をこちらに向けて荒々しく呼吸なさっていらっしゃる女性は、(畏れ多くもたいへん申し上げにくく、そしてこれ以上残念なことはないわけですが)ひょっとすると下げマンの女性なのでは・・・という、最も恐れていた可能性がついに発現する非常事態になるのであります。
鼻の穴が上向きな分、驚愕すべき勢いでいろんなものを吸い込んでいってしまうのであります。

一度吸い込みが始まると、惚れたこっちがすでに負けで、なけなしの価値観も、一握りの友人関係も、ささやかながらもかけがえない自意識も、みんなじゅうたん爆撃で壊滅されます。
かんかんがくがく、けんけんごうごう、いつかは矢尽き刀折れ、やがて我に返ると、ときすでに遅し、草一本残らぬ荒野にただ我一人立ちぬ・・・。
そんな恐ろしい状況にだけはなりたくないものです。

なお、ここまで言ってなんですが、下げマンの女性にうっかり捕まるときには、いくら頭で下げマンと分かっていても、いざとなるとこれはもう意志の力では避けられません。自分自身の修行不足と諦めて下がって行くしかありません。

なんだかだいぶ話が逸れてしまった気もしますが、上げマンの女性は必死で仕事をする気にさせてくれる女性です。「金がかかるからその分必死に働かないと養えない女性」のことではありません。その点にはぜひ注意が必要です。
まずは鼻の穴。これを見るだけでもだいぶ違います。
これは八王子のワンルーム時代に学んだ教訓のひとつでした。(続く・・・またいつか夜更かしをしたら)

15才3巻の単行本作業中です。

けっこう直しが入りそうな予感・・・川 ̄_ゝ ̄)ノ

こちらは8月9日発売となります。よろしくお願いいたします☆

6932ac0d.jpgおかげさまで『15才』は、6月21日発売のコミックハイ!2014年7月号にて、ついに完結でございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚

なんだかもう、あっという間でしたが、応援して頂いたみなさま、ありがとうございました。
作者サイドとしましては、想定していたゴール地点に、想定を超えた危うさで、見事に着地できたように感じております。
同時に、これまでのあさぎ龍作品とは一線を画す内容の作品になった感があります。

読者の方それぞれに満足できるラストになっていたなら、この上ない喜びでございます。どうぞお楽しみに☆

・・・・・

イラストは最終話の扉絵より。杏奈と恵麻です。
この子達にはだいぶ苦労をかけましたが、あたい。もだいぶ苦労させられました(´∀`*)二人を含め、登場した女の子たちによい未来が待っていることを祈っております。

↑このページのトップヘ