1-2

---------------------------------------------------------------------
セレッソ大阪        鹿島アントラーズ
---------------------------------------------------------------------

                      ファン アラーノ(32')
ブルーノ メンデス(36')

                      エヴェラウド(46')

試合の詳細はこちら→

DSC04290


先に失点したものの、3分後にはメンデスのゴール。
今日は勝てると思ってみていた。
   ●
しかし、話はそんなにうまくいかなかった。
後半に入ってすぐにやられた。
なんかびっくりした。
ゆるんだことはなかったのに、
あの瞬間は完全に
ディフェンスが空白になったように失点した。
スポーツ新聞には「鹿島の前ではなぜかセレッソらしさを失う
とまで書かれてしまう。
  ●
以後、攻めたり、攻められたり。
でも、入らない。
でも、得点の匂いはしていた。
しかし、相手GKの好セーブ。
今日ばっかりはセーブに関しては、
ジンヒョンよりも相手が上だった。
しかも、ハンドを見逃されるし。
ホント、あのハンドの瞬間は
みんな口々にハンドを叫び、スタジアムが沸騰していた。
  ●
それでなくても、
「これが鹿島?」というくらい鹿島は荒く、
特になんども奥埜が倒された。
相手にカードを出さないもんだから、
ずっと荒かった。
  ●
まあ、そんな風に思うのも今日負けた八つ当たりだ。
というか、ハンド→PKで勝ち点1でも積み上げることができたのに、
ホント残念。
  ●
気を取り直して、次の試合。
アウエーでFC東京戦。
自分は、上高地から帰りのバスで観戦かな。

DSC04306

DSC04288