-----------------------------------------------------------------
名古屋グランパス 1 - 2 セレッソ大阪
---
--------------------------------------------------------------


試合の詳細はこちら



DSC_0315



「これはもう延長か。
18時半キックオフでいい時間に帰れるかと思ったんだけどなぁ」
と思っていた88分。
そのシュートが飛び出した。
  ●
サブメン中心でいく監督談話を見てたので、
俄然興味がわいた。

席は、久しぶりのバックスタンド。
というか、バックスタンドは両方にひじ掛けがあって、
隣の人とは「全く干渉しないのか!」。
そんな今更的な驚きから、ゲームは始まった。
  ●
相手の力の差なのか、まず、パトリッキが躍動。

足の速さを活かしたプレーが2度。
そのうち一度が相手のオウンゴールを誘う。
(というか、パトリッキのクロスを悠々待ち構えるGKの前に、
“なんで、名古屋のDFは足を出したんだろうか?
反射神経のなせるわざなんだろうな)

0‐1。
あれ今日は楽勝パターンと思ってた。
  ●
ただ、後半になるとタガードと原川がアウト。
あれ、いい流れだったのに・・・とこの時は思ってたが、
二人にアクシデントがあったらしい。

名古屋も二人代え、さらにはマテウスを入れてきた。
  ●
そのマテウスが
“なんで”こんなフリーキックが蹴れるんだといいたくなる、
低い弾道の無回転。
多くの選手たちのカラダで隠されていたが、目を疑った。
  ●
以後は一進一退。

そして冒頭に書いたシーン。
  ●
“なんで”あの場所を見つけたのかという進藤の絶妙のクロスと、
“なんで”力を押さえコースを見据え、打てたのかという為田の絶妙のボレー。

いやー、見事。
  ●
最近楽しみになった試合後のインタビュー。

久々登場の進藤。
「試合の4日前くらいに小菊さんと話すタイミングがあって、『名古屋戦はシンでいくから』と。小菊さんも敢えて事前に言うことで、プレッシャーを与えてきたと思うのですが、それに応えることができて良かったです。正直、ここで応えられなければ、それまでの選手だと思って、今日のピッチに立ちました」
「皆さんは試合だけを見てもらえればいいと思います。努力が報われた…と。自分の中ではそう思っていますが、練習するのは当然のことなので。僕らは、試合が良ければ評価されて、試合の出来が悪ければ選手としての価値は下がる。試合に出られない期間があったからこそ、とは言いたくない。結果的に、それを糧にできたとは言えますが、試合に絡めないことはあってはいけない。チームがどんな状態でも、スタメンだったり、最低でもベンチにいないといけない。評価を上げていくことにフォーカスしてやっていきたいです」

決勝ゴールの為田。(ホーム磐田戦でボロクソ書いてすまんですw
)
「正直、僕は何か武器があるわけではないですし、ジェアンのようなスピードもありません。でも、自分ができること、できることをチームのみんなが前向きに取り組んでいるからこそ、チームとして大崩れもしていないですし、常に前を向いてプレーできています。自分は60分、70分で交代して、その後はジェアンに託すことも多いですが、ジェアンがしっかり結果を出してくれています。左サイドだけではなく、FWもそうですし、色んなポジションで、各々が限られた時間で精一杯プレーできていることが、結果にも出ていると思います。練習から、そういうチームとしての向上心が出ているので、残りのリーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯も、そこをブラさずやっていけば、タイトルも獲れると思います」

俺はずっと評価してたパトリッキ。
「そうですね。このチームには、クオリティーの高い選手が集まっています。自分たちの中で競争があれば、お互い、切磋琢磨して向上できますし、チームも強くなっていきます。サポーターもワクワクすると思います」
ホンマ、素直な良い奴や。


で、監督さん。
「選手にも伝えていたのですが、私は全く不安はなく、この大切な試合を今日のメンバーに託すことができました。その中で、そういった選手たちが躍動して、勝利を勝ち取ることができれば、さらにチーム力はアップすると。チームの団結力もアップすると。先ほども申し上げましたが、厳しい時間帯やアクシデントもありながら、全員で勝利を勝ち取れたこと、チームとしても大きいですし、しっかりと準備してくれた選手も、ここからまた自信を持って臨めると思います」

進藤は、練習後、いつもあのクロスは練習しています。結果につながったことを嬉しく思いますし、『練習は嘘を付かない』と、改めて感じた瞬間でした」

全ての選手を均等に見てるんやな。
指導者というか、部下を持つ上司としての能力はすごく高いものを感じる。


これでベスト8。
次の対戦相手が金曜日に決まって、土曜日は大阪ダービー。


追記>
ピッチは遠いけど、バックスタンドはゆったりしていいなぁ。
前と後ろに座った、試合についてのおやじサンたちの会話も面白かった。